202件中 101 - 110件表示
  • 中村勘三郎 (18代目)

    中村勘三郎 (18代目)から見た隅田公園

    12月27日、前日には6代目勘九郎と七之助が南座公演千秋楽を盛況のうちに閉幕させた、この日の正午、都内中央区:築地本願寺にて本葬が営まれ、多くの芸能関係者や一般の弔問客など1万2000人が訪れた。当日、遺骨の乗せた車は午前9時に自宅を出発、平成中村座の跡地である隅田公園・山谷堀広場を皮切りに、新橋演舞場、歌舞伎座など、故人ゆかりの場所を回った後に築地本願寺に到着した。隅田公園には700人以上、歌舞伎座には200人のファンが集まった。特に隅田公園では、「あやめ連」が賑やかな祭囃子を披露、勘三郎の遺骨を胸に抱いた勘九郎と七之助、好江未亡人や勘九郎夫人の前田愛らが見守る中、18代目勘三郎、6代目勘九郎襲名披露の際に使用されたゆかりの神輿が、平成中村座の従業員や浅草仲見世商店街の人々によって担がれ、祭り好きだった故人を粋に送り出した。葬儀では初舞台の『昔噺桃太郎』から2012年5月、平成中村座で上演された『め組の喧嘩』までの当たり役の数々とプライベート映像を交えた約15分の特別映像が流され、大竹しのぶ、野田秀樹、坂東三津五郎らが弔辞を読んだ。また、一般焼香は1万人を超え、2キロにも及ぶ長い列を作った。中村勘三郎 (18代目) フレッシュアイペディアより)

  • 中村勘三郎 (18代目)

    中村勘三郎 (18代目)から見た目明かし

    7月、ニューヨーク市リンカーンセンター内に、平成中村座を設営して『夏祭浪花鑑』を上演。演出に串田和美を迎え、幕切れでは花道から続々と出てくる目明かしの代わりにニューヨーク市警の警官たちを舞台奥からパトカーで登場させ、団七・徳兵衛にピストルの銃口を一斉に向けて「フリーズ!」と叫ばせ、観客を驚かせた。ニューヨーク・タイムズ紙は「(当時上映中の)大作映画よりはるかに刺激的で面白い」と絶賛した。中村勘三郎 (18代目) フレッシュアイペディアより)

  • 中村勘三郎 (18代目)

    中村勘三郎 (18代目)から見た築地本願寺

    12月27日、前日には6代目勘九郎と七之助が南座公演千秋楽を盛況のうちに閉幕させた、この日の正午、都内中央区:築地本願寺にて本葬が営まれ、多くの芸能関係者や一般の弔問客など1万2000人が訪れた。当日、遺骨の乗せた車は午前9時に自宅を出発、平成中村座の跡地である隅田公園・山谷堀広場を皮切りに、新橋演舞場、歌舞伎座など、故人ゆかりの場所を回った後に築地本願寺に到着した。隅田公園には700人以上、歌舞伎座には200人のファンが集まった。特に隅田公園では、「あやめ連」が賑やかな祭囃子を披露、勘三郎の遺骨を胸に抱いた勘九郎と七之助、好江未亡人や勘九郎夫人の前田愛らが見守る中、18代目勘三郎、6代目勘九郎襲名披露の際に使用されたゆかりの神輿が、平成中村座の従業員や浅草仲見世商店街の人々によって担がれ、祭り好きだった故人を粋に送り出した。葬儀では初舞台の『昔噺桃太郎』から2012年5月、平成中村座で上演された『め組の喧嘩』までの当たり役の数々とプライベート映像を交えた約15分の特別映像が流され、大竹しのぶ、野田秀樹、坂東三津五郎らが弔辞を読んだ。また、一般焼香は1万人を超え、2キロにも及ぶ長い列を作った。中村勘三郎 (18代目) フレッシュアイペディアより)

  • 中村勘三郎 (18代目)

    中村勘三郎 (18代目)から見たニューヨーク市

    7月、ニューヨーク市リンカーンセンター内に、平成中村座を設営して『夏祭浪花鑑』を上演。演出に串田和美を迎え、幕切れでは花道から続々と出てくる目明かしの代わりにニューヨーク市警の警官たちを舞台奥からパトカーで登場させ、団七・徳兵衛にピストルの銃口を一斉に向けて「フリーズ!」と叫ばせ、観客を驚かせた。ニューヨーク・タイムズ紙は「(当時上映中の)大作映画よりはるかに刺激的で面白い」と絶賛した。中村勘三郎 (18代目) フレッシュアイペディアより)

  • 中村勘三郎 (18代目)

    中村勘三郎 (18代目)から見たリンカーンセンター

    7月、ニューヨーク市リンカーンセンター内に、平成中村座を設営して『夏祭浪花鑑』を上演。演出に串田和美を迎え、幕切れでは花道から続々と出てくる目明かしの代わりにニューヨーク市警の警官たちを舞台奥からパトカーで登場させ、団七・徳兵衛にピストルの銃口を一斉に向けて「フリーズ!」と叫ばせ、観客を驚かせた。ニューヨーク・タイムズ紙は「(当時上映中の)大作映画よりはるかに刺激的で面白い」と絶賛した。中村勘三郎 (18代目) フレッシュアイペディアより)

  • 中村勘三郎 (18代目)

    中村勘三郎 (18代目)から見たアッちゃんのベビーギャング

    アッちゃんのベビーギャング』(1961年)- アッちゃん 役中村勘三郎 (18代目) フレッシュアイペディアより)

  • 中村勘三郎 (18代目)

    中村勘三郎 (18代目)から見た科白

    2007年(平成19年)7月、平成中村座ニューヨーク公演。今回はリンカーンセンターのエイヴリー・フィッシャー・ホールの内装を芝居小屋風にして上演。演出は再び串田和美で、『隅田川続俤』(法界坊)を科白の一部を英語で廻したり、花道は設けずに既存の通路のそこかしこを駆使した工夫を凝らした演出が好評だった。中村勘三郎 (18代目) フレッシュアイペディアより)

  • 中村勘三郎 (18代目)

    中村勘三郎 (18代目)から見たミュージカル

    以後、舞台、映画、テレビ・ラジオで子役として活躍。その天真爛漫で、有名俳優との共演にも物怖じひとつしない、のびのびとした演技は「天才少年」と称され、父や祖父の芸を受け継ぐ、歌舞伎界のホープとして期待された。思春期を迎えて以降も、父・十七代目勘三郎からの厳しい指導の傍ら、ミュージカルなど、様々な分野の活動に貪欲に挑み、演技力に磨きをかけていく。その後も貪欲に学び、勇壮な立役から女方まで幅広い役柄を器用に演じ、当代随一の人気俳優となっていった。「元禄忠臣蔵」や「髪結新三」、そして「鏡獅子」などの舞台は特に高い評価を得た。中村勘三郎 (18代目) フレッシュアイペディアより)

  • 中村勘三郎 (18代目)

    中村勘三郎 (18代目)から見たシビウ国際演劇祭

    シビウ国際演劇祭 ウォーク・オブ・フェイム受賞(没後追贈)中村勘三郎 (18代目) フレッシュアイペディアより)

  • 中村勘三郎 (18代目)

    中村勘三郎 (18代目)から見た顔 (2000年の映画)

    』(2000年) - 山本俊郎 役中村勘三郎 (18代目) フレッシュアイペディアより)

202件中 101 - 110件表示

「中村勘三郎」のニューストピックワード