103件中 31 - 40件表示
  • 富山市民球場アルペンスタジアム

    富山市民球場アルペンスタジアムから見た中村剛也中村剛也

    2005年7月27日の千葉ロッテマリーンズ対西武ライオンズ13回戦、西武が2-0とリードして迎えた2回裏無死一、二塁の場面でロッテのイ・スンヨプが三塁横へ邪飛を放った。スタンド方向へ切れていく難しい打球だったが、三塁を守る西武の中村剛也はこの打球を追い、三塁側カメラマンブースに突っ込むような体勢で捕球した。しかし捕球後、そのままブースに倒れ込んだためボールデッドが適用され、二走がタッチアップにより三進した。なお、試合は西武の先発松坂大輔の好投で5-1で西武が勝利した。中村はこのプレーでJA全農Go・Go賞の7月度「好捕賞」を獲得している。富山市民球場アルペンスタジアム フレッシュアイペディアより)

  • ユウキ (野球)

    ユウキ (野球)から見た中村剛也中村剛也

    はキャンプから順調で、二軍で安定した投球内容が評価されて5月11日に支配下登録選手となった。登録名を「ユウキ」に戻し、背番号は1990年代に西村龍次、テリー・ブロスといったヤクルトをセリーグチャンピオンに導いた大黒柱が付けた29に変更となった。6月6日の東北楽天ゴールデンイーグルス戦で先発し、移籍後初勝利を挙げた。その後も先発ローテーションの一角として、規定投球回には満たなかったものの、5勝6敗防御率3.40という成績を残した。また超スローボールを新たな武器として披露し、中村剛也や小笠原道大といった強打者を手玉に取る場面が見られた。しかし、バッティングは苦手なタイプなようで、は31打席に立ちながら安打は1本もなかった。ユウキ (野球) フレッシュアイペディアより)

  • ダレル・ラズナー

    ダレル・ラズナーから見た中村剛也中村剛也

    2009年4月5日の対日本ハム戦で来日初登板。3回までは相手打線を1安打に抑える上々の滑り出しを見せるも、4回裏に1死後に本塁打1本を含む6連打を浴び、一挙6失点を喫して降板。続く4月12日の対西武戦で本拠地初登板を果たし、2回表に中村剛也のソロ本塁打を許した以外は7回まで1人の走者も出さない完璧な内容で、8回以降も大きく崩れることはなく、被安打3の無四球完投で堂々の来日初勝利をあげた。しかし、4月19日、対オリックス戦では、2回裏にタフィ・ローズ、ホセ・フェルナンデスに本塁打を許したのを皮切りに、4回裏にも集中打を浴びて、3回1/3を8失点で降板して来日初黒星、チームも0-15で惨敗した。その後、6月に一軍登録を抹消され二軍暮らし。9月に一軍復帰を果たし、チームが球団初のAクラス及びクライマックスシリーズ進出を決めた翌日の10月4日の埼玉西武ライオンズ戦に先発するも6回途中4失点で敗戦投手となり、同時にチームは1シーズンの対戦成績で西武戦に勝ち越せず、五分に終わった(2014年まで楽天は西武に1シーズンでの対戦成績で勝ち越したことが一度もない)。最終的には4勝7敗、防御率6.09という成績でシーズンを終えた。ダレル・ラズナー フレッシュアイペディアより)

  • みやざきフェニックス・リーグ

    みやざきフェニックス・リーグから見た中村剛也中村剛也

    勝敗を度外視して試合に臨むことが多いが、毎年優勝チームを決定しており、2008年 - 2010年にはオリックス(08年は前身のサーパス)が三連覇している。フェニックス・リーグに出場した翌年に一軍に定着する選手は多く、いきなりタイトルを獲得する者も少なくない(中村剛也、T-岡田、山田哲人など)。みやざきフェニックス・リーグ フレッシュアイペディアより)

