168件中 61 - 70件表示
  • この胸いっぱいの愛を

    この胸いっぱいの愛をから見た中村勘三郎 (18代目)中村勘三郎 (18代目)

    花を愛する男 :中村勘三郎この胸いっぱいの愛を フレッシュアイペディアより)

  • 市川猿翁 (2代目)

    市川猿翁 (2代目)から見た中村勘三郎 (18代目)中村勘三郎 (18代目)

    しかし猿之助はそうした逆境を見事に克服する。やがて宙乗りがない従前の演出で上演した「四ノ切」が「つまらない」と不入りになると、七代目尾上菊五郎のような権門家の宗家までもが猿之助版の「四ノ切」を上演しはじめるようになったのである。この宙乗りの演出は元々、猿之助が三代目實川延若から教わったのが最初で、その後「四ノ切」に限らず、近年では後進の歌舞伎役者も多く取り入れており、前述の七代目尾上菊五郎をはじめ、十二代目市川團十郎、九代目松本幸四郎、十八代目中村勘三郎らも宙乗りの演出を使った公演を行うようになった。市川猿翁 (2代目) フレッシュアイペディアより)

  • 日本芸術院賞

    日本芸術院賞から見た中村勘三郎 (18代目)中村勘三郎 (18代目)

    1999年 五代目中村勘九郎 歌舞伎 立役日本芸術院賞 フレッシュアイペディアより)

  • 幻の殺意

    幻の殺意から見た中村勘三郎 (18代目)中村勘三郎 (18代目)

    田代稔 - 中村勘九郎(現・中村勘三郎幻の殺意 フレッシュアイペディアより)

  • 平成中村座

    平成中村座から見た中村勘三郎 (18代目)中村勘三郎 (18代目)

    歌舞伎役者の18世中村勘三郎(初演時は五代目中村勘九郎)と演出家の串田和美らが中心となって、浅草・隅田公園内に江戸時代の芝居小屋を模した仮設劇場を設営して「平成中村座」と名付け、2000年(平成12年)11月に歌舞伎『隅田川続俤 法界坊』を上演したのが始まりである。平成中村座 フレッシュアイペディアより)

  • 花影 (1961年の映画)

    花影 (1961年の映画)から見た中村勘三郎 (18代目)中村勘三郎 (18代目)

    原作:岡部冬彦/脚本:井手俊郎/監督:杉江敏男/主演:五代目中村勘九郎(→十八代目中村勘三郎)花影 (1961年の映画) フレッシュアイペディアより)

  • 永山武臣

    永山武臣から見た中村勘三郎 (18代目)中村勘三郎 (18代目)

    また、歌舞伎俳優の大名跡の襲名を相次いで仕掛け、7代目尾上菊五郎(1973年(昭和48年))や「高麗屋三代」(1981年(昭和56年))、12代目市川團十郎(1985年(昭和60年))、11代目市川海老蔵、4代目坂田藤十郎、18代目中村勘三郎などの襲名披露興行を指揮した。永山武臣 フレッシュアイペディアより)

  • 中村勘三郎 (17代目)

    中村勘三郎 (17代目)から見た中村勘三郎 (18代目)中村勘三郎 (18代目)

    十八代目中村勘三郎は長男、新派の波乃久里子は長女、六代目中村勘九郎と二代目中村七之助は孫。中村勘三郎 (17代目) フレッシュアイペディアより)

  • 中村七之助 (2代目)

    中村七之助 (2代目)から見た中村勘三郎 (18代目)中村勘三郎 (18代目)

    1983年(昭和58年)5月18日、五代目中村勘九郎(十八代目中村勘三郎)の次男として誕生。2歳年上の兄は六代目中村勘九郎、義姉は女優の前田愛。中村七之助 (2代目) フレッシュアイペディアより)

  • 夏祭浪花鑑

    夏祭浪花鑑から見た中村勘三郎 (18代目)中村勘三郎 (18代目)

    お辰は三婦役の役者に対抗できるだけの芸力が求められる。今日では四代目澤村源之助のやり方が主流である。とくに引っ込みの際、おつぎに声をかけられたあと、「こちの人が好くのはここやない」と顔を指し「ここでござんす。ごめんやす」と胸をたたく爽快な演出は源之助の考案したもの。十七目中村勘三郎と十八代目中村勘三郎父子は、それぞれ団七との早替わり二役をつとめている。また、衣装も黒帷子に黒繻子の帯、浅黄の綿帽子、それに日傘を差して出る美しい夏のいでたちとなっている。顔のやけどを盆に移移し見て、その盆を畳について三婦を見上げる型もある。夏祭浪花鑑 フレッシュアイペディアより)

168件中 61 - 70件表示

「中村勘三郎」のニューストピックワード