390件中 31 - 40件表示
  • 中日ドラゴンズ

    中日ドラゴンズから見た桝嘉一

    横浜に大リーグ選抜軍が来日した1934年、読売新聞社が大日本東京野球倶楽部を日本のプロ野球球団として結成され、それから遅れる事2年後の1936年1月15日、新愛知新聞社を親会社として名古屋軍(なごやぐん)が誕生した。河野安通志を総監督 (GM) に迎え、池田豊が監督に就任。明治大学の中根之、アメリカ人で捕手のバッキー・ハリス、内野の名手・芳賀直一、日系アメリカ人の高橋吉雄、主将の桝嘉一、スローボーラー・森井茂らが初期メンバー。上述のメジャーリーグ選抜軍来日時に、読売新聞社社長・正力松太郎が新愛知新聞社の田中斎に名古屋でのプロ野球球団結成の働きかけを行なったのが球団誕生の契機。新愛知新聞社傘下の國民新聞社でも大東京軍を結成。当初、読売の正力松太郎が推し進めていた日本職業野球連盟(現在の日本野球機構の源流)とは別個に、独自リーグの大日本野球連盟を組織して各地に同様の球団を4球団結成し、配下には3Aに相当する下部組織を作るなどの、当時としては先進的な構想を抱いていたが頓挫。結局、上記の既存の2球団が正力が設立した日本職業野球連盟に加盟することとなった。当初の商号は名古屋軍が株式会社大日本野球連盟名古屋協会、大東京軍が株式会社大日本野球連盟東京協会であり、大日本野球連盟構想の名残が見られる。2月5日には名古屋軍の他、東京巨人軍、大阪タイガース、東京セネタース、阪急軍、大東京軍、名古屋金鯱軍の7球団で職業野球団が結成され、日本職業野球連盟も結成されている。中日ドラゴンズ フレッシュアイペディアより)

  • 中日ドラゴンズ

    中日ドラゴンズから見た山田久志

    2002年、山田久志ヘッドコーチが監督に就任。中日OB以外から選ばれる監督としては山内一弘以来となる。谷繁元信が横浜からFA移籍。8月1日の巨人戦で川上憲伸がノーヒットノーランを達成。チームは対巨人戦9連敗が響き3位。中日ドラゴンズ フレッシュアイペディアより)

  • 中日ドラゴンズ

    中日ドラゴンズから見た天知俊一

    1948年に、球団名を中日ドラゴンズ(ちゅうにちドラゴンズ)に改称。オフに木造の中日球場が完成。翌シーズンより球団初の本拠地として使い始めた。1949年は天知俊一が監督に就任し、杉下茂が入団。西沢道夫が打者として中日に復帰。中日ドラゴンズ フレッシュアイペディアより)

  • 中日ドラゴンズ

    中日ドラゴンズから見たホルヘ・ソーサ

    4月30日、山本昌が杉下茂の球団記録を塗り替える212勝を達成。開幕から連勝と連敗を何度も繰り返し安定感こそ欠いたものの、交流戦前までは首位を維持していた。交流戦は12勝8敗4分で4位。しかし、交流戦優勝で勢いをつけた巨人と首位争いを繰り広げたものの抜き去られ、前半戦を2位で折り返した。後半戦は首位の巨人、3位争いを繰り広げていたヤクルト・広島とも大きく離れており、順位の変動がないまま2位でシーズンを終えた。この年は、前年MVPの浅尾拓也ら多くの投手が一軍に定着できなかったが、新加入の田島慎二やホルヘ・ソーサが活躍し、前年まで登板機会の少なかった山内壮馬や岩田慎司が台頭した。また、ナゴヤドームでは球団新記録となる14連勝(引き分けを含み18戦無敗)を記録した。しかし、関東(首都圏)遠征試合の弱さを本年も露呈し、東京ドームの対巨人戦8連敗を含む15連敗を喫した。クライマックスシリーズファーストステージではヤクルトと対戦、2勝1敗でファイナルステージに進出した。巨人と対戦したファイナルステージでは3連勝で王手をかけたものの、その後サヨナラ負けなどもあり3連敗を喫し、3勝4敗で敗退。岩瀬が最多セーブ、大島が盗塁王を獲得。シーズン終了後に権藤コーチが退団。またブランコ、ソト、ソーサが揃って横浜DeNAベイスターズに移籍した。中日ドラゴンズ フレッシュアイペディアより)

