中村勘三郎 ニュース&Wiki etc.

十八代目 中村 勘三郎(じゅうはちだいめ なかむら かんざぶろう、1955年(昭和30年)5月30日 - 2012年(平成24年)12月5日)は、歌舞伎役者、俳優。本名は波野 哲明(なみの のりあき)。屋号は中村屋。定紋は角切銀杏、替紋は丸に舞鶴。舞踊名に藤間勘暢(ふじま かんちょう)がある。 (出典:Wikipedia)

つながり調べ

関連のありそうなワードから見た「中村勘三郎 (18代目)」のつながり調べ

  • 青山学院初等部

    青山学院初等部から見た中村勘三郎 (18代目)

    十八代目中村勘三郎(歌舞伎役者)(青山学院初等部 フレッシュアイペディアより)

  • 旧金毘羅大芝居

    旧金毘羅大芝居から見た中村勘三郎 (18代目)

    明治以降、稲荷座、千歳座、金丸座と名称が変わり、また地回りの芝居小屋や映画館(この際にかけすじが外される)と利用も移り変わった。映画産業の斜陽に従い、廃館となったため長く廃屋のような状態となる。(場所は現在の位置より参道や金倉川に近かった。現在は琴平町立歴史民俗資料館が建てられている。)1953年(昭和28年)11月に香川県の重要文化財として指定されるものの、熱心な復元運動も空しく、1964年(昭和39年)には指定を解除された。しかし、芝居小屋として江戸末期の劇場建築を考える上で重要な建築物として再評価され、1970年(昭和45年)には国の重要文化財として指定を受けた。(この際に名称は旧金毘羅大芝居となった。)修復の必要性や火災などの恐れもあり、文化財として保存を図るために、1972年(昭和47年)には移築復元工事が開始され、1976年(昭和51年)3月に現在の位置(琴平町乙1241番地)へ竣工した。この移築復元後に二代目中村吉右衛門や五代目中村勘九郎などがテレビ番組で上演を熱望するなど、上演の機運が高まり、1985年(昭和60年)に第一回の「四国こんぴら歌舞伎大芝居」が公演された。これより年1回、春の定期公演が行われるようになる。(旧金毘羅大芝居 フレッシュアイペディアより)

「中村勘三郎 (18代目)」から見た関連のありそうなワードのつながり調べ

「中村勘三郎」のニューストピックワード