前へ 1 2 3
22件中 1 - 10件表示
  • アテネオリンピック (2004年) 日本選手団

    アテネオリンピック (2004年) 日本選手団から見た中村礼子中村礼子

    4x100mメドレーリレー(稲田法子、中村礼子、田中雅美、大西順子、永井奉子)5位アテネオリンピック (2004年) 日本選手団 フレッシュアイペディアより)

  • スタニスラワ・コマロワ

    スタニスラワ・コマロワから見た中村礼子中村礼子

    2005年には日本短水路選手権の招待選手として2度目の来日。100m・200mにエントリーして臨み、2種目とも決勝で中村礼子に敗れたものの2位に入る。この年の世界選手権では200mで6位。スタニスラワ・コマロワ フレッシュアイペディアより)

  • 中村真衣

    中村真衣から見た中村礼子中村礼子

    2002年に中央大学卒業後は直ちに帰郷、プロスイマーに転向し、アテネオリンピック (2004年)への出場を目指したが、中村礼子ら後輩の成長や自身の体の衰えもあり、3大会連続の五輪出場を逃した。引退を考えていた矢先の2004年10月23日、新潟県中越地震に被災、母親と数日間の車中泊も経験。そこで「もう一度奮起することで、ふるさとの人たちを勇気付けたい」と、現役続行を決断した。中村真衣 フレッシュアイペディアより)

  • 大西順子 (競泳選手)

    大西順子 (競泳選手)から見た中村礼子中村礼子

    2004年のアテネオリンピックにも、日本女子競泳選手として史上最年長の29歳で五輪2大会連続出場を果たしたが、女子メドレーリレー(中村礼子・田中雅美・永井奉子)は5位入賞、女子100mバタフライは8位入賞に留まった。大西順子 (競泳選手) フレッシュアイペディアより)

  • 東京スイミングセンター

    東京スイミングセンターから見た中村礼子中村礼子

    中村礼子(女子背泳ぎ) - 出身者東京スイミングセンター フレッシュアイペディアより)

  • 寺川綾

    寺川綾から見た中村礼子中村礼子

    大学2年生で出場したアテネオリンピック (2004年)では、200m背泳ぎで8位入賞を果たす(この時銅メダルを取ったのが中村礼子)。しかし、その後は激しいライバルとの戦いの中で敗れ去る状態が続いた。事態打開のため米国でトレーニングをするなど努力を続けたものの、2006年シーズン(2007年3月の世界水泳終了まで)は、ついに日本代表から漏れた。この悔しさをばねに、北京オリンピック出場を目指した。寺川綾 フレッシュアイペディアより)

  • 伊藤華英

    伊藤華英から見た中村礼子中村礼子

    伊藤はこの種目、予選と準決勝ではハイレグカットではなくロングスパッツ式の水着を着用して出場したが、背泳ぎで日本の頂点に立つ中村礼子には及ばなかった。そこで、決勝で従来のハイレグカットに戻したところ、優勝・初の五輪代表選出となったばかりでなく、前日の予選で中村が出した日本記録(59秒96)も更新した。伊藤華英 フレッシュアイペディアより)

  • 平井伯昌

    平井伯昌から見た中村礼子中村礼子

    北京オリンピックでは水泳日本代表コーチに就任。東京スイミングセンターで北島康介、中村礼子を指導しメダリストに育て上げる。北京オリンピック以降は上田春佳、加藤ゆか、寺川綾を指導している。平井伯昌 フレッシュアイペディアより)

  • 北京オリンピック日本選手団

    北京オリンピック日本選手団から見た中村礼子中村礼子

    中村礼子(東京スイミングセンター)北京オリンピック日本選手団 フレッシュアイペディアより)

  • 加藤ゆか

    加藤ゆかから見た中村礼子中村礼子

    2008年4月16日、日本選手権水泳競技大会競泳女子100mバタフライ決勝で2位に入り、派遣標準記録を突破したため、北京オリンピック日本代表に即時内定した。そして6月のジャパンオープンでは50mでレーザー・レーサーを着て26秒34、100mでは日本製の水着を着て58秒74で優勝した。本番では58秒94で23位。予選敗退に終わる。一方中村礼子、北川麻美、上田春佳との400mメドレーリレーでは日本新を出して6位となった。オリンピック後の2008年9月6日、日本学生選手権水泳競技大会競泳女子100mバタフライ決勝にて、57秒89の日本新記録を樹立した。加藤ゆか フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3
22件中 1 - 10件表示