中村紀洋 ニュース&Wiki etc.

中村 紀洋(なかむら のりひろ、1973年7月24日 - )は、大阪府大阪市淀川区出身の元プロ野球選手(内野手)、アマチュア野球指導者。浜松開誠館高等学校硬式野球部非常勤コーチ。2013年に日本プロ野球名球会の会員となっている。愛称は「ノリ」。 (出典:Wikipedia)

つながり調べ

関連のありそうなワードから見た「中村紀洋」のつながり調べ

  • 大阪近鉄バファローズ

    大阪近鉄バファローズから見た中村紀洋

    就任した梨田に「選手層が薄いが、ケガ人さえいなければ」と言われた状況において、オープン戦で吉岡雄二が骨折こそ免れたものの手首に重傷のけが、シーズンに入って礒部公一が顔面死球で、フィル・クラークが手首骨折で次々に離脱する状況で、中村紀洋が本塁打と打点王の二冠を獲得するが、チームは33年ぶりの2年連続最下位に終わる。規定打席到達で3割を超えたのは武藤孝司だけであった。(大阪近鉄バファローズ フレッシュアイペディアより)

  • 博士と助手〜細かすぎて伝わらないモノマネ選手権〜

    博士と助手〜細かすぎて伝わらないモノマネ選手権〜から見た中村紀洋

    第17回優勝者。初登場の第8回では映画「麻雀放浪記」での出目徳役の高品格のモノマネを披露。以後はなぎら健壱のモノマネをする。「チンカチンカの冷っこいルービー」(カチンカチンに冷えたビールの意)というネタを披露した際、真似されたなぎら本人はそのことを居酒屋で「何で言わないんですか」と店員に伝え聞いて知り、以後本人も言うようになった(2007年12月17日付けの朝日新聞の自身のコラムに掲載)。なぎら以外には長島三奈、中村紀洋、武田鉄矢、浜口京子のモノマネもする。(博士と助手〜細かすぎて伝わらないモノマネ選手権〜 フレッシュアイペディアより)

「中村紀洋」のニューストピックワード