前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
219件中 1 - 10件表示
  • 中村獅童 (2代目)

    中村獅童 (2代目)から見た歌舞伎座

    6歳の6月より日本舞踊を始め、獅童自ら舞台に出たいと祖母に直訴。8歳のとき昭和56年(1981年)6月歌舞伎座『妹背山婦女庭訓』「御殿」の豆腐買の娘おひろで二代目中村獅童を名乗り初舞台を踏む。この六月大歌舞伎は従兄弟にあたる五代目中村歌六・三代目中村歌昇・五代目中村時蔵とともに萬屋一門4名の襲名披露興行だった。当初から二代目中村獅童を名乗る。「獅童」は父・三喜雄の歌舞伎役者時代の名跡で、祖父三代目中村時蔵の俳号に由来する。三喜雄は獅童が幼い頃に歌舞伎役者を廃業しており、師匠不在の中でのスタートとなった。付き人もおらず、楽屋の支度は全て母が付き添って行った。1983年10月、『春日局』竹千代で松竹社長賞を受賞。中村獅童 (2代目) フレッシュアイペディアより)

  • 中村獅童 (2代目)

    中村獅童 (2代目)から見た松竹

    6歳の6月より日本舞踊を始め、獅童自ら舞台に出たいと祖母に直訴。8歳のとき昭和56年(1981年)6月歌舞伎座『妹背山婦女庭訓』「御殿」の豆腐買の娘おひろで二代目中村獅童を名乗り初舞台を踏む。この六月大歌舞伎は従兄弟にあたる五代目中村歌六・三代目中村歌昇・五代目中村時蔵とともに萬屋一門4名の襲名披露興行だった。当初から二代目中村獅童を名乗る。「獅童」は父・三喜雄の歌舞伎役者時代の名跡で、祖父三代目中村時蔵の俳号に由来する。三喜雄は獅童が幼い頃に歌舞伎役者を廃業しており、師匠不在の中でのスタートとなった。付き人もおらず、楽屋の支度は全て母が付き添って行った。1983年10月、『春日局』竹千代で松竹社長賞を受賞。中村獅童 (2代目) フレッシュアイペディアより)

  • 中村獅童 (2代目)

    中村獅童 (2代目)から見た竹内結子

    2005年5月10日、オフィシャルサイトで『いま、会いにゆきます』で共演した竹内結子と結婚を前提にした交際をしていたことを発表し、同年6月に結婚。その後の会見で、竹内が妊娠3か月であることも公表した。同年6月、京都南座で『船弁慶』の弁慶役を務める。この公演で、初めて一人部屋の楽屋を使うことが許された。同年11月に第1子(長男)が誕生。中村獅童 (2代目) フレッシュアイペディアより)

  • 中村獅童 (2代目)

    中村獅童 (2代目)から見たダークダックス

    叔父 高見澤宏(歌手、ダークダックスメンバー) - 歌舞伎との関わりは無い中村獅童 (2代目) フレッシュアイペディアより)

  • 中村獅童 (2代目)

    中村獅童 (2代目)から見た関西テレビ放送

    天切り松 闇語り(2004年、関西テレビ) - 逆井重美 役中村獅童 (2代目) フレッシュアイペディアより)

  • 中村獅童 (2代目)

    中村獅童 (2代目)から見た石原裕次郎

    2008年10月6日?26日 梅田芸術劇場メインホールで石原裕次郎、三船敏郎主演で映画化された『黒部の太陽』を舞台化。裕次郎が演じた岩岡源三を演じた。中村獅童 (2代目) フレッシュアイペディアより)

  • 中村獅童 (2代目)

    中村獅童 (2代目)から見た辺見えみり

    若い頃ケンタロウとバンドを組んでいたことがあり、その際ボーカルを担当していた。はじめはベースをやっていたが「おれに歌わせろ」ということでボーカルになった(『ウチくる!?』09年3月29日中村獅童の回でVTRゲストのケンタロウが出演した際発言)。また同番組内では非常に仲がいいという辺見えみりがゲスト出演した。中村獅童 (2代目) フレッシュアイペディアより)

  • 中村獅童 (2代目)

    中村獅童 (2代目)から見た岡本綾

    2006年7月12日 酒気帯び運転と信号無視で警視庁に検挙された。当初の会見では、同乗者は妻・竹内とも知り合いの一般女性と発表していたが、実は女優岡本綾だったことが発覚した。中村獅童 (2代目) フレッシュアイペディアより)

  • 中村獅童 (2代目)

    中村獅童 (2代目)から見た篠原ともえ

    1996年『狐狸狐狸ばなし』おそめ役で歌舞伎座賞を、翌年には「歌舞伎の見方」解説で国立劇場特別賞を受賞。20代半ばより、歌舞伎と並行して野田秀樹や大人計画などのオーディションを受け始めるが落選が続く。しかし映画『ピンポン』で準主役の「ドラゴン」の役を射止め、日本アカデミー賞、ゴールデン・アロー賞(映画新人賞)、ブルーリボン賞、日本映画批評家大賞、毎日映画コンクールの各新人賞5冠を受賞。2002年公開、29歳だった。以降、多数の映画やドラマに出演することとなる。歌舞伎においても、2003年に『義経千本桜』『毛抜』で初の主演を務める。またこの頃、タレントの篠原ともえとの交際が報道される。中村獅童 (2代目) フレッシュアイペディアより)

  • 中村獅童 (2代目)

    中村獅童 (2代目)から見たビートたけし

    無名時代から、遠戚(父の従兄)の五代目中村勘九郎(後の十八代目中村勘三郎)に世話になり、「兄さん」と慕っている。その縁で、『たけしの誰でもピカソ』で中村座を特集した際、勘九郎に世話人に指名され、ビートたけしら出演者に、歌舞伎の指導を行った。そして、その後自らが特集されたものの、その事が出演者に忘れ去られ、VTRを見てやっと思い出してくれたが、流石に落胆していた。中村獅童 (2代目) フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
219件中 1 - 10件表示

「中村獅童」のニューストピックワード