190件中 31 - 40件表示
  • 中村勘三郎 (18代目)

    中村勘三郎 (18代目)から見た松竹

    藤山直美との付き合いは、歌舞伎公演がほぼ松竹の独占的状況で行われている関係で、双方の親の代から誼を通じていたことによる(父親の項を参照)。歌舞伎以外の人脈もそこから派生して広がり、勘三郎自身が開拓したものも多かった。生前の交友は世代を問わず幅広く、宮藤官九郎、明石家さんま、佐藤浩市、立川談志、笑福亭鶴瓶と非常に仲が良かった。中村勘三郎 (18代目) フレッシュアイペディアより)

  • 中村勘三郎 (18代目)

    中村勘三郎 (18代目)から見たテレビ東京

    12時間超ワイドドラマ『大忠臣蔵』(1989年、テレビ東京) - 多門伝八郎 役中村勘三郎 (18代目) フレッシュアイペディアより)

  • 中村勘三郎 (18代目)

    中村勘三郎 (18代目)から見た大石良金

    舞台・ドラマの「忠臣蔵」で、今まで大石主税・大石内蔵助・浅野内匠頭を演じており「これで吉良上野介を演じたら、忠臣蔵グランドスラムになりますね(笑)」と、吉良役のオファーが来るのを楽しみにしていたという。中村勘三郎 (18代目) フレッシュアイペディアより)

  • 中村勘三郎 (18代目)

    中村勘三郎 (18代目)から見た浅野長矩

    舞台・ドラマの「忠臣蔵」で、今まで大石主税・大石内蔵助・浅野内匠頭を演じており「これで吉良上野介を演じたら、忠臣蔵グランドスラムになりますね(笑)」と、吉良役のオファーが来るのを楽しみにしていたという。中村勘三郎 (18代目) フレッシュアイペディアより)

  • 中村勘三郎 (18代目)

    中村勘三郎 (18代目)から見た野田秀樹

    歌舞伎役者としては江戸の世話物から上方狂言、時代物、新歌舞伎から新作など、幅広いジャンルの役柄に挑み続けたことで知られた。コクーン歌舞伎や平成中村座を立ち上げ、渡辺えりや野田秀樹、串田和美などといった現代劇の劇作家、演出家らと組んで、古典歌舞伎の新解釈版や新作歌舞伎の上演に取り組んだり、地方巡業や海外公演も精力的に行うなど、その演劇活動は常に進取的であった。中村勘三郎 (18代目) フレッシュアイペディアより)

  • 中村勘三郎 (18代目)

    中村勘三郎 (18代目)から見た大石良雄

    舞台・ドラマの「忠臣蔵」で、今まで大石主税・大石内蔵助・浅野内匠頭を演じており「これで吉良上野介を演じたら、忠臣蔵グランドスラムになりますね(笑)」と、吉良役のオファーが来るのを楽しみにしていたという。中村勘三郎 (18代目) フレッシュアイペディアより)

  • 中村勘三郎 (18代目)

    中村勘三郎 (18代目)から見た中村芝翫 (7代目)

    父は十七代目中村勘三郎、母方の祖父は六代目尾上菊五郎で、長男は六代目中村勘九郎、次男は二代目中村七之助。妻・好江は七代目中村芝翫の次女で、日本舞踊中村流の二代目中村梅彌は義姉、九代目中村福助、三代目中村橋之助は義弟にあたる。また、次姉・千代枝の夫は二代目澤村藤十郎で義兄にあたる。中村勘三郎 (18代目) フレッシュアイペディアより)

  • 中村勘三郎 (18代目)

    中村勘三郎 (18代目)から見た大村崑大村 崑

    幼い頃は『頓馬天狗』の大村崑が大好きで、その事は当時の「明星」に紹介された。後に舞台で共演を果たした。中村勘三郎 (18代目) フレッシュアイペディアより)

  • 中村勘三郎 (18代目)

    中村勘三郎 (18代目)から見た中村嘉葎雄

    『わが恋わが歌』(1969年) - 浩一(中村嘉葎雄)の少年時代 役中村勘三郎 (18代目) フレッシュアイペディアより)

  • 中村勘三郎 (18代目)

    中村勘三郎 (18代目)から見たニッポン放送

    6?7歳の時に三木のり平(当時37歳)と共にラジオ番組のパーソナリティとしてレギュラー番組『勘九郎・のり平の大人の幼稚園』(1961年、ニッポン放送)、『お早う僕勘九郎』(1962年、同)を持っていたことがある。中村勘三郎 (18代目) フレッシュアイペディアより)

190件中 31 - 40件表示

「中村勘三郎」のニューストピックワード