前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
181件中 1 - 10件表示
  • 2007年の日本プロ野球

    2007年の日本プロ野球から見た中村紀洋中村紀洋

    2月25日 - 中日は前オリックスの中村紀洋と育成選手で契約したことを発表2007年の日本プロ野球 フレッシュアイペディアより)

  • 博士と助手〜細かすぎて伝わらないモノマネ選手権〜

    博士と助手〜細かすぎて伝わらないモノマネ選手権〜から見た中村紀洋中村紀洋

    第17回優勝者。初登場の第8回では映画「麻雀放浪記」での出目徳役の高品格のモノマネを披露。以後はなぎら健壱のモノマネをする。「チンカチンカの冷っこいルービー」(カチンカチンに冷えたビールの意)というネタを披露した際、真似されたなぎら本人はそのことを居酒屋で「何で言わないんですか」と店員に伝え聞いて知り、以後本人も言うようになった(2007年12月17日付けの朝日新聞の自身のコラムに掲載)。なぎら以外には長島三奈、中村紀洋、武田鉄矢、浜口京子のモノマネもする。博士と助手〜細かすぎて伝わらないモノマネ選手権〜 フレッシュアイペディアより)

  • 大阪近鉄バファローズ

    大阪近鉄バファローズから見た中村紀洋中村紀洋

    就任した梨田に「選手層が薄いが、ケガ人さえいなければ」と言われた状況において、オープン戦で吉岡雄二が骨折こそ免れたものの手首に重傷のけが、シーズンに入って礒部公一が顔面死球で、フィル・クラークが手首骨折で次々に離脱する状況で、中村紀洋が本塁打と打点王の二冠を獲得するが、チームは33年ぶりの2年連続最下位に終わる。規定打席到達で3割を超えたのは武藤孝司だけであった。大阪近鉄バファローズ フレッシュアイペディアより)

  • 森野将彦

    森野将彦から見た中村紀洋中村紀洋

    は三塁手中村紀洋の加入に伴い、主に左翼手として出場。その後は荒木の戦線離脱もあり、前半戦は二塁手としても出場。オールスターゲームに初出場を果たし優秀選手賞に選ばれた。後半戦以降は福留孝介の離脱もあり、中堅手や右翼手としての出場も増え、打順は主に5番や3番を任された。この年バッテリー以外の全ポジションを経験。2年連続で規定打席に到達し、更に自己最高の打率.294、18本塁打を記録。本塁打と打点は前年よりほぼ倍増し、打線の中軸としての役割に応えた。日本シリーズでも4打点を挙げて優秀選手賞に選ばれた。森野将彦 フレッシュアイペディアより)

  • オリックス・バファローズ

    オリックス・バファローズから見た中村紀洋中村紀洋

    合併により有力選手が加入したことに加え、仰木が監督に復帰したことから戦力は大幅に向上して臨んだシーズンとなった。肺がんに侵されながらも指揮を執る仰木の下でチームは最後までAクラス争いを続けたが4位でシーズンを終え、Aクラス入り・プレーオフ進出を逃がした。シーズン後に仰木は監督を退任し、代わって球団ゼネラルマネージャーだった中村勝広が監督に就任した。編成を司るGMより監督への就任は日本球界初となる。仰木は球団シニアアドバイザーに就任したが、12月15日に肺がんによる呼吸不全のため70歳で逝去した。オフには巨人を自由契約となった清原和博、ロサンゼルス・ドジャースとマイナー契約を結んでいた中村紀洋を獲得している。オリックス・バファローズ フレッシュアイペディアより)

  • 2010年の日本プロ野球

    2010年の日本プロ野球から見た中村紀洋中村紀洋

    5月8日 - 楽天の中村紀洋が対日本ハム戦でNPB史上55人目の通算300二塁打2010年の日本プロ野球 フレッシュアイペディアより)

  • 2010年の東北楽天ゴールデンイーグルス

    2010年の東北楽天ゴールデンイーグルスから見た中村紀洋中村紀洋

    5月8日 - 中村紀洋が対日本ハム戦でNPB史上55人目の通算300二塁打2010年の東北楽天ゴールデンイーグルス フレッシュアイペディアより)

  • 中畑清

    中畑清から見た中村紀洋中村紀洋

    は打線強化としてオリックスバファローズからアーロム・バルディリスを獲得した。だがチームは前年同様の低調な戦いが目立った上、前年の首位打者のブランコの故障、抑えのソーサの故障やブランコに変わり一軍に昇格して低打率ながら13試合に出場時点で10打点と活躍していた中村紀洋から采配批判され懲罰降格させるなど主力選手の離脱が響いた。一方で前年抑えから中継ぎに降格してこの年も中継ぎで不振だった山口を7年ぶりに先発に再転向させた。9月2日の阪神戦で暴力行為で退場処分、審判員への度重なる暴力行為が問題視され、労組審判支部から球団へ抗議文が送られ、GM補佐の山下大輔(当時)から説明を受けた。中畑清 フレッシュアイペディアより)

  • 横浜スタジアム

    横浜スタジアムから見た中村紀洋中村紀洋

    「2013.5.5 2000HITS 中村紀洋」(最終記録2101安打、2015年以降は事実上の引退状態 (中村紀洋参照) )横浜スタジアム フレッシュアイペディアより)

  • 川口憲史

    川口憲史から見た中村紀洋中村紀洋

    は開幕スタメンを勝ち取り、4月は好調を維持していたが、5月に肉離れで戦線を離脱したことが影響し、平凡な成績で終わった。また、不動の4番だった中村紀洋が半月板を痛めたため、中村がスタメンを外れたときは、ローズが4番に座り、川口が3番に座ることがあった。川口憲史 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
181件中 1 - 10件表示

「中村紀洋」のニューストピックワード