3695件中 61 - 70件表示
  • 濃人渉

    濃人渉から見た中日ドラゴンズ中日ドラゴンズ

    1940年帰還し金鯱に復帰。同年石本秀一が監督に迎えられ師弟関係となる。チームは翼軍に吸収合併され、大洋軍・西鉄軍と変わるがそのまま在籍し、戦時下の1943年までプレー。1942年5月24日対・名古屋戦、トップリーグに於ける世界最長試合・延長28回のショート・2番打者としてフル出場、9打数1安打、4失策。1945年8月6日、故郷広島への原爆投下により被爆。幸いこの時は無傷だった。ちなみに、プロ野球界で直接の被爆により被爆者健康手帳を持っている(持っていた)のは、張本勲と濃人のみである(原爆投下後に被爆地に入った「入市被爆者」では岩本義行が交付を受けている)。濃人渉 フレッシュアイペディアより)

  • 柴田講平

    柴田講平から見た中日ドラゴンズ中日ドラゴンズ

    プロ1年目のはその俊足から「赤星二世」「ポスト赤星」と呼ばれ開幕一軍も期待されたが、オープン戦で結果を残せず二軍スタート。ウエスタン・リーグでは上本とともに、大学日本代表と同じ1・2番コンビを形成し、76試合に出場。打率.320, 2本塁打、25打点、9盗塁、OPS .809の好成績を残し、フレッシュオールスターゲームにも出場した。9月26日には一軍登録され、同日の対中日ドラゴンズ戦に代走として途中出場しプロ初打席(二ゴロ)。このシーズンは結局安打は出なかったが、9月30日の対東京ヤクルトスワローズ戦で中犠飛を放ちプロ初打点を記録した。オフにシアトル・マリナーズから移籍した城島健司に背番号2が渡ったのに伴い、同年限りで引退した秀太の「00」を引き継いだ。柴田講平 フレッシュアイペディアより)

  • 長良川球場

    長良川球場から見た中日ドラゴンズ中日ドラゴンズ

    このうち、名古屋市に本拠地を置く中日ドラゴンズが毎年、主催公式戦とオープン戦をそれぞれ1試合ずつ開催している。うち公式戦については、かつてはナゴヤドーム3連戦の初日もしくは最終日の試合を長良川で開催する形式を執っていたが、2000年からは福井県営球場との2連戦で開催されるようになった。これは以前、同球団が毎年開催する「北陸シリーズ」が、福井と石川県立野球場(金沢市)、富山市民球場アルペンスタジアムとの3連戦で組まれていたものの、この北陸シリーズは平日のナイター開催である上、試合終了直後に次開催地の宿舎へ直接バスで向かうため移動による負担が大きかったことから、選手会からの提案を受けて分割し、金沢と富山、福井と長良川とのそれぞれ2連戦に再編したのに伴う措置である。ただし2008年の以降の公式戦は、福井での開催がなくなったため、3連戦の初戦を本球場で、あとの2試合をナゴヤドームで開催するようになっている(2012年は豊橋市民球場→当球場→ナゴヤドームの順で、3連戦の中日に当たる)。現在プロ野球ではこの他、巨人が毎年オープン戦と二軍公式戦を開催しており、2009年6月30日には、岐阜県内で58年ぶりの一軍公式戦(対広島)が開催された。長良川球場 フレッシュアイペディアより)

  • 三重テレビナイター

    三重テレビナイターから見た中日ドラゴンズ中日ドラゴンズ

    三重テレビは設備不足等や独立放送局であったためネットワーク関係がなく、当初から放送する番組が足らない状況が続いていた。そんな放送番組不足やスポンサー増加等のきっかけとなったのが、当時珍しいプロ野球ナイター完全中継であった。当時の民放局は延長なしの2時間程度の中継枠しか設けておらず、視聴者から不満が出ていた。そこで当初三重テレビでは、同じくネットワークを持たないサンテレビが制作した、甲子園球場におけるタイガース戦の完全中継を行っていた。もっとも三重テレビとしては、地元球団であるドラゴンズ主催試合を完全中継したいという思惑があったが、中日系列とはいえ当時の三重テレビが新規参入局であったため、球団側が放送権を分配してくれなかった。そこで資本関係があった中日系列の東海テレビの協力により、ドラゴンズ主催試合の一部放送権を譲渡してもらい、ドラゴンズホーム戦完全ナイター中継を実施。結果として多くの視聴者を呼び込むこととなった(三重テレビ放送社史参考)。近年では、中日新聞夕刊にて、テレビ番組欄の同局番組表のスペースを利用して、次回以降の三重テレビナイター放送予定を掲載している。三重テレビナイター フレッシュアイペディアより)

  • 2005年の日本

    2005年の日本から見た中日ドラゴンズ中日ドラゴンズ

    7月5日 - 山崎善平、元プロ野球大洋ホエールズ・名古屋ドラゴンズ選手 (* 1926年)2005年の日本 フレッシュアイペディアより)

  • 広島市民球場 (初代)

    広島市民球場 (初代)から見た中日ドラゴンズ中日ドラゴンズ

    2006年5月5日 - この日行われた広島対中日戦で30,151人の観客を動員し、2005年からの実数発表以来初の観客動員30,000人を超えた。広島市民球場 (初代) フレッシュアイペディアより)

  • 佐々岡真司

    佐々岡真司から見た中日ドラゴンズ中日ドラゴンズ

    プロ1年目の1990年、4月12日に初登板初先発を初勝利で飾り、スライダーを武器に二桁勝利・二桁セーブを挙げ、当時の新記録となる17試合連続セーブポイントも記録するなど、投手陣の主軸として活躍。8月14日の対中日ドラゴンズ戦では郭源治からサヨナラ本塁打を放っている。しかし、史上初の新人で最優秀救援投手に輝いた与田剛に阻まれ、新人王の獲得はならなかったが、セ・リーグ会長特別賞が贈られている。佐々岡真司 フレッシュアイペディアより)

  • 梵英心

    梵英心から見た中日ドラゴンズ中日ドラゴンズ

    、オープン戦の活躍で開幕一軍を勝ち取り、ナゴヤドームで中日ドラゴンズとの開幕戦に6番・二塁手でスターティングメンバーに抜擢される。カープでの新人開幕スタメンはの山本浩司以来37年ぶり。更にの山本一義以来45年ぶりのヒットも放った。9月7日の横浜戦(下関球場)でエンタイトル二塁打を放ち、に小坂佳隆が記録した新人安打数球団記録(112本)を48年ぶりに更新した。梵英心 フレッシュアイペディアより)

  • 西本聖

    西本聖から見た中日ドラゴンズ中日ドラゴンズ

    江川卓とともにエースとして巨人の一時代を築き、巨人退団後は中日、オリックスでもプレーした。選手生活晩年に巨人へ復帰して引退。西本聖 フレッシュアイペディアより)

  • 小嶋達也

    小嶋達也から見た中日ドラゴンズ中日ドラゴンズ

    、石川県の遊学館高校に野球部1期生として進学。2年時のにエースとして第84回全国高等学校野球選手権大会に出場し8強入り。翌の第75回選抜高等学校野球大会では3回戦進出。夏は石川大会準優勝。同年秋のプロ野球ドラフト会議では中日ドラゴンズが1位指名を表明していたが、幼少の頃から阪神ファンである小嶋はこれを蹴り、社会人野球の大阪ガスに進んだ。小嶋達也 フレッシュアイペディアより)

3695件中 61 - 70件表示

「中日ドラゴンズ」のニューストピックワード