168件中 11 - 20件表示
  • 中村芝翫 (7代目)

    中村芝翫 (7代目)から見た中村勘三郎 (18代目)中村勘三郎 (18代目)

    大向こうの掛け声は屋号の「成駒屋」のほかに、芝翫邸が東京都港区神谷町に在することから「神谷町」とかかったこともある。娘婿の十八代目中村勘三郎は芝翫邸に稽古に通った日々のことを思い起こして『神谷町学校』と表現している。中村芝翫 (7代目) フレッシュアイペディアより)

  • 中村座

    中村座から見た中村勘三郎 (18代目)中村勘三郎 (18代目)

    中村座の定式幕は、左から「黒」「白」「柿色」の引き幕だった。「白」の使用は中村座に限って幕府から特別に許された色であった。現在は十八代目中村勘三郎の襲名興行や平成中村座の公演などで使用されている。中村座 フレッシュアイペディアより)

  • 豊臣秀吉 天下を獲る!

    豊臣秀吉 天下を獲る!から見た中村勘三郎 (18代目)中村勘三郎 (18代目)

    『豊臣秀吉 天下を獲る!』(とよとみひでよし てんかをとる)は、1995年(平成7年)1月2日の正午から午後11時52分までテレビ東京で放送された12時間超ワイドドラマ(のちの新春ワイド時代劇)である。主演は中村勘九郎(5代目。のちの18代目中村勘三郎)。全六部。テレビ東京開局30周年および松竹創業100年記念番組。2013年12月19日からKBS京都で木曜19時00分にて、1時間枠のため再編集版を放送している。豊臣秀吉 天下を獲る! フレッシュアイペディアより)

  • 第50回NHK紅白歌合戦

    第50回NHK紅白歌合戦から見た中村勘三郎 (18代目)中村勘三郎 (18代目)

    両組司会については、紅組司会には2年連続での登板となる久保純子(NHKの女性アナウンサーが複数回紅組司会を担当するケースは初めて)、白組司会にはこの年の大河ドラマ『元禄繚乱』の主演・中村勘九郎(後の中村勘三郎)がそれぞれ起用された。前者は「NHK内の紅白司会者の希望アンケートで驚く程上位だったこと」、後者は「1900年代・1000年代を振り返るには赤穂浪士と歌舞伎が欠かせない」ということが選出理由とされた。歌舞伎役者からの司会起用はこれが初。勘九郎はかつて、大竹しのぶとのデュエットシングル「愛の朝」を発売したことがある程度で、音楽への関わりはほとんどなかった。勘九郎は司会発表会見で「(白組司会決定の際)重大な話があると聞かされ、(『元禄繚乱』内での)討ち入りのシーンの撮り直しかと思った」と述べ会場の笑いを誘った。第50回NHK紅白歌合戦 フレッシュアイペディアより)

  • 第51回NHK紅白歌合戦

    第51回NHK紅白歌合戦から見た中村勘三郎 (18代目)中村勘三郎 (18代目)

    『スポーツニッポン』(10月10日付) - 「紅組司会は久保の3連投が有力。1996年上期の連続テレビ小説『ひまわり』のヒロイン出身の松嶋菜々子(且つ前回の審査員)も候補に挙がるが、関係者の話を総合すると久保の続投が有力」「白組司会については、前回担当者の中村勘九郎(後の中村勘三郎)が前回の司会を『最初で最後』としており、NHK側も連投の要請はしない方針。制作側では今年の紅白を「20世紀の総括」と位置付け、芸能史、歌謡史を踏まえたベテランから人選する意向だ。安定した司会ぶりに定評のある堺正章、この年の大河ドラマ『葵 徳川三代』の主演・西田敏行ら白組司会経験者も候補リストにのぼっている」第51回NHK紅白歌合戦 フレッシュアイペディアより)

  • 中村梅彌 (2代目)

    中村梅彌 (2代目)から見た中村勘三郎 (18代目)中村勘三郎 (18代目)

