前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
202件中 1 - 10件表示
  • 中村勘三郎 (18代目)

    中村勘三郎 (18代目)から見た波乃久里子

    また現代劇にも積極的に出演し、特に長姉・波乃久里子や藤山直美・柄本明らと組んで出演した『浅草パラダイス』は長期にわたる人気演目となった。2006年(平成18年)には同じ顔合わせで『ヨイショ!の神様』にも出演している。中村勘三郎 (18代目) フレッシュアイペディアより)

  • 中村勘三郎 (18代目)

    中村勘三郎 (18代目)から見た歌舞伎座

    2013年(平成25年)4月には新生・歌舞伎座こけら落としを控えていた歌舞伎界に在って、その牽引役の一人と目されていた十八世勘三郎の死は梨園にとどまらず、各界各方面から「大きな損失」と惜しまれた。中村勘三郎 (18代目) フレッシュアイペディアより)

  • 中村勘三郎 (18代目)

    中村勘三郎 (18代目)から見た大竹しのぶ

    12月5日午前2時33分、急性呼吸窮迫症候群のため、東京都文京区の日本医科大学付属病院で死去。 。最期は家族の他、親交の深かった女優の大竹しのぶ・演出家の野田秀樹・野球評論家の江川卓が看取った。中村勘三郎 (18代目) フレッシュアイペディアより)

  • 中村勘三郎 (18代目)

    中村勘三郎 (18代目)から見た篠山紀信

    2009年(平成21年)10月28日に執り行われた長男:二代目勘太郎(現六代目勘九郎)と前田愛の結婚式並びに披露宴の際には、長男夫婦の晴れ姿を見て嬉しさの余りに酒を飲みすぎてしまい、予定していた記者会見をキャンセルした。この結婚式の際に記念写真として撮影したモーニング姿の一枚が、2012年12月11日の自身の密葬の際の遺影として採用された(12月27日の本葬で採用された遺影はこの時のものではなく、2005年1月29日の「十八代目中村勘三郎を祝う会」の折、篠山紀信によって撮影されたものである)。中村勘三郎 (18代目) フレッシュアイペディアより)

  • 中村勘三郎 (18代目)

    中村勘三郎 (18代目)から見たフジテレビジョン

    1999年、フジテレビ系列「しのぶとえり子のふっふっふ」(MC・大竹しのぶ、渡辺えり子)に出演。若かりし頃の話として、ミュージカルで共演した大竹しのぶを「大好きになっちゃって」と、本気で恋愛感情を抱いた事を語っており、成就する事は無かったものの、大竹もその思いには気づいていた旨を述べている。しかし決して暴露話にはならず、相手を立てながらオープンに、「微笑ましい思い出話」として語られている。これも勘三郎の人柄と話術の巧みさがあっての事であった。大竹は「(渡辺も含め)こうやって昔の話が出来る友達って、素敵ですよね。…青春ですよね。」とコメントしている。中村勘三郎 (18代目) フレッシュアイペディアより)

  • 中村勘三郎 (18代目)

    中村勘三郎 (18代目)から見た中村勘九郎 (6代目)

    父は十七代目中村勘三郎、父方の祖父は三代目中村歌六、母方の祖父は六代目尾上菊五郎で、長男は六代目中村勘九郎、次男は二代目中村七之助。妻・好江は七代目中村芝翫の次女で、日本舞踊中村流の二代目中村梅彌は義姉、九代目中村福助、八代目中村芝翫は義弟にあたる。また、次姉・千代枝の夫は二代目澤村藤十郎で義兄にあたる。また部屋子に生前「三人目の倅。」と可愛がっていたという中村鶴松がいる。中村勘三郎 (18代目) フレッシュアイペディアより)

  • 中村勘三郎 (18代目)

    中村勘三郎 (18代目)から見た佐藤浩市

    藤山直美との付き合いは、歌舞伎公演がほぼ松竹の独占的状況で行われている関係で、双方の親の代から誼を通じていたことによる(父親の項を参照)。歌舞伎以外の人脈もそこから派生して広がり、勘三郎自身が開拓したものも多かった。生前の交友は世代を問わず幅広く、宮藤官九郎、明石家さんま、佐藤浩市、立川談志、笑福亭鶴瓶と非常に仲が良かった。中村勘三郎 (18代目) フレッシュアイペディアより)

  • 中村勘三郎 (18代目)

    中村勘三郎 (18代目)から見た星野源

    星野源のアルバム『Stranger』に収録されている「化物」は、勘三郎へ宛てた曲だという(二人は舞台での共演経験がある)。中村勘三郎 (18代目) フレッシュアイペディアより)

  • 中村勘三郎 (18代目)

    中村勘三郎 (18代目)から見た市川團十郎 (12代目)

    2005年(平成17年)3月3日、歌舞伎座『鬼一法眼三略巻』「一條大蔵譚」の一條大蔵卿、『近江源氏先陣館』「盛綱陣屋」の佐々木盛綱ほかで十八代目中村勘三郎を襲名。以後5月まで3ヵ月間にわたる襲名興行は十二代目市川團十郎以来の事。中村勘三郎 (18代目) フレッシュアイペディアより)

  • 中村勘三郎 (18代目)

    中村勘三郎 (18代目)から見た立川談志

    藤山直美との付き合いは、歌舞伎公演がほぼ松竹の独占的状況で行われている関係で、双方の親の代から誼を通じていたことによる(父親の項を参照)。歌舞伎以外の人脈もそこから派生して広がり、勘三郎自身が開拓したものも多かった。生前の交友は世代を問わず幅広く、宮藤官九郎、明石家さんま、佐藤浩市、立川談志、笑福亭鶴瓶と非常に仲が良かった。中村勘三郎 (18代目) フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
202件中 1 - 10件表示

「中村勘三郎」のニューストピックワード