65件中 31 - 40件表示
  • 岩田稔

    岩田稔から見た中村剛也中村剛也

    大阪府守口市出身。守口市立庭窪中学校から、大阪桐蔭高校時代は2年秋からエースとなり秋季府大会で準優勝して近畿大会でも8強入りしたが、同年の冬に風邪を引いた際のウイルス感染が元で1型糖尿病を発症。3年時にはエースナンバーを背負っていたが、腰の故障で登板機会はなかった。高校の同期には中村剛也、1年先輩には後にプロでもチームメイトとなる桟原将司がいた。高校卒業後の進路は社会人野球のチームに決まりかけていたが病気が分かってから取り消されたため、推薦で関西大学に進学。岩田稔 フレッシュアイペディアより)

  • 西谷浩一

    西谷浩一から見た中村剛也中村剛也

    西岡剛(プロ入り前はスラッガーとして注目された)、中村剛也、中田翔、平田良介、浅村栄斗など超高校級スラッガーをプロへ輩出している。投手も150キロを超える直球を武器に甲子園を沸かせたサウスポーの辻内崇伸などがプロ入りした。豪快なチームとは裏腹にインタビューでは謙虚なコメントが多い。西谷浩一 フレッシュアイペディアより)

  • 野原祐也

    野原祐也から見た中村剛也中村剛也

    野原 祐也(のはら ゆうや、1985年1月7日 - )は、富山サンダーバーズに所属するプロ野球選手(外野手)。2013年シーズンより、コーチを兼任する。愛称は「富山のおかわり君」。野原祐也 フレッシュアイペディアより)

  • 栄村隆康

    栄村隆康から見た中村剛也中村剛也

    球審を務めた2009年7月14日の西武対楽天10回戦(西武ドーム)で、無死満塁の場面で中村剛也が放ったゴロを三塁手・中村紀洋がホームに送球。中谷捕手が一度、球を落とした1が「完全捕球をした」と栄村はアウトを宣告。捕手が落球しているのでセーフだと西武渡辺久信監督は9分間に及ぶ抗議をしたが、判定は覆らず得点は認められなかった。西武はコミッショナーに質問状を提出した。栄村隆康 フレッシュアイペディアより)

  • 大廣翔治

    大廣翔治から見た中村剛也中村剛也

    2008年の秋季キャンプで、この年のホームラン王である中村剛也(西武)を上回る、スイングスピード150キロを記録した。大廣翔治 フレッシュアイペディアより)

  • 後藤武敏

    後藤武敏から見た中村剛也中村剛也

    は三塁手のライバルである中村剛也がレギュラーに定着したこともあり、初めて一軍出場が無かった。二軍では本塁打がイースタン・リーグ6位の9本、長打率は5位の.447と快打を連発したが、昇格できなかった。後藤武敏 フレッシュアイペディアより)

  • 西岡剛 (内野手)

    西岡剛 (内野手)から見た中村剛也中村剛也

    中村剛也(埼玉西武ライオンズ)は大阪桐蔭の1年先輩。前述のとおり50メートル走最速6秒1というタイムは飛びぬけた記録ではなく、高校時代は中村の方が足が速かったという。西岡剛 (内野手) フレッシュアイペディアより)

  • 金子千尋

    金子千尋から見た中村剛也中村剛也

    1月に第一子となる長男が誕生。シーズンでは開幕投手に指名され、7回1失点10奪三振で勝利投手になる。平野やトム・デイビーの故障離脱もあって先発ローテーションの軸となったが、5月11日の対西武戦では5回途中5失点で敗戦投手となった上に中村剛也に頭部死球を与えて危険球退場するなど、4月下旬から交流戦にかけては精彩を欠いた。交流戦途中からリリーフに回ったが、リーグ戦再開後に先発に復帰すると7月は4戦4勝で月間MVPを受賞。9月7日の対西武戦では8回途中2失点で自身初の2桁勝利となる10勝目を挙げ、4点近い防御率ながら9年ぶりとなるチームのAクラス入りに貢献した。小松聖に次ぐチーム2位の投球回数で初めて規定投球回に到達し、リーグ8位の奪三振数を記録。一方で、被安打と被本塁打は共にリーグ2位を記録。シーズン中の好不調の波が激しかったことも含め、課題も残した。金子千尋 フレッシュアイペディアより)

  • 牧田明久

    牧田明久から見た中村剛也中村剛也

    2011年現在は打撃が課題とされているが、入団当初は打撃も期待されており、高卒ルーキーで迎えた2001年の春季キャンプでは臨時ながらも一軍昇格、フリーバッティングでは100スイングで2本の柵越えを放った。当時の監督の梨田昌孝は「高校生とは思えないような鋭い打球を飛ばしている。将来が楽しみ」とコメントした。牧田は「吉岡さんのタイミングの取り方が参考になりました」と話した。2011年の秋季キャンプでは、新しく打撃コーチに就任した大久保博元に「中島裕之(西武)や中村剛也(西武)よりもいい。(本塁打)20本は打てる」と評価された。牧田明久 フレッシュアイペディアより)

  • ホセ・オーティズ

    ホセ・オーティズから見た中村剛也中村剛也

    はメキシカンリーグのモンクローバ・スティーラーズと契約したが5月29日に解雇され、6月6日に埼玉西武ライオンズへの入団が発表された。8月12日の対日本ハム戦では、パ・リーグ通算45,000号となる本塁打を放った。来日直後は少ない調整試合数で調子を上げられず7月13日に一軍登録を抹消されたが、8月5日に再び一軍登録された後は相手の投手の利き腕に合わせてクリス・カーターと5番で併用され、カーターの膝の状態が悪化し調子を落としてからは相手投手の別なく「5番・一塁手」として先発起用された。同シーズンは最終的に64試合に出場し、中村剛也(27本)・中島裕之(13本)に次ぐチーム内3位となる9本塁打を記録した。ホセ・オーティズ フレッシュアイペディアより)

65件中 31 - 40件表示

「中村剛也」のニューストピックワード