103件中 21 - 30件表示
  • 極付幡随長兵衛

    極付幡随長兵衛から見た中村吉右衛門 (2代目)中村吉右衛門 (2代目)

    初代中村吉右衛門、七代目市川中車、七代目松本幸四郎、八代目松本幸四郎らが長兵衛を得意とした。また萬屋錦之介が晩年に歌舞伎座で演じている(水野は片岡孝夫)。現在では九代目松本幸四郎、二代目中村吉右衛門の兄弟が得意としている。極付幡随長兵衛 フレッシュアイペディアより)

  • おーい!わが家

    おーい!わが家から見た中村吉右衛門 (2代目)中村吉右衛門 (2代目)

    高岡吉男(次男):中村吉右衛門おーい!わが家 フレッシュアイペディアより)

  • 右門捕物帖 (1969年のテレビドラマ)

    右門捕物帖 (1969年のテレビドラマ)から見た中村吉右衛門 (2代目)中村吉右衛門 (2代目)

    『右門捕物帖』は、日本テレビと東宝が制作し、日本テレビで、1969年10月4日から1970年3月28日まで放送された佐々木味津三原作の時代劇。中村吉右衛門主演。右門捕物帖 (1969年のテレビドラマ) フレッシュアイペディアより)

  • 中村吉六

    中村吉六から見た中村吉右衛門 (2代目)中村吉右衛門 (2代目)

    中村 吉六(なかむら きちろく、昭和48年1973年11月21日 - )は、歌舞伎役者。立役。二代目中村吉右衛門門下。本名は松栄 忠志(まつさか ただし)。中村吉六 フレッシュアイペディアより)

  • 佐橋佳幸

    佐橋佳幸から見た中村吉右衛門 (2代目)中村吉右衛門 (2代目)

    2007年12月28日、女優の松たか子との入籍を発表。そのため松本幸四郎は義父、藤間紀子は義母、中村吉右衛門は義叔父、松本紀保は義姉、市川染五郎は義兄となる。佐橋佳幸 フレッシュアイペディアより)

  • 武蔵坊弁慶 (テレビドラマ)

    武蔵坊弁慶 (テレビドラマ)から見た中村吉右衛門 (2代目)中村吉右衛門 (2代目)

    『宮本武蔵(役所広司主演)』『真田太平記(渡瀬恒彦、草刈正雄主演)』に引き続き放送された水曜時代劇。当時はNHK大河ドラマの枠で現代劇が放送されていたため、この水曜時代劇が現在の大河ドラマの位置づけに近かった。前2作とは異なり、翌1987年1月から大河ドラマが『独眼竜政宗』で時代劇路線に戻ることが決定したため、約9ヶ月間の放送で終了した(村田雄浩や石田太郎らは引き続き『独眼竜政宗』にも出演した)。後に鬼平のイメージが固まる中村吉右衛門だが、長期連続テレビドラマへの主演は本作が初めてであり、話題となった。現在でも吉右衛門の、歌舞伎での十八番は弁慶であり、『勧進帳』や『舟弁慶』を長年に亘って演じている。また、ザ・ドリフターズのメンバーとしてお笑いのイメージが強い加藤茶が、NHKのドラマにシリアスな役で初出演したのも本作品である。武蔵坊弁慶 (テレビドラマ) フレッシュアイペディアより)

  • 関西歌舞伎

    関西歌舞伎から見た中村吉右衛門 (2代目)中村吉右衛門 (2代目)

    この公演は1989年(昭和64年)まで十回続く。東京からは宗十郎、藤十郎兄弟のほか、十七代目中村勘三郎・五代目中村勘九郎親子、七代目尾上梅幸、十代目市川海老蔵、七代目尾上菊五郎、二代目中村吉右衛門、九代目松本幸四郎、五代目中村富十郎。地元は十三代目片岡仁左衛門、十三代目片岡我童、二代目中村鴈治郎、片岡孝夫、五代目片岡我當、二代目片岡秀太郎、三代目實川延若、七代目嵐徳三郎、二代目中村扇雀などが参加。毎年大いに話題を呼び場所も第2回から中座で行われるようになった。関西歌舞伎の聖地である道頓堀に歌舞伎役者の幟が立ちならび、大阪の夏の年中行事となった。「関西歌舞伎を育てる会」は「関西歌舞伎を愛する会」として現在に至っている。関西歌舞伎 フレッシュアイペディアより)

  • 梶原平三誉石切

    梶原平三誉石切から見た中村吉右衛門 (2代目)中村吉右衛門 (2代目)

    梶原役には風格ある容姿と口跡の良さがもとめられ、その意味では前述の三者の他、戦後の十一代目市川團十郎、三代目市川壽海、初代松本白鸚、二代目中村吉右衛門、五代目中村富十郎、十五代目片岡仁左衛門などが典型的な梶原役者とされる。対する大庭には単なる敵役だけでなく、有力武士としての品と風格が必要で、戦前期は七代目市川中車、戦後は二代目尾上松緑、十三代目片岡仁左衛門、九代目松本幸四郎、五代目片岡我當など幹部役者が演じる。そして重要なカギを握るのが六郎太夫役で、主役をひき立てるだけでなく、娘を思う老父の慈愛さと命を捨てることも辞さない武士(三浦大助の子)の潔さ、忠義さが必要である。八代目澤村訥子、八代目市川團蔵、九代目坂東三津五郎など腕の達者な脇役が演じた。梶原平三誉石切 フレッシュアイペディアより)

  • 野菊の墓

    野菊の墓から見た中村吉右衛門 (2代目)中村吉右衛門 (2代目)

    1959年 - 『野菊の墓』/日本テレビ系、出演:中村萬之助、夏川静江、津村悠子、神山繁野菊の墓 フレッシュアイペディアより)

  • 夏祭浪花鑑

    夏祭浪花鑑から見た中村吉右衛門 (2代目)中村吉右衛門 (2代目)

    初夏のさわやかな季節感漂う鳥居前。夏祭りの風情と義理人情の哀歓を描いた三婦内、そして歌舞伎狂言中屈指の殺し場である長町裏。と、それぞれ見どころがあるが、大坂を舞台としており、上方歌舞伎の濃厚な風情が要求される。団七は、かつては二代目實川延若、戦後は三代目實川延若、十三代目片岡仁左衛門が得意とした。東京でも、九代目市川團十郎、初代中村吉右衛門、十五代目市村羽左衛門、十七代目中村勘三郎、二代目尾上松緑などが江戸に上方式を融合した演出を取っていた。現在では十八代目中村勘三郎、二代目中村吉右衛門、四代目坂田藤十郎、三代目市川猿之助などが得意としている。夏祭浪花鑑 フレッシュアイペディアより)

103件中 21 - 30件表示

「中村吉右衛門」のニューストピックワード