4615件中 41 - 50件表示
  • 名古屋市

    名古屋市から見た中日ドラゴンズ中日ドラゴンズ

    11月7日 - 中日ドラゴンズが初めてプロ野球の日本シリーズで優勝。名古屋市 フレッシュアイペディアより)

  • MBSベースボールパーク

    MBSベースボールパークから見た中日ドラゴンズ中日ドラゴンズ

    9月29日からナイターオフ編成に入った2008年には、予備日開催となった10月12日の最終戦(対中日戦、スカイマークスタジアム)まで数試合を中継した。MBSベースボールパーク フレッシュアイペディアより)

  • 阪神タイガース

    阪神タイガースから見た中日ドラゴンズ中日ドラゴンズ

    9月25日、日米および日英関係の悪化に伴う日本野球連盟の方針により、敵性語とされた英語の使用自粛のため球団名を「阪神軍」(はんしんぐん)に改称した。日中戦争・太平洋戦争の激化に伴う徴集および召集拡大化により選手数が不足する苦しい状況となる。、監督兼主戦投手の若林忠志(当時37歳)が35試合中31試合に登板してタイトルを総なめにし、3度目の優勝を遂げた。戦争が激化する中、1944年の総進軍大会、ならびに1945年1月の正月大会(非公式大会)に「猛虎(阪神と産業の合同チーム)」の名称で参加したのを最後に、同年3月に活動を停止した。阪神タイガース フレッシュアイペディアより)

  • 松井秀喜

    松井秀喜から見た中日ドラゴンズ中日ドラゴンズ

    ドラフトの目玉となった松井には報道陣が殺到し、11月になると星稜高校の校門前に毎日多くの記者やカメラマンが待機するようになった。「このままドラフト本番を迎えれば、えらい騒ぎになる」との声が地元で上がり始め、ドラフト前には異例の「報道規制」が敷かれた。ドラフト前には憧れの球団である阪神タイガースに加え、読売ジャイアンツ、中日ドラゴンズ、福岡ダイエーホークスを希望チームとし、その他の球団から指名された場合は駒澤大学へ進学することをほのめかした。松井秀喜 フレッシュアイペディアより)

  • 秋山幸二

    秋山幸二から見た中日ドラゴンズ中日ドラゴンズ

    、俊足と強肩を生かすため外野手に転向。西武打撃陣が軒並み打撃成績を落とす中、3番・センターの「定位置」へ定着したこともあってか、秋山1人が成績を維持。5月21日に日本人最速で通算100本塁打を達成し、最終的に43本塁打で3年連続40本塁打以上を記録する。前年オフに本塁打王の常連で会った落合がセ・リーグの中日に移籍したこともあり、初の本塁打王のタイトルを獲得。史上初の40本塁打・40盗塁も期待されたが、38盗塁で惜しくも達成ならず。秋山幸二 フレッシュアイペディアより)

  • 上原浩治

    上原浩治から見た中日ドラゴンズ中日ドラゴンズ

    10月5日のヤクルトスワローズとの最終戦では、すでに中日ドラゴンズの優勝が決まった後の消化試合であったため、注目はタイトル争いとなり、各チームに所属する松井秀喜が41本、ロベルト・ペタジーニが42本と、本塁打王を激しく争い、松井が一貫して敬遠気味の四球で歩かされ続けた。ここで上原も、7回裏にペタジーニの3打席目を迎えたところでベンチからの敬遠の指示に従いストレートの四球で渋々歩かせたが、勝負できない悔しさからマウンドの土を思いっきり蹴り上げ、目に浮かんだ涙をユニフォームの袖で拭った。なお、この年、ペタジーニを無安打に押さえ込んでいた上原は、1・2打席目では勝負して打ち取り、9回の4打席目では再び勝負し適時打を浴びた。また上原自身も当時中日の野口茂樹と最多勝を争い、この試合に20勝目がかかっており、2失点完投勝利で20勝目を挙げた。上原浩治 フレッシュアイペディアより)

  • 千葉ロッテマリーンズ

    千葉ロッテマリーンズから見た中日ドラゴンズ中日ドラゴンズ

    リーグ拡大の機運にも乗って加盟を申請したが、毎日新聞のライバル会社であった読売新聞社(読売ジャイアンツの親会社)・中部日本新聞社(中日ドラゴンズの親会社)が強く反発。交渉は平行線を辿り、毎日オリオンズと電鉄系を中心とした毎日オリオンズ加盟賛成派の阪急ブレーブス・南海ホークス・東急フライヤーズ・大映スターズ・西鉄クリッパース・近鉄パールスの7球団からなる太平洋野球連盟(パシフィック・リーグ)と毎日オリオンズ加盟反対派の大阪タイガース・読売ジャイアンツ・中日ドラゴンズ・松竹ロビンス・大洋ホエールズ・広島カープ・西日本パイレーツ・国鉄スワローズの8球団からなるセントラル野球連盟(セントラル・リーグ)が結成される「2リーグ分立騒動」に発展した。千葉ロッテマリーンズ フレッシュアイペディアより)

  • 読売ジャイアンツ

    読売ジャイアンツから見た中日ドラゴンズ中日ドラゴンズ

    中日ドラゴンズに20年ぶりのリーグ優勝を許し、V10を逃す(この年のチーム成績は、優勝した中日とゲーム差なし、勝率1厘差の2位)。この年を最後に川上が監督を勇退し、同時に長嶋茂雄、黒江透修、森昌彦も現役を引退した。読売ジャイアンツ フレッシュアイペディアより)

  • オリックス・バファローズ

    オリックス・バファローズから見た中日ドラゴンズ中日ドラゴンズ

    新外国人としてキャンプ前にブレント・モレル、ブライアン・ボグセビック、エリック・コーディエの3選手を獲得した。だが、キャンプ直前に昨年まで正遊撃手を担っていた安達了一が潰瘍性大腸炎を発症し離脱、キャンプ中には4人目の新外国人である左腕投手パット・ミッシュを獲得した。オープン戦を中日、横浜と同率の最下位(10位)で終えると、シーズンに入っても投打ともに低調な状態が続き、とくに先発の一角を担うべき西、金子といった先発陣だけでなく、新守護神として期待されていたコーディエら救援陣も大量失点する試合が目立っており、打線も2リーグ制となってからワーストとなる「チームとして開幕から13試合連続無本塁打」を樹立してしまったが、14試合目での糸井嘉男の本塁打によりようやくチームのシーズン初本塁打が生まれた。5月17日、元中日のマット・クラークの獲得を発表した。オリックス・バファローズ フレッシュアイペディアより)

  • 山田哲人

    山田哲人から見た中日ドラゴンズ中日ドラゴンズ

    ''は二軍で打率.259、5本塁打の結果に終わり、シーズン中の一軍出場は果たせなかったが一軍で遊撃手を守ってきた選手の怪我の多発やフェニックスリーグでの好調さが評価され、中日ドラゴンズとのクライマックスシリーズファイナルステージ第2戦に1番・遊撃手として先発出場。4打数無安打に終わったものの、CSで高卒新人野手の先発は山田が史上初であった。第3戦には山井大介から四球を選び初出塁と青木宣親の適時打で初得点を記録した。第4戦では川井雄太から右翼線への二塁打で初安打、浅尾拓也からタイムリーを放ち初打点を記録し、2安打1打点をあげた。山田哲人 フレッシュアイペディアより)

4615件中 41 - 50件表示

「中日ドラゴンズ」のニューストピックワード