157件中 111 - 120件表示
  • 中村吉右衛門 (2代目)

    中村吉右衛門 (2代目)から見た俳名

    2006年9月 - 歌舞伎座にて初代吉右衛門の俳名を冠した「秀山祭」をはじめる。以後毎年恒例に。中村吉右衛門 (2代目) フレッシュアイペディアより)

  • 中村吉右衛門 (2代目)

    中村吉右衛門 (2代目)から見た旧金毘羅大芝居

    初演:昭和60年 (1985) 6月、琴平町金丸座中村吉右衛門 (2代目) フレッシュアイペディアより)

  • 中村吉右衛門 (2代目)

    中村吉右衛門 (2代目)から見た市村座

    内容:寛政5年 (1793) 江戸市村座で初演された初代松貫四作の『遇曾我中村』(さいかい そが なかむら)を仕立て直した清玄桜姫物中村吉右衛門 (2代目) フレッシュアイペディアより)

  • 中村吉右衛門 (2代目)

    中村吉右衛門 (2代目)から見たシネマ歌舞伎

    シネマ歌舞伎・一谷嫩軍記 熊谷陣屋(2011年)中村吉右衛門 (2代目) フレッシュアイペディアより)

  • 中村吉右衛門 (2代目)

    中村吉右衛門 (2代目)から見た金丸座

    いまや春の恒例行事となっている四国金丸座こんぴら歌舞伎大芝居復活に深い関わりをもつ。吉右衛門は第一回目に出演し、演出・脚本も担当した。(プロデューサー的な役割は澤村藤十郎が担当)その様子はNHK特集『再現!こんぴら大芝居』として1985年7月19日に放送された。(2006年2月4日にNHKアーカイブスとして再放送)中村吉右衛門 (2代目) フレッシュアイペディアより)

  • 中村吉右衛門 (2代目)

    中村吉右衛門 (2代目)から見た浪漫紀行・地球の贈り物

    浪漫紀行・地球の贈り物(1994年 - 1996年、TBS) - 水先案内人中村吉右衛門 (2代目) フレッシュアイペディアより)

  • 中村吉右衛門 (2代目)

    中村吉右衛門 (2代目)から見た定紋

    二代目 中村吉右衛門(にだいめ なかむら きちえもん、1944年(昭和19年)5月22日 - )は、日本の歌舞伎役者。歌舞伎名跡「中村吉右衛門」の当代。屋号は播磨屋、定紋は揚羽蝶、替紋は村山片喰。日本芸術院会員、重要無形文化財保持者(人間国宝)。中村吉右衛門 (2代目) フレッシュアイペディアより)

  • 中村吉右衛門 (2代目)

    中村吉右衛門 (2代目)から見たストレートプレイ

    父・兄らとともに東宝劇団に約10年間移籍しており、東宝劇団は歌舞伎をメインにしていたが、当然ながらそれ以外の舞台(ストレートプレイ、ミュージカルなど)の出演機会もあった。中村吉右衛門 (2代目) フレッシュアイペディアより)

  • 中村吉右衛門 (2代目)

    中村吉右衛門 (2代目)から見た思春期

    1954年(昭和29年)、祖父かつ養父・初代吉右衛門が死去。翌年萬之助は『山姥』の怪童丸の演技で毎日演劇賞を受賞。天才俳優として注目される一方、思春期の頃は、実の母が戸籍上は姉にあたるという複雑さなどから自己確立に悩む日々だったという。中村吉右衛門 (2代目) フレッシュアイペディアより)

  • 中村吉右衛門 (2代目)

    中村吉右衛門 (2代目)から見た千代田区

    1944年(昭和19年)5月22日、東京都千代田区出身。暁星高等学校卒業。早稲田大学第一文学部仏文学科中退。中村吉右衛門 (2代目) フレッシュアイペディアより)

157件中 111 - 120件表示

「中村吉右衛門」のニューストピックワード