3695件中 81 - 90件表示
  • 伊藤準規

    伊藤準規から見た中日ドラゴンズ中日ドラゴンズ

    伊藤 準規(いとう じゅんき、1991年1月7日 - )は、中日ドラゴンズに所属するプロ野球選手(投手)。伊藤準規 フレッシュアイペディアより)

  • 三菱重工横浜硬式野球部

    三菱重工横浜硬式野球部から見た中日ドラゴンズ中日ドラゴンズ

    早川和夫外野手(1984年日本ハムドラフト3位→中日三菱重工横浜硬式野球部 フレッシュアイペディアより)

  • 波留敏夫

    波留敏夫から見た中日ドラゴンズ中日ドラゴンズ

    には、前年から石井琢朗が1番打者に定着したことにより、2番打者に固定された。自身二度目の規定打席到達。しかし同年オフの11月にプロ野球脱税事件への関与が発覚、の開幕から6週間の出場停止処分を受ける。謹慎中は二軍戦にも出場せず、5月16日の中日戦でいきなり1番中堅手で復帰。調整不足からしばらく調子が出なかったが、7月には月間MVPを受賞するなど調子を取り戻す。主にマシンガン打線の2番打者として横浜の38年ぶりのリーグ優勝、日本一に貢献。翌は、打率.298、15本塁打、70打点、21盗塁の自己最高の成績を残す。波留敏夫 フレッシュアイペディアより)

  • ABCフレッシュアップベースボール

    ABCフレッシュアップベースボールから見た中日ドラゴンズ中日ドラゴンズ

    なお2008年まで、全国高校野球選手権大会期間中でかつビジターの阪神戦が行われる場合は、制作スタッフの人員配置の関係でニッポン放送(ヤクルト主催と月・金曜日の横浜・巨人主催)・TBSラジオ(月・金曜日を除いた横浜・巨人主催)・CBC中部日本放送(月・金曜日を除いた中日主催)・東海ラジオ放送(月・金曜日の中日主催)・RCC中国放送(広島主催、月・水・木曜日は裏送り)と同時ネット・または制作委託していた。また同じように阪神戦以外のヤクルト主催ゲームが中継される場合も火〜木曜日はニッポン放送制作の裏送りとなるが、2010年度は阪神が絡まないヤクルト主催ゲーム自体を放送対象外とするケースもある。ABCフレッシュアップベースボール フレッシュアイペディアより)

  • ナゴヤドーム

    ナゴヤドームから見た中日ドラゴンズ中日ドラゴンズ

    プロ野球セントラル・リーグ(セ・リーグ)加盟球団の中日ドラゴンズが専用球場(本拠地)として使用している。ナゴヤドーム フレッシュアイペディアより)

  • 立浪和義

    立浪和義から見た中日ドラゴンズ中日ドラゴンズ

    現役時代は高卒ルーキーとして入団した年から引退まで中日ドラゴンズの中心として活躍し続けた。3代目「ミスタードラゴンズ」。立浪和義 フレッシュアイペディアより)

  • ドーム球場

    ドーム球場から見た中日ドラゴンズ中日ドラゴンズ

    ナゴヤドーム(愛知県名古屋市、中日ドラゴンズの本拠地)ドーム球場 フレッシュアイペディアより)

  • 若松勉

    若松勉から見た中日ドラゴンズ中日ドラゴンズ

    団塊の世代にあたる。1978年日本一当時のスワローズ主力選手では安田猛、松岡弘、大矢明彦が昭和22年度生まれの同級生。中でも大矢は親友で現役当時から公私共に親しい関係。他に昭和22年度生まれを代表するプロ選手は、谷沢健一(中日)、堀内恒夫(巨人)、藤田平(阪神)、江本孟紀(阪神他)、平松政次(大洋)、門田博光(南海他)、福本豊(阪急)、鈴木啓示(近鉄)といった顔ぶれで、強烈な個性を持った投手が多い。また、若松自身も含め名球会入りした選手や「プロ野球ニュース」の歴代解説者が多い。若松勉 フレッシュアイペディアより)

  • 1954年の野球

    1954年の野球から見た中日ドラゴンズ中日ドラゴンズ

    セ・リーグ6球団の2軍リーグ戦となる新日本リーグが結成され、関西ファーム・リーグから大阪タイガースと中日ドラゴンズが脱退している。1954年の野球 フレッシュアイペディアより)

  • 伊藤秀範

    伊藤秀範から見た中日ドラゴンズ中日ドラゴンズ

    2007年シーズンは育成枠でスタート。背番号105は担当スカウトだった岡林洋一の現役時代の背番号15の間に0を入れたものである。オープン戦に育成選手が出場できることが決まり、3月17日付けで初の一軍合流を果たした。3月20日の対中日ドラゴンズ戦で、オープン戦初登板初先発初勝利。ほぼベストメンバーの中日に対し、5回3被安打2四球1失点と結果を残したことから、1軍の公式戦に出場可能となる支配下選手への登録が決まった。3月26日正式に支配下選手登録を発表。背番号も52に変更。背番号52は香川オリーブガイナーズ時代のトレーナー、川畑勇一がヤクルト時代つけていた背番号である。推定年俸600万で再契約している。開幕一軍メンバーにも抜擢されたが、シーズン開始後は痛打を浴びて二軍降格。ファームでも良い時と悪い時の差がはっきりしていたが、投手不足から8月23日に再度一軍に昇格した。9月7日の中日ドラゴンズ戦で公式戦初先発するも、2回を8被安打・6失点で敗戦投手となった。伊藤秀範 フレッシュアイペディアより)

3695件中 81 - 90件表示

「中日ドラゴンズ」のニューストピックワード