4615件中 51 - 60件表示
  • 徳島県南部健康運動公園野球場

    徳島県南部健康運動公園野球場から見た中日ドラゴンズ中日ドラゴンズ

    整備中にナイターの平均照度が設計当初の内野750Lx・外野400Lxから、内野1500Lx・外野800Lxに変更されたことで、徳島県内で初めて硬式野球公式戦の夜間開催に対応する球場となった。これにより折りしも前年発足した野球の独立リーグ・四国アイランドリーグplusのナイター試合にも対応可能になった。バッテリー間は2300Lxあるとされ、プロ野球チームの中日ドラゴンズは2007年5月に視察し試合可能と判断している。なお、照度(即ち料金)は施設利用者が4段階から選択が可能。徳島県南部健康運動公園野球場 フレッシュアイペディアより)

  • 平松一宏

    平松一宏から見た中日ドラゴンズ中日ドラゴンズ

    はローテーションの谷間としても登板し、8月12日の広島東洋カープ戦でプロ初勝利を挙げた。9月24日の中日との試合で4点ビハインドの9回表に登板して無失点に抑え、その裏に江藤智の同点満塁本塁打と二岡智宏のサヨナラ本塁打でリーグ優勝が決定したため、優勝試合の勝利投手となった。この年は14試合に登板し、4勝を挙げた。平松一宏 フレッシュアイペディアより)

  • 仁平馨

    仁平馨から見た中日ドラゴンズ中日ドラゴンズ

    俊足強打の外野手として期待されたが、前田智徳などの台頭によりなかなか出場できず、に無償トレードで中日ドラゴンズに移籍。に戦力外通告を受け、その後千葉ロッテマリーンズの入団テストを受けるも不合格に終わり引退。 仁平馨 フレッシュアイペディアより)

  • 森岡良介

    森岡良介から見た中日ドラゴンズ中日ドラゴンズ

    森岡 良介(もりおか りょうすけ、1984年(昭和59年)7月15日 - )は、大阪府大阪市城東区出身(長崎県佐世保市生まれ)の元プロ野球選手(内野手)。現役時代は中日ドラゴンズ、東京ヤクルトスワローズに所属した。2017年からヤクルトの一軍野手コーチ補佐を務める。森岡良介 フレッシュアイペディアより)

  • 静岡県草薙総合運動場硬式野球場

    静岡県草薙総合運動場硬式野球場から見た中日ドラゴンズ中日ドラゴンズ

    草薙球場の大規模改修事業は2009年度から検討・設計が進められ、実際の改修は2010年度から3箇年計画で2013年夏の竣工を目標に実施されることになった。静岡県都市局公園緑地課の関係者は改修事業着手の際、全面完工の時期が同年夏の高校野球県大会に間に合うかどうかは「未定」としながらも「高校野球に限らず、利用者に最もメリットがある改修スケジュールを設定したい」としていた。まず第1期工事は2010年春に着工し、2011年3月に完工した。なお2010年のプロ野球は3月13日のオープン戦・楽天対ヤクルトと、3月18日の読売ジャイアンツ対中日ドラゴンズの2試合が開催された。また、草薙球場は全国高等学校野球選手権静岡大会のメイン開催球場となっているが、同年はこの改修工事のため使用せず、メイン球場は浜松球場に振り替えられた。静岡県草薙総合運動場硬式野球場 フレッシュアイペディアより)

  • 松竹ロビンス

    松竹ロビンスから見た中日ドラゴンズ中日ドラゴンズ

    始祖は1936年2月15日に結成された大東京軍(だいとうきょうぐん)。親会社は新愛知新聞社(現・中日新聞社)傘下の國民新聞社。新愛知主筆の田中斉が名古屋軍とともに独自で「大日本野球連盟」というプロリーグ結成を企画したもので、会社名は、株式会社大日本野球連盟・東京協会となったが、独自のリーグ構想は頓挫し、正力松太郎により構想された日本職業野球連盟へ名古屋軍とともに加盟した。球団の会長には元警視総監の宮田光雄が就任し、宮田の指名で元國民新聞記者の鈴木龍二が球団常務(代表)となった。戦後も長くプロ野球界の要職を務めた鈴木がプロ野球と関わりを持ったのは、これがきっかけであった。松竹ロビンス フレッシュアイペディアより)

  • 2005年のスポーツ

    2005年のスポーツから見た中日ドラゴンズ中日ドラゴンズ

    1月8日 - 大島信雄(松竹ロビンス、中日ドラゴンズ投手、*1921年)2005年のスポーツ フレッシュアイペディアより)

  • 長谷部康平

    長谷部康平から見た中日ドラゴンズ中日ドラゴンズ

    小学2年で野球を始めると、中学時代には岐阜中濃シニアでプレー。愛知県の杜若高等学校時代には、後に名城大学を経て中日ドラゴンズへ入団する山内壮馬とエースの座を争いながら、背番号1番と10番を交互に付け合った。ちなみに、在学中には春・夏とも全国大会への出場経験がなく、3年生夏の愛知県大会でベスト4に入ったことが最高の成績だった。長谷部康平 フレッシュアイペディアより)

  • 波留敏夫

    波留敏夫から見た中日ドラゴンズ中日ドラゴンズ

    波留 敏夫(はる としお、1970年5月25日 - )は、京都府京都市出身の元プロ野球選手(外野手・内野手、右投右打)、コーチ。シーズンより中日ドラゴンズのコーチを務めている。現役時代は上位打線で闘志を剥き出しにしたプレーを見せ、「ハマの核弾頭」、「突貫小僧」の愛称を持った。波留敏夫 フレッシュアイペディアより)

  • 斉藤浩行

    斉藤浩行から見た中日ドラゴンズ中日ドラゴンズ

    1982年7月3日の中日戦で1軍の試合に初出場し、初安打もこの試合に記録した。翌日の中日戦では都裕次郎から初本塁打を打った。斉藤浩行 フレッシュアイペディアより)

4615件中 51 - 60件表示

「中日ドラゴンズ」のニューストピックワード