131件中 91 - 100件表示
  • 太地喜和子

    太地喜和子から見た中村勘三郎 (18代目)中村勘三郎 (18代目)

    私生活では、俳優座養成所時代からの同期だった秋野太作と1974年に結婚するも、短期間で離婚。その他三國連太郎、中村勘三郎、尾上菊五郎、志村けんとのロマンスが取り沙汰されたこともあったが、「私はサービス精神がある限り、見ている人にこの人は帰ったら所帯があると思わせてはいけない」というポリシーを持っており、離婚後は他界するまで独身を通した。また当時の映画界・芸能界の女性としては池波志乃らと共に大変な酒豪で鳴らした。「本当に愛したひとは三國さんだけ」と公言し映画「飢餓海峡」のロケを追い俳優座を辞め北海道に渡ったが、左幸子演ずる杉戸八重に嫉妬し、数ヶ月で俳優座に戻り女優一筋の道を選ぶ。その後文学座で加藤武に育てられる。その後、雑誌上で三國と最初で最後の対談をしているが、その場でも八重に猛烈な嫉妬心を語っている。太地喜和子 フレッシュアイペディアより)

  • 市川猿翁 (2代目)

    市川猿翁 (2代目)から見た中村勘三郎 (18代目)中村勘三郎 (18代目)

    しかし猿之助はそうした逆境を見事に克服する。やがて宙乗りがない従前の演出で上演した「四ノ切」が「つまらない」と不入りになると、七代目尾上菊五郎のような権門家の宗家までもが猿之助版の「四ノ切」を上演しはじめるようになったのである。この宙乗りの演出は元々、猿之助が三代目實川延若から教わったのが最初で、その後「四ノ切」に限らず、近年では後進の歌舞伎役者も多く取り入れており、前述の七代目尾上菊五郎をはじめ、十二代目市川團十郎、九代目松本幸四郎、十八代目中村勘三郎らも宙乗りの演出を使った公演を行うようになった。市川猿翁 (2代目) フレッシュアイペディアより)

  • 中村 獅童

    中村獅童 (2代目)から見た中村勘三郎 (18代目)中村勘三郎 (18代目)

    無名時代から、遠戚(父の従兄=いとこおじ)である五代目 中村勘九郎に世話になり、「兄さん」と慕っている。その縁で、『たけしの誰でもピカソ』で中村座を特集した際、勘九郎に世話人に指名され、ビートたけしら出演者に、歌舞伎の指導を行った。そして、その後自らが特集されたものの、その事が出演者に忘れ去られ、VTRを見てやっと思い出してくれたが、流石に落胆していた。中村獅童 (2代目) フレッシュアイペディアより)

  • 坂東 三津五郎

    坂東三津五郎 (10代目)から見た中村勘三郎 (18代目)中村勘三郎 (18代目)

    また、同い年で幼馴染の十八代目中村勘三郎との交友ぶりはよく知られ、勘三郎の企画に名を連ねることが多かった。2012年12月5日の勘三郎の訃報を聞き、無言の帰宅をした勘三郎宅に駆けつけ、盟友の死に『人生の半分をもぎ取られたようだ』というコメントを残している。坂東三津五郎 (10代目) フレッシュアイペディアより)

  • 2012年のテレビドラマ (日本)

    2012年のテレビドラマ (日本)から見た中村勘三郎 (18代目)中村勘三郎 (18代目)

    8日 - 5日に急逝した歌舞伎俳優の十八世中村勘三郎(享年57)を偲び、フジテレビの土曜ワイド枠(15:30-17:25、関東ローカル)にて主演ドラマ『天切り松 闇がたり』(関西テレビ制作、2004年7月30日放送)を再放送。2012年のテレビドラマ (日本) フレッシュアイペディアより)

  • 隅田川続俤

    隅田川続俤から見た中村勘三郎 (18代目)中村勘三郎 (18代目)

    十八代目中村勘三郎:法界坊、写真集『中村勘九郎 法界坊』を出版する他、2007年には平成中村座ニューヨーク公演で演じている。隅田川続俤 フレッシュアイペディアより)

  • 山川静夫

    山川静夫から見た中村勘三郎 (18代目)中村勘三郎 (18代目)

    古典芸能、とりわけ歌舞伎に対する造詣・関わりが強く、國學院大學在学中には歌舞伎研究会を自ら設立させた。その当時から役者の声まねを得意とし、ラジオの素人参加番組ではその卓越した技芸で常連となっていた。また、先代(17代)中村勘三郎とは私生活でも親交が深く、学生時代には勘三郎は二役を務める舞台などで、特に勘三郎の声まねを得意としていた山川を使い、早替りのための時間稼ぎに山川の声を使い、その間を繋げたことも度々あったという。その声は、勘三郎夫人にも違いが判らなかったほどの出来栄えであった。長男の18代目とも親交があり、彼の訃報に際しては『ニュースウォッチ9』で想い出を語った。山川静夫 フレッシュアイペディアより)

  • 1955年

    1955年から見た中村勘三郎 (18代目)中村勘三郎 (18代目)

    5月30日 - 中村勘三郎18世、歌舞伎俳優(+ 2012年)1955年 フレッシュアイペディアより)

  • 若杉宏二

    若杉宏二から見た中村勘三郎 (18代目)中村勘三郎 (18代目)

    中村勘三郎奮闘「寝坊な豆腐屋」夜の部 演出:栗山民也 森光子・中村勘三郎特別公演(2007年、新橋演舞場)若杉宏二 フレッシュアイペディアより)

  • 河井継之助

    河井継之助から見た中村勘三郎 (18代目)中村勘三郎 (18代目)

    平成17年(2005年)12月27日放送の松竹・日本テレビ制作による2時間半の年末大型時代劇。原作に関する情報は不明だが、大筋で小説『峠』の内容を踏襲している。18代目中村勘三郎が演じ、18代目中村勘三郎襲名記念作品でもある。河井継之助 フレッシュアイペディアより)

131件中 91 - 100件表示

「中村勘三郎」のニューストピックワード