131件中 81 - 90件表示
  • 市川左團次 (4代目)

    市川左團次 (4代目)から見た中村勘三郎 (18代目)中村勘三郎 (18代目)

    歌舞伎での口上で舞台に登場する場合も、必ず笑いを取る口上をするため、これを楽しみにするファンも多い。加えて、隔年開催される俳優祭なる歌舞伎役者のイベントでは、必ずと言っていいほど「とんでもないこと」をやるため、これ目当てで来る人も多いという。十八代目中村勘三郎の襲名披露では、『昔、端役だった頃に勘三郎の前にいた自分がオナラをしてしまった』という話で場内が爆笑となっていたが、その刹那真顔に戻り「まずは、お祝い申し上げまする次第にござりまする?」とガラリと変わるのがまた面白く、場内は割れんばかりの拍手になった。市川左團次 (4代目) フレッシュアイペディアより)

  • 尾上菊五郎 (6代目)

    尾上菊五郎 (6代目)から見た中村勘三郎 (18代目)中村勘三郎 (18代目)

    長男・清晁は二代目尾上九朗右衛門となる。長女・久枝は十七代目中村勘三郎の妻となり、十八代目中村勘三郎を生んだ。次女・多喜子は六代目清元延壽太夫の妻となり、当代の清元延壽太夫を生んだ。尾上菊五郎 (6代目) フレッシュアイペディアより)

  • 黄桜

    黄桜から見た中村勘三郎 (18代目)中村勘三郎 (18代目)

    中村勘三郎 \(18代目\)×(山廃仕込:当時の5代目・中村勘九郎として出演)黄桜 フレッシュアイペディアより)

  • 穂花

    穂花から見た中村勘三郎 (18代目)中村勘三郎 (18代目)

    明石家さんまによると、他にも中村勘三郎、ラサール石井、松尾伴内も彼女のファンとのこと。また、タカアンドトシのトシも彼女のファンであることを、「やりすぎコージー」でハリセンボンの箕輪はるかに暴露された。さらに、チュートリアルの福田充徳がファンである。穂花 フレッシュアイペディアより)

  • 黒木華

    黒木華から見た中村勘三郎 (18代目)中村勘三郎 (18代目)

    京都造形芸術大学では林海象、東陽一らに師事して演技を学ぶ。大学在学中の2009年に野田秀樹の演劇ワークショップに参加し、オーディションに合格してNODA・MAPの公演『ザ・キャラクター』にアンサンブルとして出演してデビューした。さらに番外公演の『表に出ろいっ!』ではヒロイン役のダブルキャストの一人として十八代目中村勘三郎らとともに舞台に立った。黒木華 フレッシュアイペディアより)

  • 第40回NHK紅白歌合戦

    第40回NHK紅白歌合戦から見た中村勘三郎 (18代目)中村勘三郎 (18代目)

    中村勘九郎(歌舞伎俳優)第40回NHK紅白歌合戦 フレッシュアイペディアより)

  • 歌舞伎

    歌舞伎から見た中村勘三郎 (18代目)中村勘三郎 (18代目)

    戦後の全盛期を迎えた1960年代 - 1970年代には次々と新しい動きが起こる。特に明治以降、軽視されがちだった歌舞伎本来の様式が重要だという認識が広がった。昭和40年(1965年)に芸能としての歌舞伎が重要無形文化財に指定され(保持者として伝統歌舞伎保存会の構成員を総合認定)、国立劇場が開場し、復活狂言の通し上演などの興行が成功する。その後大阪には映画館を改装した大阪松竹座、福岡には博多座が開場し歌舞伎の興行はさらに充実さを増す。さらに、三代目市川猿之助は復活狂言を精力的に上演し、その中では一時は蔑まれたケレンの要素が復活された。猿之助はさらに演劇形式としての歌舞伎を模索し、スーパー歌舞伎というより大胆な演出を強調した歌舞伎を創り出した。また近年では、十八代目中村勘三郎によるコクーン歌舞伎、平成中村座の公演、四代目坂田藤十郎などによる関西歌舞伎の復興などが目を引くようになった。また歌舞伎の演出にも蜷川幸雄や野田秀樹といった現代劇の演出家が迎えられるなど、新しいかたちの歌舞伎を模索する動きが盛んになっている現代の歌舞伎公演は、劇場設備などをとっても、江戸時代のそれと全く同じではない。その中で長い伝統を持つ歌舞伎の演劇様式を核に据えながら、現代的な演劇として上演していく試みが続いている。このような公演活動を通じて、歌舞伎は現代に生きる伝統芸能としての評価を得るに至っている。歌舞伎 フレッシュアイペディアより)

  • 中村七之助 (2代目)

    中村七之助 (2代目)から見た中村勘三郎 (18代目)中村勘三郎 (18代目)

    1983年(昭和58年)5月18日、五代目中村勘九郎(十八代目中村勘三郎)の次男として誕生。2歳年上の兄・六代目中村勘九郎がいる。中村七之助 (2代目) フレッシュアイペディアより)

  • 金曜プレステージ

    金曜プレステージから見た中村勘三郎 (18代目)中村勘三郎 (18代目)

    さようなら勘三郎さん 独占密着…最後の日々(2012年12月7日、18代目中村勘三郎が逝去されたことによる緊急特番)金曜プレステージ フレッシュアイペディアより)

  • 毛髪クリニックリーブ21

    毛髪クリニックリーブ21から見た中村勘三郎 (18代目)中村勘三郎 (18代目)

    CMは、歌舞伎役者の18代目中村勘三郎をイメージキャラクターに起用した新CMを2012年3月23日より放映開始した。内容は実際にあった感動秘話100件のうちの9件を、スタッフ側の話をもとに構成したノンフィクションもので、勘三郎がストーリーテラーという設定で紹介している。過去には歌手・タレントの和田アキ子や代表取締役社長の岡村勝正、発毛日本一コンテストの優秀者、研究員、スタッフ、実際の利用者だったニットデザイナーの広瀬光治や、島田紳助(和田アキ子と共演)が出演した。過去にも名高達男や松崎しげるなどの俳優・歌手・タレントを起用し、インパクトあるCM作りに力を入れている。毛髪クリニックリーブ21 フレッシュアイペディアより)

131件中 81 - 90件表示

「中村勘三郎」のニューストピックワード