103件中 11 - 20件表示
  • 松貫四

    松貫四から見た中村吉右衛門 (2代目)中村吉右衛門 (2代目)

    初代の後裔、1944? 。歌舞伎役者の二代目中村吉右衛門が歌舞伎作者として使う筆名。松貫四 フレッシュアイペディアより)

  • 大谷桂三

    大谷桂三から見た中村吉右衛門 (2代目)中村吉右衛門 (2代目)

    近年は、舞台では二代目中村吉右衛門と一座することが多い一方、こども歌舞伎の講師としての活動を通じて次の世代に歌舞伎を伝えることに尽力している。大谷桂三 フレッシュアイペディアより)

  • 柳家小さん (6代目)

    柳家小さん (6代目)から見た中村吉右衛門 (2代目)中村吉右衛門 (2代目)

    父・5代目小さん没後、当初6代目小さんは兄弟子10代目柳家小三治が最有力だったが、小三治は小さんを継がないとしたため、6代目柳家小さんを襲名した。襲名の際山田洋次、5代目中村富十郎、2代目中村吉右衛門、堀内恒夫らが祝いのコメントを出し、落語芸術協会会長・桂歌丸も「三語楼(当代小さん)には先代のその上の天然記念物になってほしい」と言うコメントを出して後輩の門出を祝った。柳家小さん (6代目) フレッシュアイペディアより)

  • 松浦の太鼓

    松浦の太鼓から見た中村吉右衛門 (2代目)中村吉右衛門 (2代目)

    松浦侯 .....初代 中村吉右衛門         十七代目 中村勘三郎         二代目 中村吉右衛門松浦の太鼓 フレッシュアイペディアより)

  • 浪漫紀行・地球の贈り物

    浪漫紀行・地球の贈り物から見た中村吉右衛門 (2代目)中村吉右衛門 (2代目)

    『日曜特集・新世界紀行』終了から2年のブランクを経て制作された番組で、これまで2時間枠であった情報番組『スペースJ』の短縮に伴い、空いた水曜22時台後半にて放送された。主な出演者は中村吉右衛門浪漫紀行・地球の贈り物 フレッシュアイペディアより)

  • 清玄桜姫物

    清玄桜姫物から見た中村吉右衛門 (2代目)中村吉右衛門 (2代目)

    およそ以上のことが考えられるが、その中にあって『桜姫東文章』が、「女清玄」の『隅田川花御所染』を措いては唯一と言ってよいほどの上演頻度を見るのは、ひとつには高位のお姫様が下級の女郎に転落するという、現代においても刺激的な趣向と、いまひとつ四代目鶴屋南北作であるということが人々の興味を集めているからだといってよい(詳しくは『桜姫東文章』の項目参照)。要するに清玄桜姫物だから取り上げているわけではないということである。そのほかの清玄桜姫物については、現中村吉右衛門が四国のこんぴら歌舞伎と大阪中座で上演したことがあったほかは廃滅にひとしい状態となっている。清玄桜姫物 フレッシュアイペディアより)

  • 忠臣蔵 風の巻・雲の巻

    忠臣蔵 風の巻・雲の巻から見た中村吉右衛門 (2代目)中村吉右衛門 (2代目)

    服部市郎右衛門:中村吉右衛門 \(2代目\)忠臣蔵 風の巻・雲の巻 フレッシュアイペディアより)

  • 竹林紀雄

    竹林紀雄から見た中村吉右衛門 (2代目)中村吉右衛門 (2代目)

    2002年4月『テレビ人間発見 世に定め人に芸?歌舞伎俳優・中村吉右衛門?』R(ドキュメンタリー番組、30分、演出、テレビ東京)竹林紀雄 フレッシュアイペディアより)

  • 大向う

    大向うから見た中村吉右衛門 (2代目)中村吉右衛門 (2代目)

    ただし他の舞台で演じた役名は用いない。「ラマンチャ」(九代目松本幸四郎)とか「鬼平」(二代目中村吉右衛門)などとは決して掛けないのが礼儀。大向う フレッシュアイペディアより)

  • 高森玄

    高森玄から見た中村吉右衛門 (2代目)中村吉右衛門 (2代目)

    右門捕物帖 第9話「九番手柄 浮世絵三人娘」(1969年、NTV / 東宝) - 元掛川藩士・田宮京之介 ※中村吉右衛門高森玄 フレッシュアイペディアより)

103件中 11 - 20件表示

「中村吉右衛門」のニューストピックワード