前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
168件中 1 - 10件表示
  • 鰯売恋曳網

    鰯売恋曳網から見た中村勘三郎 (18代目)中村勘三郎 (18代目)

    1954年(昭和29年)、雑誌『演劇界』11月号に掲載され、同年11月2日より芸術祭11月大歌舞伎として、歌舞伎座で中村勘三郎の猿源氏、中村歌右衛門の蛍火で初演された。以降繰り返し上演され、十七代目勘三郎ののちは、十八代目中村勘三郎の猿源氏と坂東玉三郎の蛍火によって上演されてきた人気演目である。鰯売恋曳網 フレッシュアイペディアより)

  • 明石家さんま

    明石家さんまから見た中村勘三郎 (18代目)中村勘三郎 (18代目)

    2013年2月1日、NHKと日本テレビがテレビ放送開始60周年を記念して共同制作した大型特別番組『60番勝負』の第1夜に、日本テレビの土屋敏男からのオファーを受け出演。さんまのNHK出演自体は、1985年の連続テレビ小説『澪つくし』以来28年ぶりという触れ込みだが、実際には1999年に友人の中村勘九郎が主演した大河ドラマ『元禄繚乱』に笑福亭鶴瓶とともにゲスト出演している。NHK制作のバラエティ番組への出演は『クイズ面白ゼミナール』の1983年2月27日放送分以来、実に30年ぶりであったと本人は自覚しているがその後も同番組に数回出演している。明石家さんま フレッシュアイペディアより)

  • 旧金毘羅大芝居

    旧金毘羅大芝居から見た中村勘三郎 (18代目)中村勘三郎 (18代目)

    明治以降、稲荷座、千歳座、金丸座と名称が変わり、また地回りの芝居小屋や映画館(この際にかけすじが外される)と利用も移り変わった。映画産業の斜陽に従い、廃館となったため長く廃屋のような状態となる。(場所は現在の位置より参道や金倉川に近かった。現在は琴平町立歴史民俗資料館が建てられている。)1953年(昭和28年)11月に香川県の重要文化財として指定されるものの、熱心な復元運動も空しく、1964年(昭和39年)には指定を解除された。しかし、芝居小屋として江戸末期の劇場建築を考える上で重要な建築物として再評価され、1970年(昭和45年)には国の重要文化財として指定を受けた。(この際に名称は旧金毘羅大芝居となった。)修復の必要性や火災などの恐れもあり、文化財として保存を図るために、1972年(昭和47年)には移築復元工事が開始され、1976年(昭和51年)3月に現在の位置(琴平町乙1241番地)へ竣工した。この移築復元後に二代目中村吉右衛門や五代目中村勘九郎などがテレビ番組で上演を熱望するなど、上演の機運が高まり、1985年(昭和60年)に第一回の「四国こんぴら歌舞伎大芝居」が公演された。これより年1回、春の定期公演が行われるようになる。旧金毘羅大芝居 フレッシュアイペディアより)

  • 第58回NHK紅白歌合戦

    第58回NHK紅白歌合戦から見た中村勘三郎 (18代目)中村勘三郎 (18代目)

    SMAPの出番前にて、鶴瓶が中居に「あなただけ紅組で歌うのか白組で歌うのか?」と聞き、中居は「心境の整理が付いていない」としたが、松本に「整理付けた方がいいですよ」と言われ、「歌は白組の一員として頑張ります」と返した。SMAPがスタンバイに入る中、鶴瓶が松本に「芸能界で刺激を受ける2組の存在がいる」と話し、1組目がゲスト審査員で親友の中村勘三郎、2組目がSMAPだとそれぞれ明かした。そして、鶴瓶はステージ上の中居に「中居、今日は本当にどうもありがとう」と感謝のメッセージを贈り、SMAPの曲タイトルの読み上げを行った。第58回NHK紅白歌合戦 フレッシュアイペディアより)

  • 中村勘九郎 (6代目)

    中村勘九郎 (6代目)から見た中村勘三郎 (18代目)中村勘三郎 (18代目)

    父は十八代目中村勘三郎、弟は二代目中村七之助。父方の祖父は十七代目中村勘三郎で、母方の祖父は七代目中村芝翫。父方の伯母は女優の波乃久里子。妻は女優の前田愛。義妹は女優の前田亜季。中村勘九郎 (6代目) フレッシュアイペディアより)

  • 一周忌特別番組 勘三郎 最期の言葉

    一周忌特別番組 勘三郎 最期の言葉から見た中村勘三郎 (18代目)中村勘三郎 (18代目)

    『一周忌特別番組 勘三郎 最期の言葉 初公開映像が明かす壮絶生き様…家族愛700日全記録』(いっしゅうきとくべつばんぐみ かんざぶろうさいごのことばはつこうかいえいぞうがあかすそうぜついきざまかぞくあい700にちぜんきろく)は、2013年12月7日にフジテレビ土曜プレミアム枠で放送された歌舞伎俳優・18代目中村勘三郎に密着したドキュメンタリー番組である。一周忌特別番組 勘三郎 最期の言葉 フレッシュアイペディアより)

  • ベビーギャングとお姐ちゃん

    ベビーギャングとお姐ちゃんから見た中村勘三郎 (18代目)中村勘三郎 (18代目)

    本作でも前作同様、アッちゃん役は五代目中村勘九郎(→十八代目中村勘三郎)が演じ、更にラストの歌舞伎のシーンでは、勘九郎が自らの役で二役出演し、実父・十七代目中村勘三郎が観客役でカメオ出演している。ベビーギャングとお姐ちゃん フレッシュアイペディアより)

  • 髪結い伊三次

    髪結い伊三次から見た中村勘三郎 (18代目)中村勘三郎 (18代目)

    第9話に中村勘九郎(現・中村勘三郎)が船頭役でゲスト出演している。髪結い伊三次 フレッシュアイペディアより)

  • 澤村藤十郎 (2代目)

    澤村藤十郎 (2代目)から見た中村勘三郎 (18代目)中村勘三郎 (18代目)

    東京都出身。父は八代目澤村宗十郎、兄は九代目 澤村宗十郎であり、いとこには六代目 澤村田之助。妻・千代枝は十七代目 中村勘三郎の二女。新派女優の波乃久里子は義姉、十八代目 中村勘三郎は義弟にあたる。澤村藤十郎 (2代目) フレッシュアイペディアより)

  • アッちゃんのベビーギャング

    アッちゃんのベビーギャングから見た中村勘三郎 (18代目)中村勘三郎 (18代目)

    主人公・アッちゃんを演じたのは、当時6歳にして歌舞伎役者の五代目中村勘九郎(→十八代目中村勘三郎)。本作ではアッちゃんのほか、自分自身の二役で出演する。アッちゃんのベビーギャング フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
168件中 1 - 10件表示

「中村勘三郎」のニューストピックワード