  • 三浦貴

    三浦貴から見た中村剛也中村剛也

    2009年は水田圭介がトレードされたこともあり、二軍の内野手が足りなくなってしまったので主に二塁と三塁を守った。シーズン終盤中村剛也が怪我をしたため一軍に昇格、主に三塁を守った。中村復帰後も一軍に残ったが左投手先発時もそれほど打てず、左投手が先発の時も起用されなくなってしまった。最終戦にスタメン出場し、安打も放ったが翌日の10月8日に戦力外通告を受けた。シーズン終了後、12球団合同トライアウトに参加するも、獲得する球団は現れず現役を引退。三浦貴 フレッシュアイペディアより)

  • 満塁

    満塁から見た中村剛也中村剛也

    通算最多満塁本塁打 - 16本、中村剛也満塁 フレッシュアイペディアより)

  • 2014年の日本プロ野球

    2014年の日本プロ野球から見た中村剛也中村剛也

    埼玉西武ライオンズの中村剛也が対広島戦(西武ドーム)でNPB史上59人目の通算250本塁打2014年の日本プロ野球 フレッシュアイペディアより)

  • 阿部真宏

    阿部真宏から見た中村剛也中村剛也

    移籍当初は代打や中村剛也の守備固めでの出場がメインだったが、中村の離脱後は相手先発投手がサウスポーの際、また内野ゴロの多い帆足和幸が先発する際は三塁手としてスタメン出場する機会が増えた。打率.256・出塁率.372、対左投手の打率は.307を記録し、控え内野手として戦力となった。10月1日、戦力外通告を受けた。10月30日に、同僚の大島裕行、平尾博嗣とともに任意引退公示された。阿部真宏 フレッシュアイペディアより)

  • 二保旭

    二保旭から見た中村剛也中村剛也

    '、オフの1月に結婚して体重を増量したことでフォームが安定した。ウエスタン・リーグで5月度の月間MVP(6試合1完投3勝0敗防2.35)を獲得し、6月に二軍で初完封するなど好投を続けたことで7月30日に支配下選手登録され、背番号は13'に変更された。9月7日に初の一軍昇格を果たし、9月23日の対東北楽天ゴールデンイーグルス戦の9回5点ビハインドの場面でプロ初登板を果たして下位打線を3者凡退に打ち取った。9月15日の敗戦処理2イニング登板後、9月17日に18日の対西武戦で先発予定だった山田大樹が発熱により登板を回避したことで急遽代役に抜擢された。9月18日に中2日でプロ初先発を果たしたが、毎回四死球を出し、2点援護を貰った直後に中村剛也にタイムリー打を許し、3回1失点63球を投げ1点リードのまま降板となった。なお同試合でチームは3連勝して2位・西武に1ゲーム差と迫った。翌日9月19日に二軍降格となりそのままシーズンを終えた。二軍公式戦では12試合に先発して11勝0敗、3完投2完封で防御率1.34、中継ぎ5試合では防御率2.57の成績を残し、最多勝利投手、勝率第1位投手(10割)のタイトルを獲得、優秀選手賞も受賞した。なお防御率は逆転するための登板機会を得たものの失点し、同チームの千賀滉大には及ばず1.44でリーグ2位となった。10月6日のファーム日本選手権で先発したが4回に連続四球から崩れて先制点を奪われ敗戦投手となった。オフにはプエルトリコのウィンターリーグに派遣され、11月9日から11月29日までの3試合に先発し、防御率9.95、0勝1敗だった。二保旭 フレッシュアイペディアより)

  • プロ野球選手

    プロ野球選手から見た中村剛也中村剛也

    中村剛也(2013年のシーズンオフに、西武との(残留のための)延長契約を結ぶ際、「4年契約、総額20億円」の契約を結んだ。なお、中村はこの延長契約以前にも、2010年のシーズンオフにおいて、西武と3年の複数年契約を結んでいた。)プロ野球選手 フレッシュアイペディアより)

103件中 31 - 40件表示

「中村剛也」のニューストピックワード