168件中 101 - 110件表示
  • 森の石松

    森の石松から見た中村勘三郎 (18代目)中村勘三郎 (18代目)

    「森の石松 すし食いねェ!ご存じ暴れん坊一代」(1992年、フジテレビ) - 森の石松:五代目 中村勘九郎森の石松 フレッシュアイペディアより)

  • イーオン

    イーオンから見た中村勘三郎 (18代目)中村勘三郎 (18代目)

    中村勘三郎 \(18代目\)(2007年 - 2008年頃)イーオン フレッシュアイペディアより)

  • 第49回NHK紅白歌合戦

    第49回NHK紅白歌合戦から見た中村勘三郎 (18代目)中村勘三郎 (18代目)

    翌年の『大河ドラマ』の主演者が審査員に起用されることが慣例的な中、今回では翌年作品『元禄繚乱』の主演・中村勘九郎(後の中村勘三郎)の選出はなかった(応援ゲストでの出演もなし。なお、同作出演者の松平健が審査員を担当)。一方、勘九郎は翌年白組司会に起用されている(紅組司会は久保が続投。また当初白組司会について、マスコミ報道では中居の3年連続起用が有力視されていた)。第49回NHK紅白歌合戦 フレッシュアイペディアより)

  • ディア・ドクター

    ディア・ドクターから見た中村勘三郎 (18代目)中村勘三郎 (18代目)

    勅使河原恭平:中村勘三郎ディア・ドクター フレッシュアイペディアより)

  • 中村仲助

    中村仲助から見た中村勘三郎 (18代目)中村勘三郎 (18代目)

    六代目中村勘九郎(のちの十八代目中村勘三郎)の門弟。1965- 。屋号、中村屋。当代。中村仲助 フレッシュアイペディアより)

  • 中島丈博

    中島丈博から見た中村勘三郎 (18代目)中村勘三郎 (18代目)

    1999年、大河ドラマ『元禄繚乱』の打ち上げの席で、大石内蔵助役で主演の中村勘九郎の演技を「目が死んでいる」と非難。勘九郎とつかみ合いになる。徳川綱吉役で出演していた萩原健一は、収録現場で勘九郎が脚本のセリフを自己流に言い換えていたので、中島の怒りを買ったのではないかと推測している。中島丈博 フレッシュアイペディアより)

  • 第40回NHK紅白歌合戦

    第40回NHK紅白歌合戦から見た中村勘三郎 (18代目)中村勘三郎 (18代目)

    中村勘九郎(歌舞伎俳優):この年芸術祭賞を受賞。第40回NHK紅白歌合戦 フレッシュアイペディアより)

  • 宮本亜門

    宮本亜門から見た十八代目中村勘三郎中村勘三郎 (18代目)

    新橋演舞場前の喫茶店「須川」(現「茶房 絵李花」)を営む両親の元に生まれる。出生名は「宮本亮次」。幼い頃から新橋演舞場に出入りし、松竹歌劇団専属の元ダンサーだった母の影響により、銀座を中心に歌舞伎座、日劇、日比谷の映画館等にも通いつめる。幼稚園時代には、藤間流家元の藤間勘十郎の下で日本舞踊を習い始め、同門に十八代目中村勘三郎がいる。またこの時期、映画館で知ったハリウッドミュージカルが好きになる。また小学生頃(港区立白金小学校在籍)からは茶道をたしなみ、将来は真剣に裏千家の家元か日本美術史研究家になると夢見て、中学から仏像や神社仏閣の美に魅せられる。また母が肝硬変を患っており、度々死の宣告を医者から受けていたこともあり、精神世界の美術に興味がいったのが原因にもなっている。宮本亜門 フレッシュアイペディアより)

  • 2012年のラジオ (日本)

    2012年のラジオ (日本)から見た中村勘三郎 (18代目)中村勘三郎 (18代目)

    秘蔵音源で振り返る 舞台を、人生を、駆け抜けた、第十八代中村勘三郎(ニッポン放送、15:00)2012年のラジオ (日本) フレッシュアイペディアより)

  • 山田洋次

    山田洋次から見た中村勘三郎 (18代目)中村勘三郎 (18代目)

    錦秋演舞場祭り 中村勘三郎奮闘 十月大歌舞伎「人情噺文七元結」(2007年10月2日 - 26日、新橋演舞場) - 演出山田洋次 フレッシュアイペディアより)

168件中 101 - 110件表示

「中村勘三郎」のニューストピックワード