    義弟である十八代目中村勘三郎が主宰する『平成中村座』公演では『太閤桜』の振り付けや父芝翫が新橋演舞場顔見世狂言で演じた『梅の栄』、『鐘ケ岬』、『魂まつり』の振り付けを任される。またテレビドラマの『御宿かわせみ』、『うぬぼれ刑事』、 実弟である九代目中村福助が主演した映画『娘道成寺 蛇炎の恋』(2004年)、末弟の三代目中村橋之助主演舞台『魔界転生』(2006年)、『憑神』(2007年)などの所作指導や振り付けも担当する。また伝統歌舞伎保存会の講師として若手歌舞伎俳優の育成にも努めている。中村梅彌 (2代目) フレッシュアイペディアより)

  • 1999年のテレビ (日本)

    1999年のテレビ (日本)から見た中村勘三郎 (18代目)中村勘三郎 (18代目)

    第50回NHK紅白歌合戦を放送。紅組司会は久保純子(当時東京アナウンス室アナウンサー)、白組司会は中村勘九郎(後の18代中村勘三郎、2012年没)が務めた。お笑いコンビとんねるずの2人と、フジテレビ系『とんねるずのみなさんのおかげでした』のスタッフにより結成されたユニット・野猿が初出場したことも話題になった。1999年のテレビ (日本) フレッシュアイペディアより)

  • 青砥稿花紅彩画

    青砥稿花紅彩画から見た中村勘三郎 (18代目)中村勘三郎 (18代目)

    弁天小僧は戦前は五代目の実子の六代目尾上菊五郎、十五代目市村羽左衛門、戦後は十七代目中村勘三郎、七代目尾上梅幸、そして現在は五代目の曾孫の七代目尾上菊五郎、さらにその子の五代目尾上菊之助、ほかに十八代目中村勘三郎らに受け継がれている。青砥稿花紅彩画 フレッシュアイペディアより)

  • 歌舞伎

    歌舞伎から見た中村勘三郎 (18代目)中村勘三郎 (18代目)

    戦後の全盛期を迎えた1960年代 - 1970年代には次々と新しい動きが起こる。特に明治以降、軽視されがちだった歌舞伎本来の様式が重要だという認識が広がった。昭和40年(1965年)に芸能としての歌舞伎が重要無形文化財に指定され(保持者として伝統歌舞伎保存会の構成員を総合認定)、国立劇場が開場し、復活狂言の通し上演などの興行が成功する。国立劇場はさかんに高校生のための歌舞伎教室を開催して、数十年後の歌舞伎ファンの創出につとめた。その後大阪には映画館を改装した大阪松竹座、福岡には博多座が開場し歌舞伎の興行はさらに充実さを増す。さらに、三代目市川猿之助は復活狂言を精力的に上演し、その中では一時は蔑まれたケレンの要素が復活された。猿之助はさらに演劇形式としての歌舞伎を模索し、スーパー歌舞伎というより大胆な演出を強調した歌舞伎を創り出した。また2000年代では、十八代目中村勘三郎によるコクーン歌舞伎、平成中村座の公演、四代目坂田藤十郎などによる関西歌舞伎の復興などが目を引くようになった。また歌舞伎の演出にも蜷川幸雄や野田秀樹といった現代劇の演出家が迎えられるなど、新しいかたちの歌舞伎を模索する動きが盛んになっている現代の歌舞伎公演は、劇場設備などをとっても、江戸時代のそれと全く同じではない。その中で長い伝統を持つ歌舞伎の演劇様式を核に据えながら、現代的な演劇として上演していく試みが続いている。このような公演活動を通じて、歌舞伎は現代に生きる伝統芸能としての評価を得るに至っている。歌舞伎 フレッシュアイペディアより)

  • 渡辺えり

    渡辺えりから見た中村勘三郎 (18代目)中村勘三郎 (18代目)

    1996年6月9日、劇団3○○所属の12歳年下の若手俳優・土屋良太と東京都渋谷区の代々木八幡宮で挙式。仲人は5代目中村勘九郎が務めた。渡辺えり フレッシュアイペディアより)

168件中 11 - 20件表示

「中村勘三郎」のニューストピックワード