4615件中 61 - 70件表示
  • 藤井秀悟

    藤井秀悟から見た中日ドラゴンズ中日ドラゴンズ

    は開幕前から左肘の違和感を訴え、4月2日の対中日ドラゴンズ戦で先発登板したものの3回途中で降板、翌日に左肘内側側副靭帯断裂が判明した。高校・大学時代は周辺の筋肉を鍛えることで克服してきたが、3度目となる故障で手術に踏み切り、この年は1試合の登板に終わった。藤井秀悟 フレッシュアイペディアより)

  • 小林誠二

    小林誠二から見た中日ドラゴンズ中日ドラゴンズ

    ドラフト4位で地元広島東洋カープから指名を受け入団。プロ入り当初はチームでも1、2を争う速球派で同期入団の北別府学より先に一軍昇格したが、肩を痛めてサイドスローに転向、本来のピッチングが出来なくなり、に西武ライオンズに移籍。そこでパームボールを習得して頭角を現し、中継ぎ、抑えとして活躍。のパ・リーグ優勝を決めた試合では胴上げ投手となった。同年の中日ドラゴンズとの日本シリーズではリリーフとして3試合に登板し2勝1敗を記録、最終第6戦で勝利投手となりチーム日本一に貢献している。翌の読売ジャイアンツとの日本シリーズでも第2戦に登板している。小林誠二 フレッシュアイペディアより)

  • 上川誠二

    上川誠二から見た中日ドラゴンズ中日ドラゴンズ

    高校卒業後、三協精機に進むも、入社1年目にして不況により野球部が休部となる。映写機のネジ締め作業を3か月行った後、大昭和製紙へ移る。(昭和56年)の都市対抗に出場するが、同年の冬にまたもチームが休部となる。これを入団時にマスコミは「二度死んだ男」と言った。既に同年のドラフト会議も終わっており、阪急ブレーブスと中日ドラゴンズから入団の打診があり、ドラフト外で中日ドラゴンズに入団。上川誠二 フレッシュアイペディアより)

  • 2COOL!

    2COOL!から見た中日ドラゴンズ中日ドラゴンズ

    東海地方の民放AMラジオ局の東海ラジオとCBCラジオでは毎年シーズンオフになると、地元のプロ野球球団である中日ドラゴンズの関連情報番組をこぞって放送してきた。2COOL! フレッシュアイペディアより)

  • 近藤真市

    近藤真市から見た中日ドラゴンズ中日ドラゴンズ

    近藤 真市(こんどう しんいち、1968年9月8日 - )は、愛知県一宮市出身の元プロ野球選手(投手)、プロ野球コーチ。プロ野球史上唯一の初登板ノーヒットノーランを記録。本名及びまでの登録名は近藤 真一(読み同じ)。同じく中日ドラゴンズに所属する近藤弘基外野手は、実子。近藤真市 フレッシュアイペディアより)

  • 武山真吾

    武山真吾から見た中日ドラゴンズ中日ドラゴンズ

    武山 真吾(たけやま しんご、1984年6月22日 - )は、愛知県名古屋市緑区出身のプロ野球選手(捕手)。右投右打。中日ドラゴンズ所属。武山真吾 フレッシュアイペディアより)

  • 青木高広

    青木高広から見た中日ドラゴンズ中日ドラゴンズ

    オープン戦より好調を維持し、開幕からローテーション入りを果たした。5試合に先発し、防御率3.57ながら勝ち星に恵まれずにいたが、4月30日の対中日戦で先発し、プロ入り初完投初完封で今季初勝利を飾った。しかし厳しい投手事情による中4日ローテに体が追いつかず、不調に陥り完封の1勝のみでシーズンを終えた。青木高広 フレッシュアイペディアより)

