前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
131件中 1 - 10件表示
  • 鰯売恋曳網

    鰯売恋曳網から見た中村勘三郎 (18代目)中村勘三郎 (18代目)

    本作は1954年(昭和29年)、雑誌『演劇界』11月号に掲載され、同年11月2日より芸術祭11月大歌舞伎として、歌舞伎座で中村勘三郎の猿源氏、中村歌右衛門の蛍火その他により初演されたものである。以降繰り返し上演され、十七代目勘三郎ののちは、十八代目中村勘三郎の猿源氏と坂東玉三郎の蛍火によって上演されてきた人気演目である。三島の純文学とは趣きの異なる娯楽的作風だが、余裕を感じさせるファルスとして高評価された。室町時代の御伽草子『猿源氏草子』をもとに、『魚鳥平家』、『小夜姫の草子』などの部分を取り入れていると三島は述べている。鰯売恋曳網 フレッシュアイペディアより)

  • 旧金毘羅大芝居

    旧金毘羅大芝居から見た中村勘三郎 (18代目)中村勘三郎 (18代目)

    明治以降、稲荷座、千歳座、金丸座と名称が変わり、また地回りの芝居小屋や映画館(この際にかけすじが外される)と利用も移り変わった。映画産業の斜陽に従い、廃館となったため長く廃屋のような状態となる。(場所は現在の位置より参道や金倉川に近かった。現在は琴平町立歴史民俗資料館が建てられている。)1953年(昭和28年)11月に香川県の重要文化財として指定されるものの、熱心な復元運動も空しく、1964年(昭和39年)には指定を解除された。しかし、芝居小屋として江戸末期の劇場建築を考える上で重要な建築物として再評価され、1970年(昭和45年)には国の重要文化財として指定を受けた。(この際に名称は旧金毘羅大芝居となった。)修復の必要性や火災などの恐れもあり、文化財として保存を図るために、1972年(昭和47年)には移築復元工事が開始され、1976年(昭和51年)3月に現在の位置(琴平町乙1241番地)へ竣工した。この移築復元後に二代目中村吉衛門や五代目中村勘九郎などがテレビ番組で上演を熱望するなど、上演の機運が高まり、1985年(昭和60年)に第一回の「四国こんぴら歌舞伎大芝居」が公演された。これより年1回、春の定期公演が行われるようになる。旧金毘羅大芝居 フレッシュアイペディアより)

  • 第58回NHK紅白歌合戦

    第58回NHK紅白歌合戦から見た中村勘三郎 (18代目)中村勘三郎 (18代目)

    SMAPの出番前にて、鶴瓶が中居に「あなただけ紅組で歌うのか白組で歌うのか?」と聞き、中居は「心境の整理が付いていない」としたが、松本に「整理付けた方がいいですよ」と言われ、「歌は白組の一員として頑張ります」と返した。SMAPがスタンバイに入る中、鶴瓶が松本に「芸能界で刺激を受ける2組の存在がいる」と話し、1組目がゲスト審査員で親友の中村勘三郎、2組目がSMAPだとそれぞれ明かした。そして、鶴瓶はステージ上の中居に「中居、今日は本当にどうもありがとう」と感謝のメッセージを贈り、SMAPの曲タイトルの読み上げを行った。第58回NHK紅白歌合戦 フレッシュアイペディアより)

  • 同朋高等学校

    同朋高等学校から見た中村勘三郎 (18代目)中村勘三郎 (18代目)

    1958年に設置され、2008年に創立50周年を迎えた。2006年には18代目中村勘三郎が、歌舞伎史上初めて体育館での襲名披露歌舞伎興行(名古屋平成中村座)を行った。同朋高等学校 フレッシュアイペディアより)

  • 中村梅彌 (2代目)

    中村梅彌 (2代目)から見た中村勘三郎 (18代目)中村勘三郎 (18代目)

    また、義弟である18代目中村勘三郎が主宰する『平成中村座』公演では『太閤桜』の振り付けや父芝翫が新橋演舞場顔見世狂言で演じた『梅の栄』、『鐘ケ岬』、『魂まつり』の振り付けを任される。またテレビドラマの『御宿かわせみ』、『うぬぼれ刑事』、 実弟である9代目中村福助が主演した映画『娘道成寺 蛇炎の恋』(2004年)、末弟の3代目中村橋之助主演舞台『魔界転生』(2006年)、『憑神』(2007年)などの所作指導や振り付けも担当する。また伝統歌舞伎保存会の講師として若手歌舞伎俳優の育成にも努めている。中村梅彌 (2代目) フレッシュアイペディアより)

  • アッちゃんのベビーギャング

    アッちゃんのベビーギャングから見た中村勘三郎 (18代目)中村勘三郎 (18代目)

    主人公・アッちゃんを演じたのは、当時6歳にして歌舞伎役者の五代目中村勘九郎(→十八代目中村勘三郎)。本作ではアッちゃんのほか、自分自身の二役で出演する。アッちゃんのベビーギャング フレッシュアイペディアより)

  • ベビーギャングとお姐ちゃん

    ベビーギャングとお姐ちゃんから見た中村勘三郎 (18代目)中村勘三郎 (18代目)

    本作でも前作同様、アッちゃん役は五代目中村勘九郎(→十八代目中村勘三郎)が演じ、更にラストの歌舞伎のシーンでは、勘九郎が自らの役で二役出演し、観客役の実父・十七代目中村勘三郎から「中村屋ッ!」と叫ばれるシーンもある。ベビーギャングとお姐ちゃん フレッシュアイペディアより)

  • 第50回NHK紅白歌合戦

    第50回NHK紅白歌合戦から見た中村勘三郎 (18代目)中村勘三郎 (18代目)

    白組司会は過去2年間それを担当していたSMAPの中居正広の続投が有力視されていたが、実際にはこの年の大河ドラマ『元禄繚乱』に主演した中村勘九郎(後の中村勘三郎)が選ばれた。一方、紅組司会は久保純子が多くのメディアの予想通りに続投した。第50回NHK紅白歌合戦 フレッシュアイペディアより)

  • 槇 大輔

    槇大輔から見た中村勘三郎 (18代目)中村勘三郎 (18代目)

    中村勘九郎ニューヨーク公演密着槇大輔 フレッシュアイペディアより)

  • 中村芝翫 (7代目)

    中村芝翫 (7代目)から見た中村勘三郎 (18代目)中村勘三郎 (18代目)

    波野好江(夫が十八代目中村勘三郎中村芝翫 (7代目) フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
131件中 1 - 10件表示

「中村勘三郎」のニューストピックワード