65件中 41 - 50件表示
  • 浅村栄斗

    浅村栄斗から見た中村剛也中村剛也

    はオープン戦で結果を残して開幕スタメン入りを果たしレギュラーの座を一年間守った。チーム事情もあって守備位置は固定されず、不慣れな外野もこなした。オープン戦は片岡易之の出遅れのためその復帰まで主に二塁手として出場、片岡が復帰してから交流戦までは主に一塁手、交流戦の指名打者が使えない試合ではファーストに回るホセ・フェルナンデスのために左翼手を務めることになった。発注していたファーストミットや外野用グラブが開幕に間に合わなかったため、序盤戦は中村剛也のミットを借りて出場し、外野手用のグラブは栗山巧のものを借りてプレーしていた。交流戦明けからは他の選手の入れ替わりにより、一塁手、二塁手、三塁手、左翼手に加え右翼手も守った。守備の負担があったためか中盤は打撃の調子を落としていたが、再び一塁手に固定された10月は打率が.460とリーグトップの成績を残し、チームのクライマックスシリーズ出場に貢献したとして初の月間MVPを獲得した。浅村栄斗 フレッシュアイペディアより)

  • レオ (埼玉西武ライオンズ)

    レオ (埼玉西武ライオンズ)から見た中村剛也中村剛也

    2008年、関口宏の東京フレンドパークII(TBSテレビ)に石井一・涌井が来園した際にはホッケー対決時にお客さんを盛り上げたり、2009年さんまのまんまお正月SP(フジテレビ)に岸、涌井、栗山、片岡、中村が出演した際、本編が始まる前にまんまやラフくんなどと和気あいあいとしていた。また、2010年のフレンドパークでは、ライオンズと横浜ベイスターズとの球団対抗戦ということもあり、ベイスターズのホッシーゾとともに番組を盛り上げたが、行き過ぎたパフォーマンスもあり、関口宏支配人から「君たちはいいから。」と突っ込みを受けた。レオ (埼玉西武ライオンズ) フレッシュアイペディアより)

  • 岩鬼正美

    岩鬼正美から見た中村剛也中村剛也

    プロ野球編で捕手を守り不知火守をリードした時は滅茶苦茶なリードをしていたが、スーパースターズ編では最終的に中村剛也に打たれたものの8回まで無失点に抑えるリードをし、最後に打たれた球もインコースで併殺に仕留めようと考えていた球の失投であり、それなりに理論的なリードをしていた。岩鬼正美 フレッシュアイペディアより)

  • 小宮山悟

    小宮山悟から見た中村剛也中村剛也

    しかし、独特の握りをすることから、投げ損じることもしばしばあり、2005年のシーズン中、投げ損じたシェイクがど真ん中のスローボールとなり、西武の中村剛也に痛烈に本塁打された。小宮山は後に「揺れなかったのでアレはシェイクではない」と語っている。小宮山悟 フレッシュアイペディアより)

  • 8月15日

    8月15日から見た中村剛也中村剛也

    1983年 - 中村剛也、プロ野球選手8月15日 フレッシュアイペディアより)

  • 大阪桐蔭中学校・高等学校

    大阪桐蔭中学校・高等学校から見た中村剛也中村剛也

    中村剛也(埼玉西武ライオンズ)大阪桐蔭中学校・高等学校 フレッシュアイペディアより)

  • 山田太郎 (ドカベン)

    山田太郎 (ドカベン)から見た中村剛也中村剛也

    2008年、シーズン最終戦の対福岡ソフトバンクホークス戦(ヤフードーム)で、プロ野球新記録の6打席連続本塁打を放つ(和田毅4、杉内俊哉1、馬原孝浩1)。この6本塁打でシーズン通算46本塁打となり、中村剛也と並んで本塁打王を獲得。山田太郎 (ドカベン) フレッシュアイペディアより)

  • 千葉ロッテマリーンズ

    千葉ロッテマリーンズから見た中村剛也中村剛也

    3月11日に発生した東日本大震災では、本拠地・QVCマリンフィールドに目立った外傷はなかったが周辺が液状化現象を起こすなどあり、この年のQVCでのオープン戦はすべて中止となっている。また開幕が当初予定の3月25日から4月11日に延期となったことから、開幕戦はQVCでの楽天戦となり、6対4で敗れ開幕戦は6年連続敗戦となった。5月19日の対中日戦(QVC)の敗戦で勝率5割として以降は借金生活となり、6月8日の対阪神戦(QVC)の敗戦で最下位に転落。交流戦は8勝14敗2分の10位。6月29日にはサブローが工藤隆人プラス金銭で巨人にトレードされる。前半戦は借金1の3位で折り返す。9月7日の対西武戦(西武ドーム)に勝利し球団通算4000勝達成するが、9月29日には9年ぶりの11連敗を記録、翌日対日本ハム戦(QVC)に勝利連敗を止めるものの、この日3位オリックスが勝利してBクラスが確定、10月9日の対楽天戦(Kスタ宮城)に敗れたことで最下位が確定。前年日本一のチームが最下位になるのは日本プロ野球3度目、パ・リーグでは初めて。最終的には54勝79敗11分、首位ソフトバンクと33.5ゲーム、3位西武と13ゲーム差。得点は球団史上最低記録となる432、チーム本塁打は46本で球団史上最少、50本以下だったのは1959年の近鉄以来。2桁本塁打の選手がいなかったのは球団史上初。この年の本塁打王の西武中村剛也の48本を下回り、1959年の近鉄以来の記録となった金泰均が打撃不振や怪我がありシーズン途中9月に帰国、退団している。12月23日、この年6月に巨人に移籍したサブローがFA移籍で半年でロッテに復帰。千葉ロッテマリーンズ フレッシュアイペディアより)

  • 阿部真宏

    阿部真宏から見た中村剛也中村剛也

    移籍当初は代打や中村剛也の守備固めでの出場がメインだったが、中村の離脱後は相手先発投手がサウスポーの際、また内野ゴロの多い帆足和幸が先発する際は三塁手としてスタメン出場する機会が増えた。打率.256・出塁率.372、対左投手の打率は.307を記録し、控え内野手として戦力となった。10月1日、戦力外通告を受けた。10月30日に、同僚の大島裕行、平尾博嗣とともに任意引退公示された。阿部真宏 フレッシュアイペディアより)

  • 大東市

    大東市から見た中村剛也中村剛也

    中村剛也 - プロ野球選手(埼玉西武ライオンズ)(2009年-市民栄誉賞第一号)大東市 フレッシュアイペディアより)

65件中 41 - 50件表示

「中村剛也」のニューストピックワード