137件中 31 - 40件表示
  • 神霊矢口渡

    神霊矢口渡から見た中村吉右衛門 (2代目)中村吉右衛門 (2代目)

    「由良兵庫館」は近年では昭和50年(1975年)5月に国立劇場の文楽公演で上演されており、歌舞伎では大正4年(1915年)歌舞伎座で初代中村吉右衛門が由良兵庫助を演じてのち上演が絶えていたが、平成27年(2015年)11月の国立劇場において現中村吉右衛門の由良兵庫助その他により、百年ぶりに復活上演されている。神霊矢口渡 フレッシュアイペディアより)

  • 侍 (テレビドラマ)

    侍 (テレビドラマ)から見た中村吉右衛門 (2代目)中村吉右衛門 (2代目)

    出演:南原宏治、織本順吉、中村萬之助、富士真奈美、原泉、山本礼三郎ほか侍 (テレビドラマ) フレッシュアイペディアより)

  • 籠釣瓶花街酔醒

    籠釣瓶花街酔醒から見た中村吉右衛門 (2代目)中村吉右衛門 (2代目)

    2011年5月新橋演舞場で、二代目中村吉右衛門らによって発端の「戸田川原お清殺しの場」から大詰「立花屋大屋根捕物の場」まで6幕が通し上演された。籠釣瓶花街酔醒 フレッシュアイペディアより)

  • 浪漫紀行・地球の贈り物

    浪漫紀行・地球の贈り物から見た中村吉右衛門 (2代目)中村吉右衛門 (2代目)

    『日曜特集・新世界紀行』の終了から2年ぶりに制作されたニッセイワールドドキュメントの番組で、それまで2時間番組だった『情報スペースJ』(後の『スペースJ』)の放送枠縮小によって出来た水曜22時台の空き枠を使って放送。主な出演者は中村吉右衛門浪漫紀行・地球の贈り物 フレッシュアイペディアより)

  • 清玄桜姫物

    清玄桜姫物から見た中村吉右衛門 (2代目)中村吉右衛門 (2代目)

    およそ以上のことが考えられるが、その中にあって『桜姫東文章』が、「女清玄」の『隅田川花御所染』を措いては唯一と言ってよいほどの上演頻度を見るのは、ひとつには高位のお姫様が下級の女郎に転落するという、現代においても刺激的な趣向と、いまひとつ四代目鶴屋南北作であるということが人々の興味を集めているからだといってよい(詳しくは『桜姫東文章』の項目参照)。要するに清玄桜姫物だから取り上げているわけではないということである。そのほかの清玄桜姫物については、現中村吉右衛門が四国のこんぴら歌舞伎と大阪中座で上演したことがあったほかは廃滅にひとしい状態となっている。清玄桜姫物 フレッシュアイペディアより)

  • 澤村藤十郎 (2代目)

    澤村藤十郎 (2代目)から見た中村吉右衛門 (2代目)中村吉右衛門 (2代目)

    1984年 CBCテレビ『すばらしき仲間』収録のため、二代目中村吉右衛門、五代目中村勘九郎らとともに旧金毘羅大芝居を訪れ、この芝居小屋に魅せられる。その熱意もあって、翌年から「四国こんぴら歌舞伎大芝居」が始まる。澤村藤十郎 (2代目) フレッシュアイペディアより)

  • 火曜時代劇 (フジテレビ)

    火曜時代劇 (フジテレビ)から見た中村吉右衛門 (2代目)中村吉右衛門 (2代目)

    鬼平犯科帳(最終シリーズ)(2001年4月 - 2001年5月、 二代目中村吉右衛門主演)火曜時代劇 (フジテレビ) フレッシュアイペディアより)

  • 中野 誠也

    中野誠也から見た中村吉右衛門 (2代目)中村吉右衛門 (2代目)

    鬼平犯科帳(CX / 松竹) ※中村吉右衛門中野誠也 フレッシュアイペディアより)

  • 松本幸四郎 (7代目)

    松本幸四郎 (7代目)から見た中村吉右衛門 (2代目)中村吉右衛門 (2代目)

    さらに十一代目團十郎の長男十二代目團十郎、八代目幸四郎の長男九代目幸四郎と次男二代目中村吉右衛門、二代目松緑の長男初代尾上辰之助(没後、三代目松緑を追贈)、四代目雀右衛門の長男八代目大谷友右衛門と次男五代目雀右衛門、と多くの役者が七代目幸四郎につながる。これら役者たちの子や孫まで含めると、今日の歌舞伎に与えた影響は計り知れない。松本幸四郎 (7代目) フレッシュアイペディアより)

  • 中村雀右衛門 (5代目)

    中村雀右衛門 (5代目)から見た中村吉右衛門 (2代目)中村吉右衛門 (2代目)

    女形役者としては清楚で上品な芸風で、時代物では赤姫を得意とし、世話物では町娘や女房と、さまざまな役をこなす。従兄弟の二代目中村吉右衛門や九代目松本幸四郎と一座することが多い。中村雀右衛門 (5代目) フレッシュアイペディアより)

137件中 31 - 40件表示

「中村吉右衛門」のニューストピックワード