131件中 31 - 40件表示
  • コクーン歌舞伎

    コクーン歌舞伎から見た中村勘三郎 (18代目)中村勘三郎 (18代目)

    1994年5月、歌舞伎役者の十八代目中村勘三郎(初演時は五代目中村勘九郎)、コクーン歌舞伎 フレッシュアイペディアより)

  • 髪結い伊三次

    髪結い伊三次から見た中村勘三郎 (18代目)中村勘三郎 (18代目)

    第9話に中村勘九郎(現・中村勘三郎)が船頭役でゲスト出演している。髪結い伊三次 フレッシュアイペディアより)

  • ホワイトバンドプロジェクト

    ホワイトバンドプロジェクトから見た中村勘三郎 (18代目)中村勘三郎 (18代目)

    日本版クリッキングフィルム出演者 - カヒミ・カリィ、北島康介、小雪、桜井和寿、佐藤琢磨、SHIHO、田中麗奈、玉置浩二、津川雅彦、TERU、中島美嘉、中田英寿、中村勘三郎 \(18代目\)、一青窈、藤原紀香、古田敦也、松嶋菜々子、MISIA、宮沢和史、村上龍、柳楽優弥 (50音順)ホワイトバンドプロジェクト フレッシュアイペディアより)

  • 幕末青春グラフィティ 福沢諭吉

    幕末青春グラフィティ 福沢諭吉から見た中村勘三郎 (18代目)中村勘三郎 (18代目)

    福沢諭吉生誕150年を記念して製作され、TBSで放映されたスペシャルドラマ。中村勘九郎(現:18代目中村勘三郎)が若き日の福沢諭吉を演じた。幕末青春グラフィティ 福沢諭吉 フレッシュアイペディアより)

  • 関西歌舞伎

    関西歌舞伎から見た中村勘三郎 (18代目)中村勘三郎 (18代目)

    この公演は1989年(昭和64年)まで十回続く。東京からは宗十郎、藤十郎兄弟のほか、十七代目中村勘三郎・五代目中村勘九郎親子、七代目尾上梅幸、十代目市川海老蔵、七代目尾上菊五郎、二代目中村吉右衛門、九代目松本幸四郎、五代目中村富十郎。地元は十三代目片岡仁左衛門、十三代目片岡我童、二代目中村鴈治郎、片岡孝夫、五代目片岡我當、二代目片岡秀太郎、三代目實川延若、七代目嵐徳三郎、二代目中村扇雀などが参加。毎年大いに話題を呼び場所も第2回から中座で行われるようになった。関西歌舞伎の聖地である道頓堀に歌舞伎役者の幟が立ちならび、大阪の夏の年中行事となった。「関西歌舞伎を育てる会」は「関西歌舞伎を愛する会」として現在に至っている。関西歌舞伎 フレッシュアイペディアより)

  • 夏祭浪花鑑

    夏祭浪花鑑から見た中村勘三郎 (18代目)中村勘三郎 (18代目)

    お辰は三婦役の役者に対抗できるだけの芸力が求められる。今日では四代目澤村源之助のやり方が主流である。とくに引っ込みの際、おつぎに声をかけられたあと、「こちの人が好くのはここやない」と顔を指し「ここでござんす。ごめんやす」と胸をたたく爽快な演出は源之助の考案したもの。十七目中村勘三郎と十八代目中村勘三郎父子は、それぞれ団七との早替わり二役をつとめている。また、衣装も黒帷子に黒繻子の帯、浅黄の綿帽子、それに日傘を差して出る美しい夏のいでたちとなっている。顔のやけどを盆に移移し見て、その盆を畳について三婦を見上げる型もある。夏祭浪花鑑 フレッシュアイペディアより)

  • 中村又五郎 (2代目)

    中村又五郎 (2代目)から見た中村勘三郎 (18代目)中村勘三郎 (18代目)

    このように、立役においては六代目菊五郎から有形無形の影響を受けたと又五郎も語っており、まさしく菊吉時代の申し子とでもいうべき役者だった。そうした背景から、九代目松本幸四郎、二代目中村吉右衛門、十八代目中村勘三郎など、若い役者への芸の継承に情熱を注ぎ、「斯界のお師匠番」と呼ばれた。中村又五郎 (2代目) フレッシュアイペディアより)

  • 藤山直美

    藤山直美から見た中村勘三郎 (18代目)中村勘三郎 (18代目)

    実父は喜劇俳優で松竹新喜劇で活躍した藤山寛美。5人姉妹(註:長姉・次姉は母の連れ子で、直美(三女)・四女・五女(俳優酒井扇治郎の母)が寛美の実子)で唯一父と同じ道を歩み、以後舞台を中心に活躍する。1962年(昭和37年)、NHKのテレビ番組『桂春団治』で実父との親子共演でデビュー。小学校に入学する前には子役として吉本新喜劇の舞台に立つこともあったという。近年は中村勘三郎、波乃久里子、柄本明らと共演することが多い。藤山直美 フレッシュアイペディアより)

  • 波乃 久里子

    波乃久里子から見た中村勘三郎 (18代目)中村勘三郎 (18代目)

    十八代目中村勘三郎は実弟で、弟の息子であり甥でもある六代目中村勘九郎や二代目中村七之助からは、名前の「久里子」の『くり』から「マロン」というあだ名で呼ばれている。波乃久里子 フレッシュアイペディアより)

  • 新派

    新派から見た中村勘三郎 (18代目)中村勘三郎 (18代目)

    60年を超えた今日も、二代目水谷八重子、波乃久里子、安井昌二、英太郎、紅貴代らが、新派を支えている。また歌舞伎界との交流も盛んで、当代では五代目坂東玉三郎、十五代目片岡仁左衛門、十八代目中村勘三郎らが時折新派の舞台に出演している。他の劇団出身者とも交流し、著名な俳優たちが客演参加している。新派 フレッシュアイペディアより)

131件中 31 - 40件表示

「中村勘三郎」のニューストピックワード