131件中 41 - 50件表示
  • 事件屋稼業 (漫画)

    事件屋稼業 (漫画)から見た中村勘三郎 (18代目)中村勘三郎 (18代目)

    テレビドラマは当初2012年12月7日に放送される予定だったが、12月5日に十八代目中村勘三郎が逝去した為、追悼特別番組を急遽放送する事になったため延期となった。事件屋稼業 (漫画) フレッシュアイペディアより)

  • ゲンと不動明王

    ゲンと不動明王から見た中村勘三郎 (18代目)中村勘三郎 (18代目)

    原作:岡部冬彦/脚本:井手俊郎/監督:杉江敏男/主演:五代目中村勘九郎(→十八代目中村勘三郎)ゲンと不動明王 フレッシュアイペディアより)

  • 花影 (1961年の映画)

    花影 (1961年の映画)から見た中村勘三郎 (18代目)中村勘三郎 (18代目)

    原作:岡部冬彦/脚本:井手俊郎/監督:杉江敏男/主演:五代目中村勘九郎(→十八代目中村勘三郎)花影 (1961年の映画) フレッシュアイペディアより)

  • 青砥稿花紅彩画

    青砥稿花紅彩画から見た中村勘三郎 (18代目)中村勘三郎 (18代目)

    なおこの「祖父さんの」の部分は弁天小僧をつとめる役者によって言い換えられる。それはその役者自身と、弁天小僧とは不可分な「尾上菊五郎」との続柄によってきまるもので、すなわち当代の七代目尾上菊五郎は祖父が六代目尾上菊五郎なのでそのまま「祖父さんの」と言うが、その父・七代目尾上梅幸にとっては六代目菊五郎は父にあたるためこれを「とっつぁんの」と言った。また六代目菊五郎自身もその父が五代目尾上菊五郎なのでやはりこれを「とっつぁんの」としており、最近では五代目尾上菊之助が演じる場合も、祖父だと七代目梅幸になるため、「とっつあんの」としている。さて菊五郎・菊之助・梅幸といった「菊五郎」縁者の役者はそれで良いが、弁天小僧は他家の役者も度々つとめる人気の役どころである。そうした際には彼らは尾上宗家に遠慮して、ここを「音羽屋の」と言い換える。ただし、十八代目中村勘三郎に限ってはここをそのまま「祖父さんの」と言ったが、これは勘三郎の母方の祖父が他ならぬ六代目菊五郎であるためである。青砥稿花紅彩画 フレッシュアイペディアより)

  • 横内謙介

    横内謙介から見た中村勘三郎 (18代目)中村勘三郎 (18代目)

    きらら浮世伝(出演:中村勘九郎、原田大二郎)横内謙介 フレッシュアイペディアより)

  • 中村座

    中村座から見た中村勘三郎 (18代目)中村勘三郎 (18代目)

    中村座の定式幕は、左から「黒」「白」「柿色」の引き幕だった。「白」の使用は中村座に限って幕府から特別に許された色であった。現在は十八代目中村勘三郎の襲名興行や平成中村座の公演などで使用されている。中村座 フレッシュアイペディアより)

  • 平成中村座

    平成中村座から見た中村勘三郎 (18代目)中村勘三郎 (18代目)

    歌舞伎役者の十八代目中村勘三郎(初演時は五代目中村勘九郎)と演出家の串田和美らが中心となって、浅草・隅田公園内に江戸時代の芝居小屋を模した仮設劇場を設営して「平成中村座」と名付け、2000年(平成12年)11月に歌舞伎『隅田川続俤 法界坊』を上演したのが始まりである。平成中村座 フレッシュアイペディアより)

  • Ryu's Bar 気ままにいい夜

    Ryu's Bar 気ままにいい夜から見た中村勘三郎 (18代目)中村勘三郎 (18代目)

    1990年10月7日からは中村勘九郎(5代目)司会のトーク番組『今宵はKANKURO』スタートに伴い、同じ日曜日の23:00 - 23:30に移動したが、1991年3月31日をもって3年半の放送を終了した。最終回のゲストは村上龍の希望で、柄谷行人といとうせいこうが出演した。Ryu's Bar 気ままにいい夜 フレッシュアイペディアより)

  • 高橋貞二

    高橋貞二から見た中村勘三郎 (18代目)中村勘三郎 (18代目)

    中村勘三郎 \(18代目\)(高橋と『今日もまたかくてありなん』で共演)高橋貞二 フレッシュアイペディアより)

  • 藤間勘祖 (2世)

    藤間勘祖 (2世)から見た中村勘三郎 (18代目)中村勘三郎 (18代目)

    1969年(昭和44年)4月 十七代目中村勘三郎、十八代目中村勘三郎主演の「連獅子」を構成、振付。勘三郎父子の姿がリンクし、中村屋の当たり役にある。他の役者も父子で演じるきっかけになった。藤間勘祖 (2世) フレッシュアイペディアより)

131件中 41 - 50件表示

「中村勘三郎」のニューストピックワード