65件中 21 - 30件表示
  • 1983年のスポーツ

    1983年のスポーツから見た中村剛也中村剛也

    8月15日 - 中村剛也(大阪府、野球)1983年のスポーツ フレッシュアイペディアより)

  • ユウキ (野球)

    ユウキ (野球)から見た中村剛也中村剛也

    はキャンプから順調で、二軍で安定した投球内容が評価されて5月11日に支配下登録選手となった。登録名を「ユウキ」に戻し、背番号は1990年代に西村龍次、テリー・ブロスといったヤクルトをセリーグチャンピオンに導いた大黒柱が付けた29に変更となった。6月6日の東北楽天ゴールデンイーグルス戦で先発し、移籍後初勝利を挙げた。その後も先発ローテーションの一角として、規定投球回には満たなかったものの、5勝6敗防御率3.40という成績を残した。また超スローボールを新たな武器として披露し、中村剛也や小笠原道大といった強打者を手玉に取る場面が見られた。しかし、バッティングは苦手なタイプなようで、は31打席に立ちながら安打は1本もなかった。も前年同様に先発ローテーションの一角として高田繁前監督や首脳陣からも期待されるが春季キャンプで肩を負傷し離脱、その後手術し2軍戦で投げるも復調の兆しが見えず、9月15日に現役引退を表明。現役最後の登板は、同年10月10日のシーズン最終戦、対広島24回戦(神宮球場)。リリーフで6回表に登板し、先頭打者の石原慶幸から超スローボールも使い3球三振を記録し降板した。ユウキ (野球) フレッシュアイペディアより)

  • 金村大裕

    金村大裕から見た中村剛也中村剛也

    上宮高校では国木剛太、下敷領悠太に次ぐ3番手投手。3年夏には中村剛也、岩田稔を擁する大阪桐蔭高校に府大会準々決勝で敗れた。大阪府大会ベスト8。金村大裕 フレッシュアイペディアより)

  • ダレル・ラズナー

    ダレル・ラズナーから見た中村剛也中村剛也

    2009年4月5日の対日本ハム戦で来日初登板。3回までは相手打線を1安打に抑える上々の滑り出しを見せるも、4回裏に1死後に本塁打1本を含む6連打を浴び、一挙6失点を喫して降板。。続く4月12日の対西武戦で本拠地初登板を果たし、2回表に中村剛也のソロ本塁打を許した以外は7回まで1人の走者も出さない完璧な内容で、8回以降も大きく崩れることはなく、被安打3の無四球完投で堂々の来日初勝利をあげた。しかし、4月19日、対オリックス戦では、2回裏にタフィ・ローズ、ホセ・フェルナンデスに本塁打を許したのを皮切りに、4回裏にも集中打を浴びて、3回1/3を8失点で降板して来日初黒星、チームも0-15で惨敗した。その後、6月に一軍登録を抹消され二軍暮らし。9月に一軍復帰を果たすが、最終的には4勝7敗、防御率6.09という成績でシーズンを終えた。ダレル・ラズナー フレッシュアイペディアより)

  • 富山市民球場アルペンスタジアム

    富山市民球場アルペンスタジアムから見た中村剛也中村剛也

    2005年7月27日の千葉ロッテマリーンズ対西武ライオンズ13回戦、西武が2-0とリードして迎えた2回裏無死一、二塁の場面で、千葉ロッテイ・スンヨプが三塁横へ邪飛を放った。スタンド方向へ切れていく難しい打球だったが、三塁を守る西武中村剛也はこの打球を追い、三塁側カメラマンブースに突っ込むような体勢で捕球した。しかし捕球後、そのままブースに倒れ込んだためボールデッドが適用され、二走がタッチアップにより三進した。試合は西武先発松坂大輔の好投で、5-1で西武が勝利。なお中村はこのプレーでJA全農Go・Go賞の7月度「好捕賞」を獲得している。富山市民球場アルペンスタジアム フレッシュアイペディアより)

  • 石井義人

    石井義人から見た中村剛也中村剛也

    中村剛也が不振に陥ると三塁手で、片岡が離脱すると二塁手での起用が増えた。4月後半には1・2番打者が決まらず、高い出塁率を見込まれて石井が起用された(1番13試合、2番9試合)。打率は.250付近から上昇せず、守備でも6失策と精彩を欠いた。特に左投手からの打率は0割台だったため最後まで中村との併用が続き、レギュラー確保はならなかった。オフに結婚、挙式した。石井義人 フレッシュアイペディアより)

  • 原拓也 (野球)

    原拓也 (野球)から見た中村剛也中村剛也

    2009年、シーズン終盤に足を痛めた中村剛也に代わり8月からほぼ全試合に三塁のスタメンで起用され、50試合に出場。打率.219と結果は残せなかったが安定した守備を見せ、左投手には打率.353を記録した。原拓也 (野球) フレッシュアイペディアより)

  • 2007年の日本プロ野球

    2007年の日本プロ野球から見た中村剛也中村剛也

    フルキャストスタジアム宮城で行われた楽天対西武第18回戦で、楽天・ドミンゴ・グスマン投手が3回に1つ、4回にはプロ野球タイ記録となる1イニングに3つのボークを犯し、プロ野球新記録となる1試合4ボークを記録した。更に降板の際に秋村謙宏塁審に暴言と侮辱行為を働き退場処分を受けた。またこの試合では9回に同じ楽天の小山伸一郎投手が西武・中村剛也選手への頭部死球で退場となり、史上二度目、パ・リーグで初めてとなる1試合に2人の選手が退場処分となる珍事となった。パ・リーグは3日、ドミンゴ投手に厳重注意と罰金5万円の処分を科した。2007年の日本プロ野球 フレッシュアイペディアより)

  • 2005年の野球

    2005年の野球から見た中村剛也中村剛也

    優秀選手賞 : 金本知憲(阪神)、中村剛也(西武)2005年の野球 フレッシュアイペディアより)

  • 田辺徳雄

    田辺徳雄から見た中村剛也中村剛也

    は文化放送で解説者を務め、から西武二軍打撃コーチに就任。中村剛也、栗山巧など数多くの若手打者を一軍へ輩出した名伯楽である。2006年12月25日には早稲田大学人間科学部の通信教育課程に合格したことが、日本プロ野球OB会から発表された。に二軍野手総合コーチ、には二軍守備走塁コーチ、に再び二軍打撃コーチを務めてから、にフロントへ転出。しかし、後任の大久保博元が不適切な行為を理由にコーチ職を解任されたため、7月29日付で二軍打撃コーチへ復帰した。からは、一軍の打撃コーチを担当する。田辺徳雄 フレッシュアイペディアより)

65件中 21 - 30件表示

「中村剛也」のニューストピックワード