  • 細山田武史

    細山田武史から見た中日ドラゴンズ中日ドラゴンズ

    横浜は前年の正捕手・相川亮二がFA移籍し、阪神から野口寿浩がFA加入し、大矢明彦監督から正捕手候補として期待されていた。キャンプでアピールを重ね、新人ながら同期の松本啓二朗、山崎憲晴と共に開幕一軍入りを果たした。4月4日の対中日ドラゴンズ戦(ナゴヤドーム)で5点ビハインドの5回裏の守備から途中出場し、4人の中継ぎ投手をリードして4イニングを1失点に抑え、プロ初出場を果たした。打撃は吉見一起の前に2打数無安打と抑えられた。野口が開幕マスク4連敗したため4月8日の対読売ジャイアンツ戦でプロ初となる先発マスクを被り、工藤公康とのバッテリーを組んだが、制球が定まらず本塁打を4本浴び、5イニング8失点で敗戦した。2打席目に福田聡志から二塁打を放ってプロ初安打、その後内藤雄太のゴロで生還して初得点を記録した。先発マスクで2連敗したため再び正捕手は野口に戻ったが、4月下旬から奪い返した。4月24日の対東京ヤクルトスワローズ戦では初めて横浜のエース・三浦大輔とバッテリーを組み8回2/3で無失点に抑え、代わった石井裕也で後続も断ち、捕手としてプロ入り初の完封勝利を果たした。4月26日の同カードでは由規から押し出し四球でプロ初打点を挙げた。4月28日の対阪神タイガース戦では6回1点ビハインド二死満塁の場面で走者一掃の二塁打を放ち、プロ初タイムリー打と初マルチヒットを記録した。5月8日の対阪神戦では三浦が完封勝利し、プロ入り初めて先発投手を完封に導いた。翌日5月9日の同カードでも完封リレーで自身初の連続完封勝利となり、投手陣や首脳陣の信頼を得た。5月18日から無期限休養となった大矢監督に代わって、湘南シーレックスの田代富雄が指揮を執り始めると、新沼慎二と武山真吾の起用機会も増え、6月以降は新沼とのスタメン併用、7月以降は黒羽根利規、武山との併用となっていった。田代体制ではスクイズや盗塁アシストなど小技を見せる機会が増えた。5月29日から6月26日の10試合で先発マスクで10連敗した。8月27日の対阪神戦の7回に見逃しと空振りでリーグ31人目となる1イニング2三振を記録した。8月下旬以降は打率.160前後で、被盗塁も多くバントミスもあり、三浦先発時に2試合連続チームが敗戦したことなどから9月9日に二軍降格となった。降格後の9試合で29打数10安打、打率.345を残したが、9月18日のイースタン・リーグ対千葉ロッテマリーンズ戦の5回フライ捕球守備の際に三塁手・村田修一と交錯し、左太腿を強打して筋挫傷となり、そのまま二軍でシーズンを終え、フェニックス・リーグも不参加となった。最終的にチーム捕手最多となる88試合に出場したが、盗塁阻止率はリーグワーストの.173、打率も.158と課題を残した。チームの盗塁阻止率.181とした張本人であり、セントラル・リーグのチームの盗塁阻止率が2割に満たなかったのは1997年の中日ドラゴンズ以来12年ぶりの失態となった。62試合で先発マスクを被り、フル出場した30試合では17勝13敗、3完封勝利だった。エース・三浦大輔との15試合では7勝6敗だったが、最も多く組んだレス・ウォーランドとのコンビでは18試合で5勝9敗、その他の先発とは29試合で3勝14敗と大幅に負け越し、チームがリーグ最下位(勝率.354)となる一因を作った。細山田武史 フレッシュアイペディアより)

  • 伊藤秀範

    伊藤秀範から見た中日ドラゴンズ中日ドラゴンズ

    2007年シーズンは育成枠でスタート。背番号105は担当スカウトだった岡林洋一の現役時代の背番号15の間に0を入れたものである。オープン戦に育成選手が出場できることが決まり、3月17日付けで初の一軍合流を果たした。3月20日の対中日ドラゴンズ戦で、オープン戦初登板初先発初勝利。ほぼベストメンバーの中日に対し、5回3被安打2四球1失点と結果を残したことから、1軍の公式戦に出場可能となる支配下選手への登録が決まった。3月26日正式に支配下選手登録を発表。背番号も52に変更。背番号52は香川オリーブガイナーズ時代のトレーナー、川畑勇一がヤクルト時代つけていた背番号である。推定年俸600万で再契約している。開幕一軍メンバーにも抜擢されたが、シーズン開始後は痛打を浴びて二軍降格。ファームでも良い時と悪い時の差がはっきりしていたが、投手不足から8月23日に再度一軍に昇格した。9月7日の中日ドラゴンズ戦で公式戦初先発するも、2回を8被安打・6失点で敗戦投手となった。伊藤秀範 フレッシュアイペディアより)

  • 松本市野球場

    松本市野球場から見た中日ドラゴンズ中日ドラゴンズ

    旧県営球場時代の1947年8月16日に開催されたプロ野球ダブルヘッダーでは、2試合で合計13本の三塁打が記録された。当時の県営球場は外野にフェンスがなく、フィールドと場外との仕切りは地面に杭を打って綱を渡し、網を張っただけの簡素な低い柵で、特別に「打球がバウンドしてから柵を超えた場合はエンタイトル三塁打とする」というルールの下で試合を行ったところ、折からの強風もあいまって、第1試合の巨人対阪急では、巨人が3回に1イニング4本の三塁打を記録。また第2試合の阪神対東急では阪神4本、東急5本の計9本の三塁打が記録され、スコアも18?13で阪神が勝利という大味な試合となった。翌1948年5月16日に開催された中部日本対阪神では「三塁打ではルールが甘過ぎる」として、「柵を超えた場合はエンタイトル二塁打」というルールに変更された。松本市野球場 フレッシュアイペディアより)

4615件中 61 - 70件表示

「中日ドラゴンズ」のニューストピックワード