前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
149件中 1 - 10件表示
  • 大阪近鉄バファローズ

    大阪近鉄バファローズから見た中村紀洋中村紀洋

    、就任した梨田に「選手層が薄いが、ケガ人さえいなければ」と言われた状況において、オープン戦で吉岡雄二、シーズンに入って礒部公一、クラークと次々に骨折する状況で、中村紀洋が本塁打と打点王の二冠を獲得するが、チームは2年連続最下位に終わる。大阪近鉄バファローズ フレッシュアイペディアより)

  • 憲史

    憲史から見た中村紀洋中村紀洋

    2003年開幕スタメンを勝ち取り、4月は好調を維持していたが、5月に肉離れで戦線離脱。結局これが響いたせいか、平凡な成績で終わってしまった。また、不動の4番だった中村紀洋が半月板を痛めたため、彼がスタメンを外れたときは、ローズが4番に座り、川口が3番に座ることがあった。憲史 フレッシュアイペディアより)

  • 2007年の野球

    2007年の野球から見た中村紀洋中村紀洋

    3月6日 - プロ野球実行委員会が都内で開かれ、育成選手の一軍オープン戦出場を認めることになった。これによって中日と育成選手契約を結んだ中村紀洋内野手をはじめとする全育成選手のオープン戦出場が可能になった。また、4月開幕の北信越ベースボールチャレンジリーグ所属選手のドラフト会議における指名については、四国アイランドリーグ所属選手同様に取り扱うこととなった。2007年の野球 フレッシュアイペディアより)

  • 落合博満

    落合博満から見た中村紀洋中村紀洋

    2009年(平成21年)、2位に終わる。クライマックスシリーズ2ndステージでも巨人に1勝したのみに終わり敗退。川上憲伸・タイロン・ウッズ・中村紀洋がチームを去り、谷繁元信がケガで離脱したこともあり、4月は負け越して開幕ダッシュに失敗。しかし、その後は巻き返し、7月には首位巨人に1.5ゲーム差まで迫ったが失速し、最終的に首位と12ゲーム差をつけられた。落合博満 フレッシュアイペディアより)

  • オリックス・バファローズ

    オリックス・バファローズから見た中村紀洋中村紀洋

    合併により有力選手が加入したことに加え、仰木が監督に復帰したことから戦力は大幅に向上して臨んだシーズンとなった。肺がんに侵されながらも指揮を執る仰木の下でチームは最後までAクラス争いを続けたが4位でシーズンを終え、Aクラス入り・プレーオフ進出を逃がした。シーズン後に仰木は監督を退任し、代わって球団ゼネラルマネージャーだった中村勝広が監督に就任した。編成を司るGMより監督への就任は日本球界初となる。仰木は球団シニアアドバイザーに就任したが、12月15日に肺がんによる呼吸不全のため70歳で逝去した。オフには巨人を自由契約となった清原和博、ロサンゼルス・ドジャースとマイナー契約を結んでいた中村紀洋を獲得している。オリックス・バファローズ フレッシュアイペディアより)

  • 清原和博

    清原和博から見た中村紀洋中村紀洋

    も開幕から好調であったが、故障のため戦線離脱。シーズン終盤には復帰し55試合出場に終わるが、.314、12本塁打と一定の成績は残した。この年の開幕第2戦(巨人-阪神: 東京ドーム)で400号本塁打達成時に目標にしていた尊敬する長嶋の現役通算本塁打数「444」本に並ぶ。またそれは試合当日、解説を担当していた長嶋の目の前で放った。故障を押して出場した日本シリーズでは松坂大輔から本塁打を放つなど巨人の日本一に貢献した。8月23日には長男が誕生した。なお、同年ベンチ入りしたオールスター試合中、二回裏の4番・アレックス・カブレラの打席において、九者連続奪三振を狙っていた上原浩治(ここまで上原は、小笠原道大・タフィー・ローズ・中村紀洋から三連続奪三振を奪っていた)に対して、ベンチから指で頭をなでる動作をしていた。。清原和博 フレッシュアイペディアより)

  • プロ野球再編問題 (2004年)

    プロ野球再編問題 (2004年)から見た中村紀洋中村紀洋

    7月16日、近鉄選手会は合併反対の署名募集運動を開始した。初日となったこの日、大阪ドーム前には中村紀洋ら1軍選手全員が集まりファンの支援を訴えた。7月23日、中日ドラゴンズ選手会が参加したことで運動は当事者2球団外にも拡がり、7月29日には、オーナーとの関係で動向が注目されていた読売選手会もこの日だけではあるが加わった。8月5日には広島選手会が参加し、12球団選手会全てが足並みを揃えた。プロ野球再編問題 (2004年) フレッシュアイペディアより)

  • 2007年の日本プロ野球

    2007年の日本プロ野球から見た中村紀洋中村紀洋

    オリックスとの契約交渉が難航していた中村紀洋内野手が6回目の交渉を行い、成績不振を理由に年俸60%減の8000万円(推定)を提示した球団と、手首痛を公傷扱いであると主張する中村との溝は埋まらず交渉は決裂、中村は自由契約となることとなった。2007年の日本プロ野球 フレッシュアイペディアより)

  • 金村 義明

    金村義明から見た中村紀洋中村紀洋

    1982年から1985年までは1軍に定着できずにいたが、佐々木恭介の指導の元で序々に頭角を現し、からは羽田耕一に代わって三塁のレギュラーに定着、いてまえ打線の中軸として活躍する。その豪快なイメージから「いてまえ大将」のニックネームを頂戴する。かつて豪快だったパ・リーグのイメージを継承した最後の選手という声もある。しかし打率.258 本塁打127本という通算成績は後に三塁を守ることになる中村紀洋や他の近鉄いてまえ打線の選手(ラルフ・ブライアント、石井浩郎、タフィ・ローズ)に比べれば成績の面ではやや劣った。そのことに関しては本人も「成績の面では一流ではなかった」と認めている。にはオープン戦で投手を務めたことがある。また、1試合のみだが山下和彦、古久保健二、光山英和の捕手を使い切ったために、捕手を務めたことがある。金村義明 フレッシュアイペディアより)

  • ボク達同級生!プロ野球昭和40年会VS48年会

    ボク達同級生!プロ野球昭和40年会VS48年会から見た中村紀洋中村紀洋

    40年会、48年会ともにメンバーが年々現役を引退しており、2013年は山本昌(中日)が40年会唯一の現役となるほか、48年会の現役選手は小笠原道大(巨人)、中村紀洋(横浜DeNA)、三浦大輔(同)の3人だけとなっている。ボク達同級生!プロ野球昭和40年会VS48年会 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
149件中 1 - 10件表示

「中村紀洋」のニューストピックワード