前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
103件中 1 - 10件表示
  • エステバン・ヘルマン

    エステバン・ヘルマンから見た中村剛也中村剛也

    、当初は1番打者として期待され、開幕からしばらく1番で起用されていたが、程なくして6番や7番での起用が主になった。5月からは5番で、中村剛也や中島裕之が故障で離脱している時期は3番で起用されることもあった。ポジションは当初二塁手や中堅手で起用されていたが、他の選手との兼ね合いもありシーズン中盤以降は三塁手に固定された。エステバン・ヘルマン フレッシュアイペディアより)

  • ホセ・フェルナンデス (1974年生の内野手)

    ホセ・フェルナンデス (1974年生の内野手)から見た中村剛也中村剛也

    は復帰したカブレラが4番の座を守り、同じ三塁手の中村剛也や石井義人の活躍もあり指名打者での出場が多かった。来日以来最少の120試合の出場ながら、打率.293・26本塁打・OPS.911を記録したが、オフの12月2日に自由契約となった。ホセ・フェルナンデス (1974年生の内野手) フレッシュアイペディアより)

  • 中田祥多

    中田祥多から見た中村剛也中村剛也

    7月25日に支配下選手登録された。背番号は以前着用していた「64」。10月6日に行われたホーム最終戦の対千葉ロッテマリーンズ戦の9回裏に中村剛也の代走としてプロ初出場、サヨナラのホームを踏んだ。10月7日の対オリックス・バファローズ戦では先発出場を果たした。この年は一軍で2試合に出場。二軍では58試合の出場で、打率.184だった。オフに小石博孝、中崎雄太と共にオーストラリアン・ベースボールリーグのメルボルン・エイシズに派遣され、ウインターリーグに参加した。中田祥多 フレッシュアイペディアより)

  • 夢対決!とんねるずのスポーツ王は俺だ!スペシャル

    夢対決!とんねるずのスポーツ王は俺だ!スペシャルから見た中村剛也中村剛也

    2014年正月:はじめて「チーム帝京」として戦った。「帝京高校の秘密兵器といわれ秘密のまま終わった男」石橋の高校時代の夢である「西の強豪校を倒す」をかなえるため、球界最強の大阪桐蔭OB(中村剛也・西岡剛・中田翔・浅村栄斗)と対戦。帝京高校のOBである吉岡に加え、森本が2011年正月以来の参加、埼玉県立熊谷商業高等学校出身のゴルゴは父親の仕事の都合で編入してきた「転校生」という設定で参加した。対戦相手の大阪桐蔭OBのユニフォームも大阪桐蔭のモチーフである。夢対決!とんねるずのスポーツ王は俺だ!スペシャル フレッシュアイペディアより)

  • 伊東勤

    伊東勤から見た中村剛也中村剛也

    西武の監督時代には多くの若手選手を積極的に起用した。投手では、涌井秀章、帆足和幸など。野手では、中島裕之、中村剛也、栗山巧、片岡易之など。采配面では、不動の4番アレックス・カブレラを中心としたバランスの取れた打線を組んだ。上位打線が足で攻め、中島、カブレラ、和田一浩のクリーンナップが返す野球を展開した。また、下位打線は日替わりで起用することが多かった(例えば、江藤智、ジェフリー・リーファー、中村剛也など)。伊東勤 フレッシュアイペディアより)

  • 秋山翔吾

    秋山翔吾から見た中村剛也中村剛也

    ''は開幕から3番として起用されたが打率1割台と打撃不振に陥り、4月24日に主砲の中村剛也と入れ替わりで登録を抹消された。一軍復帰後は1番で起用され、5月と6月は月間打率が3割を超えるなど調子を上げていったが夏場は打率を伸ばせず下位打線に回り、最終的に本塁打も前年の13本から4本に減った。10月に中村と共に右肘のクリーニング手術を受けた。秋山翔吾 フレッシュアイペディアより)

  • 浅村栄斗

    浅村栄斗から見た中村剛也中村剛也

    は開幕からしばらく一塁手で起用された。遊撃手を任せられることもあったが、失策が多くほぼ一塁手専任になると共に離脱中の中村剛也の代役として4番を任されるようになった。5月29日の対横浜DeNAベイスターズ戦でプロ入り後初めて4番打者を務めたことによって、一軍公式戦のスタメンで全ての打順を経験する。4番起用2試合目となった東京ヤクルトスワローズ戦(5月31日)では、2年振りのサヨナラ本塁打を含む自身初の1試合2本塁打を記録した7月には月間打率.395と6本塁打で自身2度目の月間MVPを受賞。9月26日の対東北楽天ゴールデンイーグルス戦(西武ドーム)では日本プロ野球最年少タイ(史上4人目、23歳)で100打点を達成。最終的に110打点を挙げ、平成生まれで初の打点王を獲得した。オフの11月には台湾で行われた「2013 BASEBALL CHALLENGE 日本 VS チャイニーズ・タイペイ」の日本代表に選出された。浅村栄斗 フレッシュアイペディアより)

  • 埼玉西武ライオンズ

    埼玉西武ライオンズから見た中村剛也中村剛也

    開幕戦は5年連続で涌井秀章が先発するものの、敗戦投手となり涌井は開幕から3連敗で4月16日に登録を抹消され、チームも最大借金9を抱えて最下位と低迷した。涌井が救援投手に回り、6月以降は勝ち越すようになり8月までの3カ月で貯金を19とし8月19日に首位に立った。日本ハムとの優勝争いとなったが、10月2日の試合に敗れたことで優勝を逃し、3ゲーム差の2位に終わった。クライマックスシリーズではファーストステージでソフトバンクに1勝2敗で敗れ、3年連続のクライマックスシリーズ敗退となった。中村剛也が本塁打王を獲得、オフには、中島裕之が海外FA権を行使し、メジャーリーグのオークランド・アスレチックスに入団した。埼玉西武ライオンズ フレッシュアイペディアより)

  • 満塁本塁打

    満塁本塁打から見た中村剛也中村剛也

    通算最多満塁本塁打は中村剛也の16本(2005年2本、07年1本、08年2本、09年2本、10年3本、11年1本、14年1本、15年4本)。2015年7月24日の日本ハム戦で大谷翔平から通算15本目となる満塁本塁打を打ち王貞治のプロ野球記録に並び、同年8月9日のオリックス戦で塚原頌平から単独最多となる通算16本目の満塁本塁打を打った。満塁本塁打 フレッシュアイペディアより)

  • SPEED世代

    SPEED世代から見た中村剛也中村剛也

    8月15日 - 中村剛也、プロ野球選手SPEED世代 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
103件中 1 - 10件表示

「中村剛也」のニューストピックワード