181件中 91 - 100件表示
  • 2004年アテネオリンピック

    2004年アテネオリンピックから見た中村紀洋中村紀洋

    三浦大輔・小林雅英・岩瀬仁紀・黒田博樹・上原浩治・清水直行・石井弘寿・安藤優也・松坂大輔・和田毅・岩隈久志・城島健司・相川亮二・宮本慎也・木村拓也・中村紀洋・小笠原道大・金子誠・藤本敦士・和田一浩・村松有人・谷佳知・高橋由伸・福留孝介(日本、野球)2004年アテネオリンピック フレッシュアイペディアより)

  • 井上一樹

    井上一樹から見た中村紀洋中村紀洋

    は同じく左打ちの外野手である李炳圭の獲得や、中村紀洋の獲得で森野将彦が三塁から外野に回る機会が増えるなどのチーム事情が影響し、出場機会が減少。序盤には二軍降格も経験した。しかし、タイロン・ウッズが契約切れで帰国したため、同年のアジアシリーズでの対SKワイバーンズ戦、対チャイナスターズ(中国プロリーグ選抜)戦、更に決勝の対SKワイバーンズ戦では4試合で3本塁打を放っている。同年限りで選手会長を退任し、6歳年下の荒木雅博に譲った。井上一樹 フレッシュアイペディアより)

  • 小坂誠

    小坂誠から見た中村紀洋中村紀洋

    、楽天初の地元(宮城県)出身選手として楽天入り。新たに作られた応援歌には「宮城の星」という節が入るなど地元ファンからの期待は大きかったが、シーズン当初は巨人時代と同じく代走や守備固めで起用されることがほとんどだった。5月に内野のレギュラーであった渡辺直人・高須洋介が相次いで故障すると、次第にスタメンでも起用されるようになる。5月3日の対オリックス戦では、8回一死二・三塁の場面で三塁走者・草野大輔の代走として出場すると、中村紀洋の二塁ゴロの間に内野の前進守備をかいくぐる好走塁で決勝点のホームを踏み、初となる地元でのお立ち台に登った。5月25日の対横浜戦でトム・マストニーから4年ぶりの本塁打を打つ。また、8月16日の対ロッテ戦では、延長12回一死満塁の場面で荻野忠寛からルーキーイヤー以来12年ぶりとなるサヨナラ安打を打った。小坂誠 フレッシュアイペディアより)

  • 水谷宏

    水谷宏から見た中村紀洋中村紀洋

    引退後、西本幸雄監督から「打撃投手をやってくれないか」と要請され、梨田昌孝、佐々木恭介、大石大二郎、中村紀洋ら「いてまえ打線」を陰からサポートした。水谷が打撃投手として抜擢された理由は彼の投球フォームがサイドスローで、山田久志、金城基泰、高橋直樹といった当時ライバル球団に多くいたサイドスロー・アンダースロー投手対策だったためだという。水谷宏 フレッシュアイペディアより)

  • ブレット・ハーパー

    ブレット・ハーパーから見た中村紀洋中村紀洋

    は開幕から打線の中軸として期待され、5番・一塁手で先発出場。5月11日の巨人戦(東京ドーム)で澤村拓一から決勝本塁打を放ったが、不調に入り中村紀洋と併用される時期が多くなった8月下旬から若手起用の方針から代打での出場が多くなった。9月24日に降格すると早々とシーズンを終えてアメリカに帰国。結局本塁打9本と期待された長打力を発揮できず11月25日に来季契約を結ばないことが発表され、11月30日に自由契約公示された。ブレット・ハーパー フレッシュアイペディアより)

  • バックスクリーン3連発

    バックスクリーン3連発から見た中村紀洋中村紀洋

    なお、この試合を当時11歳の中村紀洋が、左翼側観客席で観戦していた。バックスクリーン3連発 フレッシュアイペディアより)

  • 立浪和義

    立浪和義から見た中村紀洋中村紀洋

    中村紀洋の加入もあり出場機会が減ったものの、開幕戦で決勝打を放つなど、代打の切り札として活躍し、代打としての年間最多出場記録を樹立。日本シリーズ制覇やアジアシリーズ制覇に貢献。同年オフより打撃コーチを兼任。立浪和義 フレッシュアイペディアより)

  • 中田廉

    中田廉から見た中村紀洋中村紀洋

    父は元プロ野球選手で広島にも在籍したこともある野林大樹。叔父(母の実妹の夫)は元近鉄などの村上隆行。親子で広島に在籍するのは永田徹登、永田利則以来2組目。さらに村上の義弟(村上の実妹の夫)は元DeNAなどの中村紀洋で、食事を共にしたり、野球を始めた小6の頃に中村の自宅へ遊びに行ったことがある。その時にグラブとバット、そしてトレーニングウエアをプレゼントされ、今でも宝物として大切にしている。中田廉 フレッシュアイペディアより)

  • 岩隈久志

    岩隈久志から見た中村紀洋中村紀洋

    ''、5月29日の対日本ハムファイターズ戦で8回裏1点リードの状況で初登板し、9回裏に小笠原道大にソロホームランを浴びて同点に追いつかれた。しかし、延長10回表に近鉄打線が爆発し、中村紀洋のこの日3本目の本塁打となる満塁弾などで大きく勝ち越し、結果近鉄が17-12で勝利して岩隈はプロ初登板初勝利を挙げた。試合後には「自分が抑えていればすんなり勝てている状態だったのに打たれてしまいチームに申し訳ない」と語り、プロ初勝利の喜びの声はなかった。この年の後半戦に活躍し、最終的には完封1つを含む4勝2敗。手薄であった近鉄投手陣に貢献し、チームのリーグ優勝への力となった。ヤクルトスワローズとの日本シリーズでは第2戦に先発している(勝敗つかず)。岩隈久志 フレッシュアイペディアより)

  • オリックス・バファローズ (ファーム)

    オリックス・バファローズ (ファーム)から見た中村紀洋中村紀洋

    サーパスのユニフォームは、ファーム落ちの可能性が低い選手も含め全員分を作ったため(出典:綱島理友『プロ野球ユニフォーム物語』)、試合では着用しなかったが、イチローのユニフォームも存在し、オリックス退団・マリナーズ移籍時に当時の穴吹工務店社長との記念撮影で着用した。現在は、実家に隣接して開設されている記念館「イチロー展示ルーム I-fain」にて展示されている。また、中村紀洋や清原和博は試合で着用した事がある。オリックス・バファローズ (ファーム) フレッシュアイペディアより)

181件中 91 - 100件表示

「中村紀洋」のニューストピックワード