103件中 51 - 60件表示
  • 2012年のラジオ (日本)

    2012年のラジオ (日本)から見た中村剛也中村剛也

    文化放送 新春ビッグ対談〜内川聖一・中村剛也 ぼくらのベースボール〜(文化放送、14:30。ナビゲーター:斉藤一美)2012年のラジオ (日本) フレッシュアイペディアより)

  • 時刻表

    時刻表から見た中村剛也中村剛也

    また、埼玉西武ライオンズを保有していることから、西武ドームでの野球開催時臨時ダイヤも掲載されている。第20号では野球ダイヤページがカラー化され2007年時点での主力選手の選手紹介(中島、片岡、西口、和田、帆足、小野寺、赤田、中村、涌井)も掲載されていたが第21号では選手紹介の類は省略され時刻表部分も2色刷の時刻表になっている。かつては試合終了時間に合わせて臨時列車を運行していたため「行き」のみ掲載であったが近年は試合終了時間にかかわらず同一のダイヤで運行されるようになり、「帰り」のダイヤも掲載されている。なお、かつては西武園競輪への競輪ダイヤのページもあったが21号より西武園線および国分寺線ページの本文中に記載されている。時刻表 フレッシュアイペディアより)

  • 8月15日

    8月15日から見た中村剛也中村剛也

    1983年 - 中村剛也、プロ野球選手8月15日 フレッシュアイペディアより)

  • 坂田遼

    坂田遼から見た中村剛也中村剛也

    ニックネームは、チームメイトの中村剛也にかけて、「左のおかわり君」、またチームでは「アニキ」と呼ばれている。坂田遼 フレッシュアイペディアより)

  • 野原祐也

    野原祐也から見た中村剛也中村剛也

    野原 祐也(のはら ゆうや、1985年1月7日 - )は、埼玉県越谷市出身の元プロ野球選手(外野手、右投左打)・コーチ。2017年より社会人野球・OBC高島の監督。愛称は「富山のおかわり君」。野原祐也 フレッシュアイペディアより)

  • 香月一也

    香月一也から見た中村剛也中村剛也

    ロッテ入団時、高校時代に同じ大阪桐蔭出身の中村剛也に似ていると言われたことがあるというエピソードと、ロッテのお菓子「コアラのマーチ」のキャラクターにちなんで「おかわりコアラ」という愛称を球団職員につけられた。なお、自身も白米好きで大食漢。香月一也 フレッシュアイペディアより)

  • 大東市

    大東市から見た中村剛也中村剛也

    中村剛也 - プロ野球選手(埼玉西武ライオンズ)(2009年-市民栄誉賞第一号)大東市 フレッシュアイペディアより)

  • 中島裕之

    中島裕之から見た中村剛也中村剛也

    は第2回WBCの日本代表に選出された。1次選考選手発表の際にイチローは片岡易之・岸孝之らと共に「(選ばれれば)日本代表のキーマンになる3人」と語った。大会では2番遊撃手として出場、発熱で一部の試合を欠場したが、2度目のキューバ戦でスタメンに復帰した。チームトップの打率.364、出塁率.516、7打点を記録して日本代表の大会2連覇に貢献。ペナントレースでは開幕から25試合本塁打がなかったが、6月21日のヤクルト戦で通算100本塁打を達成。オールスターゲームに選手間投票によって選出され5度目の出場。第2戦でファウルボールを観客席に突っ込んで捕球するなどしてベストプレー賞を受賞し、「守備で賞を頂けたことがうれしい」とコメント。主に3番遊撃手としてリーグで唯一全試合フルイニング出場してシーズン後半には故障した中村剛也の代わりに4番打者も経験し、2年連続3割20本塁打20盗塁(史上5人目)、自己最多の92打点、173安打で自身初の最多安打、出塁率.398で2年連続となる最高出塁率のタイトルを獲得し、2年連続でベストナインも受賞。遊撃守備では初めて守備率.980台をマーク。中島裕之 フレッシュアイペディアより)

  • 帆足和幸

    帆足和幸から見た中村剛也中村剛也

    クライマックスシリーズ第2ステージでは10月19日の第3戦に先発し、2回に先頭小谷野栄一の一塁線の打球を一塁審判が一旦ファールの合図をした後にフェアと判定を覆し二塁打とされ、二死三塁で迎えたジェイソン・ボッツのサードゴロを中村剛也が一塁へ悪送球タイムリーエラー、3回には一死二三塁から田中賢介のゴロ間に1人生還、ターメル・スレッジにスリーランホームランを浴び5点差とされ、登板中は援護が無いまま5回5失点(自責4)で降板し敗戦投手となった。日本シリーズでは11月2日第2戦に先発し、2回に鶴岡一成の犠牲フライで1点先制されるが中島裕之の本塁打で逆転し、5回1失点1点リードで降板した。しかし2番手の大沼幸二があっさり同点に追いつかれたため同シリーズ初勝利とはならなかった。11月8日第6戦でも先発し、初回に3点援護を貰ったが2回に亀井義行の二塁打で1点返され、4回は無死1.2塁から亀井のセカンドゴロを片岡易之が処理にもたつき2点リード1死1.3塁で降板となった。なお、代わった岸孝之が最後まで無失点で繋ぎチームは勝利した。アジアシリーズでは予選リーグの11月13日対SKワイバーンズ戦に先発し、2回に朴栽弘に同点ソロ本塁打、4回にも李宰元の本塁打、朴哉相の安打でさらに3点失い3回1/3で降板し敗戦投手となった。帆足和幸 フレッシュアイペディアより)

  • 春日 俊彰

    春日俊彰から見た中村剛也中村剛也

    小学生の時は少年野球の経験もあり、プロ野球では埼玉西武ライオンズのファンである。西武の地元である埼玉県所沢出身で、球団が誕生した1979年生まれということもあり、幼少から西武ライオンズ友の会に入って応援している。西武ドームで観戦することもある。応援グッズの西武のメガホンは小学生の時から愛用している。大学生のときに西武ドームでアルバイトをしていた縁もあり、2012年5月3日に西武ドームで開催された対東北楽天ゴールデンイーグルス戦のイベントで「1日企画部長」に就任し、中村剛也内野手と一打席勝負を行ったり、ビールの売り子、グラウンド整備員などを行い試合を盛り上げた。春日俊彰 フレッシュアイペディアより)

103件中 51 - 60件表示

「中村剛也」のニューストピックワード