3695件中 41 - 50件表示
  • 八木亮祐

    八木亮祐から見た中日ドラゴンズ中日ドラゴンズ

    享栄高等学校時代は、3年時6月の練習試合で岐阜城北高校の伊藤準規(現・中日)と投げ合って17奪三振を奪ったことで注目を集めた。夏の西愛知大会2回戦の春日井西高校戦では5回参考記録ながら無失点無得点を達成し、同3回戦の小牧南高校戦では16奪三振を記録した。八木亮祐 フレッシュアイペディアより)

  • 巨人軍5000勝の記憶

    巨人軍5000勝の記憶から見た中日ドラゴンズ中日ドラゴンズ

    「巨人軍一千勝を記録」という見出しがあり、当時も認識がなされていたことがわかる。なお、この記事では、他球団の公式戦通算勝利数阪神タイガースが909勝、名古屋ドラゴンズが745勝と報じている。巨人軍5000勝の記憶 フレッシュアイペディアより)

  • 柳沢彩美

    柳沢彩美から見た中日ドラゴンズ中日ドラゴンズ

    2010年入社。同期は吉岡直子。“初鳴き”は同年7月21日放送の多田しげおの気分爽快!!朝からP・O・N。その後、南部志穂一人だけだった地上デジタル放送推進大使に追加任命され、同年9月21日の“中日ドラゴンズ地デジ応援隊”結成に合わせデビューすることになった。柳沢彩美 フレッシュアイペディアより)

  • 斉藤浩行

    斉藤浩行から見た中日ドラゴンズ中日ドラゴンズ

    1982年7月3日の中日戦で1軍の試合に初出場し、初安打もこの試合に記録した。翌日の中日戦では都裕次郎から初本塁打を打った。斉藤浩行 フレッシュアイペディアより)

  • 2000年のオールスターゲーム (日本プロ野球)

    2000年のオールスターゲーム (日本プロ野球)から見た中日ドラゴンズ中日ドラゴンズ

    20世紀最後のオールスターゲームは前年日本一に輝いた福岡ダイエーホークスの王貞治監督が全パ(オールパシフィック・リーグ)を率い、セ・リーグ優勝の中日ドラゴンズの星野仙一監督が全セ(オールセントラル・リーグ)を率いて戦った。第3戦は当初、7月25日に行われる予定だったが、6月16日に崩御した皇太后良子の斂葬の儀が行われたため試合を中止し、7月26日に順延となった。2000年のオールスターゲーム (日本プロ野球) フレッシュアイペディアより)

  • 青木高広

    青木高広から見た中日ドラゴンズ中日ドラゴンズ

    幼少時代は中日ファンだったが、実家の部屋には「広島の選手が好きだった」ことで母の親戚を通じて入手した前田智徳、江藤智、川口和久などのサインが飾られている。他にも現役時代のマーティ・ブラウンのサインもあり、何かと広島と縁がある。青木高広 フレッシュアイペディアより)

  • 塩見啓一

    塩見啓一から見た中日ドラゴンズ中日ドラゴンズ

    2004年10月16日放送のプロ野球日本シリーズの中日ドラゴンズ対西武ライオンズの第1戦のテレビ実況中に体調不良を訴えて途中降板し、その時のラジオ中継のスタジオ担当アナウンサーだった久野誠がスタジオを飛び出し、ナゴヤドームに到着して7回から試合終了までテレビ実況をして、ラジオのスタジオ担当は久野から沢朋宏になったというエピソードがある(同年の日本シリーズ第7戦も塩見がテレビの実況をする予定だったが、体調面を考慮して水分貴雅に変更になった)。また、実現はしなかったが、2006年の日本シリーズ・中日ドラゴンズ対北海道日本ハムファイターズでも第7戦が行われた場合は塩見が実況を担当する予定になっていた。塩見啓一 フレッシュアイペディアより)

  • 秦真司

    秦真司から見た中日ドラゴンズ中日ドラゴンズ

    10月6日、ヤクルトは神宮球場にて、対巨人最終戦を迎える。巨人が勝ち同日に中日が負ければ、巨人の優勝が決まる試合であった。7回裏に、リリーフの槙原寛己をヤクルトがとらえ、同点に追いつき、なお走者を2人残して秦が打席に立った。秦は右翼席中段に勝ち越し3ランホームランを放った。結局ヤクルトはこの試合に勝ち、巨人と中日は10月8日の最終戦で優勝をかけてぶつかることとなった(10.8決戦)。10月7日付の朝日新聞、読売新聞、毎日新聞、日本経済新聞は、秦がうなだれる槙原を尻目にダイヤモンドを回るシーン、または打ったシーンの写真を掲載した。秦真司 フレッシュアイペディアより)

  • 1984年のオールスターゲーム (日本プロ野球)

    1984年のオールスターゲーム (日本プロ野球)から見た中日ドラゴンズ中日ドラゴンズ

    この年のオールスターゲームは前年同様に全パの打線が開花。第1戦は5回までに12点を叩きだし、第2戦もブーマー・ウェルズ(阪急)の2安打で全パが早くも勝ち越しを決めた。全セは前年来の5連敗を喫した。2年連続全敗を避けたい全セは第3戦の開催地中日ドラゴンズの選手のみで先発オーダーを組んだ。そして2番手の江川卓(巨人)が登板したことで試合の流れが一気に全セに傾く。1971年第1戦の江夏豊の9連続奪三振に並べとばかりの毎回連続奪三振を記録し、迎えた9人目の最終打者大石大二郎に投じた3球目のカーブがバットに当たり2塁ゴロ。江夏の記録に1人足りなかったものの、堂々のMVPに輝いた。1984年のオールスターゲーム (日本プロ野球) フレッシュアイペディアより)

  • ブルック・ジャコビー

    ブルック・ジャコビーから見た中日ドラゴンズ中日ドラゴンズ

    ブルック・ウォーレス・ジャコビー(Brook Wallace Jacoby ,1959年11月23日 - )は、アメリカ合衆国ペンシルベニア州出身の元プロ野球選手(内野手)。に中日ドラゴンズに所属した。ブルック・ジャコビー フレッシュアイペディアより)

3695件中 41 - 50件表示

「中日ドラゴンズ」のニューストピックワード