103件中 71 - 80件表示
  • 中村歌六 (5代目)

    中村歌六 (5代目)から見た中村吉右衛門 (2代目)中村吉右衛門 (2代目)

    平成22年9月の新橋演舞場「秀山祭九月大歌舞伎」の『伊賀越道中双六』(沼津)の雲助平作で、弟の三代目中村又五郎(当時・歌昇)と共に屋号を萬屋から播磨屋に戻した。この『沼津』は、かつて初代中村吉右衛門の呉服屋十兵衛にその父・三代目中村歌六の雲助平作という配役で大成功を収めており、それを当代の吉右衛門と歌六がつとめ、播磨屋の芸の伝承を見せた。中村歌六 (5代目) フレッシュアイペディアより)

  • 1944年

    1944年から見た中村吉右衛門 (2代目)中村吉右衛門 (2代目)

    5月22日 - 二世中村吉右衛門、歌舞伎役者1944年 フレッシュアイペディアより)

  • 中村吉右衛門 (初代)

    中村吉右衛門 (初代)から見た中村吉右衛門 (2代目)中村吉右衛門 (2代目)

    吉右衛門には跡継ぎがいなかった。そこで一人娘の正子は八代目松本幸四郎に嫁ぐ際、父に「男の子を二人は産んで、そのうちの一人に吉右衛門の名を継がせます」と約束したところ、果してその通りに男子ふたりを授かった。長男が父方の「幸四郎」をついだ九代目松本幸四郎、次男が母方の「吉右衛門」を継いだ当代の二代目中村吉右衛門である。中村吉右衛門 (初代) フレッシュアイペディアより)

  • 池波正太郎

    池波正太郎から見た中村吉右衛門 (2代目)中村吉右衛門 (2代目)

    1989年、1月に昭和天皇が死去し、平成と改元。正太郎も前年末から体調は芳しくなかったが、回復を待って『剣客商売 浮沈』(「週刊新潮」2月号?7月号)、『仕掛人・藤枝梅安 梅安冬時雨』(「小説現代」12月号?)、『鬼平犯科帳 誘拐』(「オール讀物」12月号?)の連載を開始した。5月には銀座和光で個展「池波正太郎絵筆の楽しみ展」が開催された。明けて1990年、二代目中村吉右衛門主演のテレビドラマ『鬼平犯科帳』が好評を博し、2月には同優主演の『狐火』が歌舞伎座で上演されるが、正太郎の体調は依然芳しくなかった。3月、急性白血病で三井記念病院に緊急入院、5月3日に同病院にて逝去。67歳であった。連載中の『仕掛人・藤枝梅安 梅安冬時雨』と『鬼平犯科帳 誘拐』は同年4月号分で未完中絶となった。5月6日、千日谷会堂にて葬儀及び告別式。山口瞳が弔辞を読んだ。法名戒名は「華文院釈正業」。浅草西光寺(真宗大谷派)に葬られる。没後、勲三等瑞宝章受章。池波正太郎 フレッシュアイペディアより)

  • 5月22日

    5月22日から見た中村吉右衛門 (2代目)中村吉右衛門 (2代目)

    1944年 - 中村吉右衛門2世、歌舞伎俳優5月22日 フレッシュアイペディアより)

  • 古事記

    古事記から見た中村吉右衛門 (2代目)中村吉右衛門 (2代目)

    新潮CD 完全原文朗読版『古事記』(2006年、新潮社 ISBN 9784108301788) - 全3巻9枚組(朗読:8枚、談話解説:1枚)、朗読:中村吉右衛門、談話解説:河合隼雄古事記 フレッシュアイペディアより)

  • 澤村藤十郎 (2代目)

    澤村藤十郎 (2代目)から見た中村吉右衛門 (2代目)中村吉右衛門 (2代目)

    1984年 CBCテレビ『すばらしき仲間』収録のため、二代目中村吉右衛門、五代目中村勘九郎らとともに旧金毘羅大芝居を訪れ、この芝居小屋に魅せられる。その熱意もあって、翌年から「四国こんぴら歌舞伎大芝居」が始まる。澤村藤十郎 (2代目) フレッシュアイペディアより)

  • 鬼平犯科帳 (テレビドラマ)

    鬼平犯科帳 (テレビドラマ)から見た中村吉右衛門 (2代目)中村吉右衛門 (2代目)

    『鬼平犯科帳』 (制作:松竹、主演:二代目中村吉右衛門鬼平犯科帳 (テレビドラマ) フレッシュアイペディアより)

  • 長谷川宣以

    長谷川宣以から見た中村吉右衛門 (2代目)中村吉右衛門 (2代目)

    テレビドラマ版で長谷川平蔵を演じた俳優には、八代目松本幸四郎、丹波哲郎、萬屋錦之介、2代目中村吉右衛門がおり、2代目吉右衛門は平蔵のイメージを最も忠実に演じたと評され長く演じた。長谷川宣以 フレッシュアイペディアより)

  • 1994年のテレビ (日本)

    1994年のテレビ (日本)から見た中村吉右衛門 (2代目)中村吉右衛門 (2代目)

    鬼平犯科帳(中村吉右衛門版第5シリーズ)1994年のテレビ (日本) フレッシュアイペディアより)

103件中 71 - 80件表示

「中村吉右衛門」のニューストピックワード