  • 中日ドラゴンズ

    中日ドラゴンズから見た槙原寛己

    1994年、シーズン中盤まで巨人との首位争いとなったが、8月18日からの8連敗となり、9月に入るとこの年に任期が切れる高木監督の後任として星野仙一の名が報じられたが、9月20日からの9連勝を始めとする猛追を見せて首位の巨人に並び、10月8日、史上初の最終戦同率首位決戦(10.8決戦)となった。試合は巨人に落合博満、松井秀喜の本塁打に加えて当時の3本柱の槙原寛己、斎藤雅樹、桑田真澄のリレーでかわされ、3-6で敗戦。優勝を逃した。この年はアロンゾ・パウエルが首位打者、大豊泰昭が本塁打王と打点王、山本昌が最多勝、郭源治が最優秀防御率と、多くの投打のタイトルを獲得した。中日ドラゴンズ フレッシュアイペディアより)

  • 中日ドラゴンズ

    中日ドラゴンズから見た佐々木主浩

    1997年、ナゴヤドームに本拠地を移し、新時代の一歩を踏み出すが、狭いナゴヤ球場から一転して広くなったナゴヤドームに野手陣の慣れが追いつかず、前年の強竜打線も沈黙して5年ぶりの最下位に終わる。しかし、前年不振だった宣銅烈がその年のオフを返上し猛練習。結果最優秀救援投手になった横浜佐々木主浩と並ぶ38セーブを挙げ、山本昌が3年ぶり3度目の最多勝に輝くなど投手陣は奮闘を見せた。オフにはドームに対応した野球を目指して抜本的な改革が行なわれた。守備力と機動力を確保するためパウエルを解雇し、韓国ヘテから李鍾範を獲得。阪神との交換トレードで矢野輝弘と大豊を放出し、関川浩一と久慈照嘉を獲得した。この年のドラフトでは川上憲伸を1位指名した。中日ドラゴンズ フレッシュアイペディアより)

  • 中日ドラゴンズ

    中日ドラゴンズから見た山本リンダ山本 リンダ

    チャンステーマ1:元中日ゲーリー・レーシッチらに使われた山本リンダの「狙いうち」(2002年後半から)。中日ドラゴンズ フレッシュアイペディアより)

  • 中日ドラゴンズ

    中日ドラゴンズから見た川井雄太

    2009年は前年退団したタイロン・ウッズの代わりとして獲得したトニ・ブランコが本塁打王と打点王の二冠に輝く活躍を見せ、前年は不振だった立浪和義も代打で好成績を残して勝利に貢献した。川上が移籍したことによって生じた先発投手陣の穴も吉見一起やチェン・ウェインの活躍により埋まった。また川井雄太が球団新記録の開幕11連勝を達成した。シーズン序盤は下位に低迷したが、交流戦辺りから追い上げを見せ、一時は首位巨人とのゲーム差を1.5まで縮めた。しかし、巨人に8勝16敗と大きく負け越したのが最後まで響き、最終的には首位巨人に12ゲーム差をつけられて2位に終わった。3位・ヤクルトとのクライマックスシリーズ第1ステージは2勝1敗で制したが、巨人と対戦した第2ステージは初戦こそ勝利したものの2戦目以降は3戦で計19失点と投手陣が打ち込まれて1勝4敗で敗退し、シーズンを終えた。この年限りで立浪が引退した。ワールド・ベースボール・クラシック日本代表の候補にドラゴンズから4選手が選ばれたが全員が辞退したことが話題となった。中日ドラゴンズ フレッシュアイペディアより)

  • 中日ドラゴンズ

    中日ドラゴンズから見た水木一郎

    1978年に発表された中日ドラゴンズの二代目公式球団歌。歌は朝倉隆(星野仙一、鈴木孝政、大島康徳、藤波行雄、田尾安志がバックを務める)のほかドラゴンスターズ、水木一郎のヴァージョンがある。中日ドラゴンズ フレッシュアイペディアより)

  • 中日ドラゴンズ

    中日ドラゴンズから見た工藤公康

    1999年、開幕から11連勝。投手陣は、野口茂樹や川上憲伸、山本昌に武田一浩の先発陣に加え、新人の岩瀬仁紀が65試合に登板、サムソン・リー、落合英二らと共に不動のセットアッパーとなる。抑えの宣も好調で、12球団随一の投手王国を誇った。この年は大型連勝が多く、7月2日から8連勝したのに加え、シーズン終盤も9月21日から再び8連勝し、9月30日の神宮球場での対ヤクルト戦で、11年ぶりのリーグ優勝を果たした。前半戦を首位で折り返しての優勝は球団史上初。ナゴヤドーム移転後初の日本シリーズでは福岡ダイエーホークスと対戦するも、工藤公康擁する投手陣を打ち崩せず、山崎の欠場も響いて1勝4敗で敗れ、45年ぶりの日本一奪回はならなかった。中日ドラゴンズ フレッシュアイペディアより)

390件中 31 - 40件表示

「中日ドラゴンズ」のニューストピックワード