219件中 91 - 100件表示
  • 中村獅童 (2代目)

    中村獅童 (2代目)から見たBSフジ

    BSフジ開局15周年スペシャルドラマ 鈴木光司 リアルホラー「杭打ち」(2015年3月15日、BSフジ) - 主演・野末和己 役中村獅童 (2代目) フレッシュアイペディアより)

  • 中村獅童 (2代目)

    中村獅童 (2代目)から見た義経千本桜

    1996年『狐狸狐狸ばなし』おそめ役で歌舞伎座賞を、翌年には「歌舞伎の見方」解説で国立劇場特別賞を受賞。20代半ばより、歌舞伎と並行して野田秀樹や大人計画などのオーディションを受け始めるが落選が続く。しかし映画『ピンポン』で準主役の「ドラゴン」の役を射止め、日本アカデミー賞、ゴールデン・アロー賞(映画新人賞)、ブルーリボン賞、日本映画批評家大賞、毎日映画コンクールの各新人賞5冠を受賞。2002年公開、29歳だった。以降、多数の映画やドラマに出演することとなる。歌舞伎においても、2003年に『義経千本桜』『毛抜』で初の主演を務める。またこの頃、タレントの篠原ともえとの交際が報道される。中村獅童 (2代目) フレッシュアイペディアより)

  • 中村獅童 (2代目)

    中村獅童 (2代目)から見たいま、会いにゆきます

    2005年5月10日、オフィシャルサイトで『いま、会いにゆきます』で共演した竹内結子と結婚を前提にした交際をしていたことを発表し、同年6月に結婚。その後の会見で、竹内が妊娠3か月であることも公表した。同年6月、京都南座で『船弁慶』の弁慶役を務める。この公演で、初めて一人部屋の楽屋を使うことが許された。同年11月に第1子(長男)が誕生。中村獅童 (2代目) フレッシュアイペディアより)

  • 中村獅童 (2代目)

    中村獅童 (2代目)から見たあらしのよるに

    2003年に行ったダブルキャストでの初主演の演目のひとつ『義経千本桜』で演じた狐役が縁となり、動物の物語であるNHKテレビ絵本『あらしのよるに』の声優に抜擢された。仕事の依頼を受けた獅童は、配役のうちの1匹を演じると思い込んでいた。実際は出演する動物三役をすべて1人で演じている。中村獅童 (2代目) フレッシュアイペディアより)

  • 中村獅童 (2代目)

    中村獅童 (2代目)から見たゴールデン・アロー賞

    1996年『狐狸狐狸ばなし』おそめ役で歌舞伎座賞を、翌年には「歌舞伎の見方」解説で国立劇場特別賞を受賞。20代半ばより、歌舞伎と並行して野田秀樹や大人計画などのオーディションを受け始めるが落選が続く。しかし映画『ピンポン』で準主役の「ドラゴン」の役を射止め、日本アカデミー賞、ゴールデン・アロー賞(映画新人賞)、ブルーリボン賞、日本映画批評家大賞、毎日映画コンクールの各新人賞5冠を受賞。2002年公開、29歳だった。以降、多数の映画やドラマに出演することとなる。歌舞伎においても、2003年に『義経千本桜』『毛抜』で初の主演を務める。またこの頃、タレントの篠原ともえとの交際が報道される。中村獅童 (2代目) フレッシュアイペディアより)

  • 中村獅童 (2代目)

    中村獅童 (2代目)から見たピンポン (漫画)

    1996年『狐狸狐狸ばなし』おそめ役で歌舞伎座賞を、翌年には「歌舞伎の見方」解説で国立劇場特別賞を受賞。20代半ばより、歌舞伎と並行して野田秀樹や大人計画などのオーディションを受け始めるが落選が続く。しかし映画『ピンポン』で準主役の「ドラゴン」の役を射止め、日本アカデミー賞、ゴールデン・アロー賞(映画新人賞)、ブルーリボン賞、日本映画批評家大賞、毎日映画コンクールの各新人賞5冠を受賞。2002年公開、29歳だった。以降、多数の映画やドラマに出演することとなる。歌舞伎においても、2003年に『義経千本桜』『毛抜』で初の主演を務める。またこの頃、タレントの篠原ともえとの交際が報道される。中村獅童 (2代目) フレッシュアイペディアより)

  • 中村獅童 (2代目)

    中村獅童 (2代目)から見た丹下左膳

    2005年3月 舞台『浪人街』『丹下左膳』でゴールデン・アロー賞演劇賞受賞中村獅童 (2代目) フレッシュアイペディアより)

  • 中村獅童 (2代目)

    中村獅童 (2代目)から見た日本大学藝術学部

    二代目 中村 獅童(にだいめ なかむら しどう、1972年(昭和47年)9月14日 - )は、歌舞伎役者、日本の俳優・声優。本名、小川 幹弘(おがわ みきひろ)。乙女座。血液型はO型。身長177cm。体重63kg。足のサイズ26.5cm。日本大学藝術学部演劇学科中退。2013年4月より京都文教大学客員教授。中村獅童事務所所属。中村獅童 (2代目) フレッシュアイペディアより)

  • 中村獅童 (2代目)

    中村獅童 (2代目)から見たブルーリボン賞 (映画)

    1996年『狐狸狐狸ばなし』おそめ役で歌舞伎座賞を、翌年には「歌舞伎の見方」解説で国立劇場特別賞を受賞。20代半ばより、歌舞伎と並行して野田秀樹や大人計画などのオーディションを受け始めるが落選が続く。しかし映画『ピンポン』で準主役の「ドラゴン」の役を射止め、日本アカデミー賞、ゴールデン・アロー賞(映画新人賞)、ブルーリボン賞、日本映画批評家大賞、毎日映画コンクールの各新人賞5冠を受賞。2002年公開、29歳だった。以降、多数の映画やドラマに出演することとなる。歌舞伎においても、2003年に『義経千本桜』『毛抜』で初の主演を務める。またこの頃、タレントの篠原ともえとの交際が報道される。中村獅童 (2代目) フレッシュアイペディアより)

  • 中村獅童 (2代目)

    中村獅童 (2代目)から見た阿修羅のごとく

    2004年3月 映画『阿修羅のごとく』(勝又静雄役)で日本アカデミー賞優秀助演男優賞、浅草芸能大賞新人賞受賞中村獅童 (2代目) フレッシュアイペディアより)

219件中 91 - 100件表示

「中村獅童」のニューストピックワード