168件中 81 - 90件表示
  • 中村小山三 (2代目)

    中村小山三 (2代目)から見た中村勘三郎 (18代目)中村勘三郎 (18代目)

    中村屋の重鎮俳優として17代目、18代目の2人の中村勘三郎に仕え、現役最古参の歌舞伎俳優として89年の長きに亘り舞台に立ち続けた。その活動に、18代目中村勘三郎は主役級の舞台挨拶に指名したうえで感謝の言葉を送っている。中村小山三 (2代目) フレッシュアイペディアより)

  • 座頭市 THE LAST

    座頭市 THE LASTから見た中村勘三郎 (18代目)中村勘三郎 (18代目)

    政吉(旅の博徒):中村勘三郎座頭市 THE LAST フレッシュアイペディアより)

  • 中村又五郎 (2代目)

    中村又五郎 (2代目)から見た中村勘三郎 (18代目)中村勘三郎 (18代目)

    このように、立役においては六代目菊五郎から有形無形の影響を受けたと又五郎も語っており、まさしく菊吉時代の申し子とでもいうべき役者だった。そうした背景から、九代目松本幸四郎、二代目中村吉右衛門、十八代目中村勘三郎など、若い役者への芸の継承に情熱を注ぎ、「斯界のお師匠番」と呼ばれた。中村又五郎 (2代目) フレッシュアイペディアより)

  • 若杉宏二

    若杉宏二から見た中村勘三郎 (18代目)中村勘三郎 (18代目)

    中村勘三郎奮闘「寝坊な豆腐屋」夜の部 演出:栗山民也 森光子・中村勘三郎特別公演(2007年、新橋演舞場)若杉宏二 フレッシュアイペディアより)

  • 桂林寺 (三好市)

    桂林寺 (三好市)から見た中村勘三郎 (18代目)中村勘三郎 (18代目)

    中村重勝は歌舞伎役者の初代中村勘三郎の父とする説があり、2009年(平成21年)4月15日に18代目中村勘三郎が墓参りに訪れた。桂林寺 (三好市) フレッシュアイペディアより)

  • 桂春団治

    桂春団治から見た中村勘三郎 (18代目)中村勘三郎 (18代目)

    この版から松竹新喜劇の上演ではなくなる。藤山寛美十三回忌追善のため、大阪では沢田研二を、東京では中村勘三郎 \(18代目\)を起用して、藤山直美と二枚看板で興行を行うことになった。演出の宮永雄平が、平戸敬二補綴の第二バージョンをリメイクした。前半部に架空のエピソードを挿入し、大詰め幕切れで桂春団治とおとき(藤山直美)が並び立つようにした。桂春団治 フレッシュアイペディアより)

  • 太地喜和子

    太地喜和子から見た中村勘三郎 (18代目)中村勘三郎 (18代目)

    私生活では、俳優座養成所時代からの同期だった秋野太作と1974年に結婚するも、短期間で離婚。その他三國連太郎、十八代目中村勘三郎、七代目尾上菊五郎、志村けんとのロマンスが取り沙汰されたこともあったが、「私はサービス精神がある限り、見ている人にこの人は帰ったら所帯があると思わせてはいけない」というポリシーを持っており、離婚後は生涯、独身を通した。また当時の女優としては池波志乃らと共に大変な酒豪で鳴らした。「本当に愛したひとは三國さんだけ」と公言し、映画「飢餓海峡」のロケを追い俳優座を辞め北海道に渡ったが、左幸子演ずる杉戸八重に嫉妬し、数ヶ月で俳優座に戻り女優一筋の道を選ぶ。その後文学座で加藤武に育てられる。その後、雑誌上で三國と最初で最後の対談をしているが、その場でも八重に対する猛烈な嫉妬心を語っている。太地喜和子 フレッシュアイペディアより)

  • 2018年のテレビ特別番組一覧/単発特番

    2018年のテレビ特別番組一覧/単発特番から見た中村勘三郎 (18代目)中村勘三郎 (18代目)

    14日 - 勘三郎が遺したもの 〜中村勘九郎・七之助 古き芝居小屋を巡る旅(BSフジ)2018年のテレビ特別番組一覧/単発特番 フレッシュアイペディアより)

  • 志村&鶴瓶のあぶない交遊録

    志村&鶴瓶のあぶない交遊録から見た中村勘三郎 (18代目)中村勘三郎 (18代目)

    ゲスト:新庄剛志、小池栄子、矢沢心、中村勘九郎志村&鶴瓶のあぶない交遊録 フレッシュアイペディアより)

  • 尾上 紫

    尾上紫から見た中村勘三郎 (18代目)中村勘三郎 (18代目)

    二代目尾上菊之丞および六世藤間勘十郎に師事。3歳のときに新橋演舞場にて初舞台に立ち、幼少期は十八代目中村勘三郎(当時、五代目中村勘九郎)の『鏡獅子』で胡蝶役を演じるなど歌舞伎興行等に出演する。尾上紫 フレッシュアイペディアより)

168件中 81 - 90件表示

「中村勘三郎」のニューストピックワード