4615件中 81 - 90件表示
  • 内藤尚行

    内藤尚行から見た中日ドラゴンズ中日ドラゴンズ

    1993年9月2日にナゴヤ球場で行われた中日ドラゴンズ戦では、延長15回裏に無死満塁のピンチからクリーンアップトリオ(アロンゾ・パウエル、落合博満、彦野利勝)を三者三振に斬って取り、引き分け再試合に持ち込んだ。この年の優勝争いは中日とのマッチレースで、前日の直接対決で敗れて首位奪回されていただけに、同年のヤクルト優勝にとっては重要なターニングポイントとなった。その後は故障は更に酷くなり、1994年には一軍定着後初めて未勝利でシーズンを終える。内藤尚行 フレッシュアイペディアより)

  • 西本聖

    西本聖から見た中日ドラゴンズ中日ドラゴンズ

    江川卓と共にエースとして巨人の一時代を築き、巨人退団後は中日、オリックスでもプレーした。選手生活晩年に巨人へ復帰して引退。エース級としての活躍に加え、左足を高く上げるダイナミックな投球フォームでも人気があった。西本聖 フレッシュアイペディアより)

  • 廣瀬純

    廣瀬純から見た中日ドラゴンズ中日ドラゴンズ

    3月31日の対中日ドラゴンズ戦でプロ入り初出場を果たし、5月22日の対横浜ベイスターズ戦において、7回裏に三浦大輔からプロ初本塁打を記録した。同年はシーズンを通して80試合に出場し、打率.286を記録した。廣瀬純 フレッシュアイペディアより)

  • 2016年のラジオ (日本)

    2016年のラジオ (日本)から見た中日ドラゴンズ中日ドラゴンズ

    5日 - 東海ラジオは、昨年限りで中日ドラゴンズを引退した山本昌(今シーズンより、東海ラジオをはじめニッポン放送・ABCラジオ等の解説者を担当)の引退試合・中日ドラゴンズVS東京ヤクルトスワローズ(ナゴヤドーム)をラジオ独占で実況中継。2016年のラジオ (日本) フレッシュアイペディアより)

  • 浜崎真二

    浜崎真二から見た中日ドラゴンズ中日ドラゴンズ

    現役時代は阪急ブレーブスに在籍。選手兼任監督として日本プロ野球史上最高齢公式戦出場記録を2014年9月5日に山本昌(中日)に破られるまで、64年間にわたり保持していた。また、身長は150cmから160cmまでいくつかの説があり、日本プロ野球史上最も背の低い選手とされることがある。浜崎真二 フレッシュアイペディアより)

  • 小西得郎

    小西得郎から見た中日ドラゴンズ中日ドラゴンズ

    小西は大東京軍監督を1年半で辞任。その後名古屋軍の監督を務めたほか、大橋オーナーの出身会社・共同印刷の系列会社を転々とした。ただし大東京軍や野球関連の交渉事には関与し、田村駒治郎(大橋と妻同士が姉妹だった)の経営参加の要請交渉に鈴木と同席したほか、1942年シーズン終了後に審判員を辞任した明大の後輩・横沢三郎を共同印刷に入社させた。小西得郎 フレッシュアイペディアより)

  • 的場寛一

    的場寛一から見た中日ドラゴンズ中日ドラゴンズ

    当時チームメイトだったのが、上原浩治、二岡智宏、阿部慎之助、矢野英司、藤井彰人、山下勝己、吉野誠、1999年:プロアマ交流の派遣で中日ドラゴンズの春季キャンプに参加し注目を浴びる。の第30回明治神宮野球大会では優勝と優秀選手を獲得。福岡六大学リーグ通算78試合出場、266打数80安打、打率.301、5本塁打、49打点。堅実な守備とシュアな打撃が評価され、阪神タイガース・中日ドラゴンズ・西武ライオンズ・大阪近鉄バファローズの4球団が逆指名枠を争ったが、同年のドラフト会議で阪神を逆指名し、1位指名で入団。的場寛一 フレッシュアイペディアより)

  • 広島市民球場 (初代)

    広島市民球場 (初代)から見た中日ドラゴンズ中日ドラゴンズ

    同年10月 - 伊勢湾台風の被災により水没した中日スタジアムで予定されていた「中日対広島」の2試合(中日主管)を被災地復興支援試合として、当球場にて代替開催(後述)広島市民球場 (初代) フレッシュアイペディアより)

  • 武田一浩

    武田一浩から見た中日ドラゴンズ中日ドラゴンズ

    その後は明治大学へ進学。東京六大学リーグ通算56試合登板、20勝8敗、防御率2.40、208奪三振。3年生秋のリーグでは7勝無敗の活躍でベストナインに選ばれた。日本ハムファイターズ、南海ホークス(後のダイエー→ソフトバンク)、中日ドラゴンズ、読売ジャイアンツ(巨人)の4球団(いずれも武田が後に在籍することとなる)からプロ入りの誘いを受け、1987年度ドラフト会議にて日本ハムから1位指名を受けて入団(阪急ブレーブスに入団した伊藤敦規の外れ)。武田一浩 フレッシュアイペディアより)

  • 石嶺和彦

    石嶺和彦から見た中日ドラゴンズ中日ドラゴンズ

    は打撃三部門の成績がいずれも前年より上がり、ともに藤井康雄に次ぐチーム2位の24本塁打、77打点の成績を残している。また、同年よりNPBに導入されたFAの権利を取得し、松永浩美、駒田徳広に続くNPB史上3例目のケースとして、11月7日にその行使を宣言した。数年前から他球団でのプレーを希望しており、獲得する球団があるか不安だが悔いを残したくない、と語っている。オリックス以外の球団との交渉が解禁された11月28日には、落合博満の移籍が濃厚な中日球団代表の伊藤一正や、平野謙が退団した西武監督の森祇晶と会談した。両球団ともに年俸はFA規約の上限となる前年比1.5倍の1億200万円(推定)を提示し、西武からは左翼手・クリーンナップでの起用を明言されたという。また、中日からは名古屋の住宅の提供と引退後に中日グループで評論家として便宜を図ること、西武からは関東地方への転居のために支度金3,000万円の提供がそれぞれ約束された。11月30日には松永とジム・パチョレックの抜けた打線を強化したい阪神タイガース監督の中村勝広や球団社長の三好一彦と会談し、同じく年俸1億200万円と外野手・クリーンナップとしての起用を約束された。12月1日には沖縄県で栽弘義にも相談し、15年住んで宝塚市に自宅も買った関西から離れ難く、阪神ファンの熱烈な応援に惹かれた事から12月2日に阪神への入団を決めている。なお、この入団で阪神では初めて年俸が1億円を超える選手となった。またオリックスは石嶺の背番号3をにクリス・ドネルスが入団するまで欠番にしている。石嶺和彦 フレッシュアイペディアより)

4615件中 81 - 90件表示

「中日ドラゴンズ」のニューストピックワード