149件中 91 - 100件表示
  • 藤井淳志

    藤井淳志から見た中村紀洋中村紀洋

    5月に2歳年下の女性と結婚。シーズンでは中村紀洋の退団により森野将彦が三塁手に専念、それにより空いたセンターのポジションを獲得。シーズンを通してほぼスタメンで出場した。春季キャンプ中の練習試合では左右両打席でヒットを放ち、オープン戦でも左打席、右打席それぞれで本塁打を放つなど活躍。好調のまま迎えた公式戦では開幕直後の6試合で4本塁打と前3シーズンにおける自身の通算本塁打数(3本)を更新した。6月30日の対阪神戦では、3点差をひっくり返す、プロ入り初の逆転満塁本塁打を放った。4月28日の故郷豊橋での試合でスタメンで凱旋、過去の豊橋での試合では代打登場したが凡退、故郷豊橋では未だ無安打。9月6日、対横浜戦(新潟)で和田一浩と交錯して骨折し戦列離脱。結局、規定打席には8打席届かなかった。10月17日、ヤクルトとのクライマックスシリーズ第1ステージ初戦にスタメン出場し3安打と戦力として復帰した。しかしチームはクライマックスシリーズ第2ステージで敗退。恩師の立浪和義が引退し、立浪がロッカーで選手一人一人に挨拶をしたが、その中で藤井は泣いていたという。藤井淳志 フレッシュアイペディアより)

  • 戦力外通告

    戦力外通告から見た中村紀洋中村紀洋

    日本のプロ野球の場合戦力外通告は公式には任意引退や自由契約といった区別がある。球団からの戦力外通告はそれら公式の手続きから1ヶ月以上先立って行われる場合も多い。詳細は引退・プロ野球の項を参照されたい。なお、オフに中村紀洋の年俸交渉の時期が遅く交渉決裂後に自由契約となった中村を獲得しようとする球団が現れなかった(各球団の編成が終了していた)のを機に、2008年9月19日に日本プロフェッショナル野球組織と日本プロ野球選手会との間で下記の通り戦力外通告に関するルールが取り決められた。同時に、野球協約を超える減俸を承諾するか否かの選択を選手に通告する時期も、この期間になされなければならなくなった(選手が承諾しなければ球団はその選手の保有権を失う)。戦力外通告 フレッシュアイペディアより)

  • 谷元圭介

    谷元圭介から見た中村紀洋中村紀洋

    初登板:2009年4月4日、対東北楽天ゴールデンイーグルス2回戦(札幌ドーム) - 7回表二死に4番手として登板、打者は中村紀洋谷元圭介 フレッシュアイペディアより)

  • 安田美沙子

    安田美沙子から見た中村紀洋中村紀洋

    日清食品 どん兵衛(2001年)大阪近鉄時代の中村紀洋と共演安田美沙子 フレッシュアイペディアより)

  • 黄金世代

    黄金世代から見た中村紀洋中村紀洋

    イチロー世代 - イチロー、中村紀洋、松中信彦、小笠原道大、石井一久、黒木知宏、三浦大輔ら1973年4月2日から1974年4月1日までに生まれた選手黄金世代 フレッシュアイペディアより)

  • 中村真人 (野球)

    中村真人 (野球)から見た中村紀洋中村紀洋

    前述の同じ育成選手出身である内村賢介とは、2008年は背番号「98」「99」として1・2番コンビを組んでいた。背番号「99」を希望している中村紀洋加入後に背番号が変更されたが、2009年シーズンより中村の背番号が「00」、内村の背番号が「0」となることが決定され、結果的に背番号連番のコンビは保たれたが、内村が2012年シーズンより背番号を「6」に変更した。内村は、同シーズン途中に、横浜DeNAベイスターズの藤田一也とトレードされた。中村真人 (野球) フレッシュアイペディアより)

  • 細木数子

    細木数子から見た中村紀洋中村紀洋

    2005年11月25日の「幸せって何だっけ 〜カズカズの宝話〜」にて中村紀洋に「5,6年先に自殺する」と予言しているが、2012年3月現在生きている。細木数子 フレッシュアイペディアより)

  • プロ野球スピリッツ2011

    プロ野球スピリッツ2011から見た中村紀洋中村紀洋

    中村紀洋(横浜ベイスターズ)プロ野球スピリッツ2011 フレッシュアイペディアより)

  • 吉本新喜劇

    吉本新喜劇から見た中村紀洋中村紀洋

    変わり種では、2006年と2007年の3月に、吉本と芸能提携を結んでいるプロ野球球団のオリックス・バファローズ所属の選手たち(清原和博選手、中村紀洋選手など)が出演した『新喜劇にバファローズがやってきた!』の公演、ハローキティ(もちろん着ぐるみ)のゲスト出演などがある。吉本新喜劇 フレッシュアイペディアより)

  • 東海ラジオ ガッツナイター

    東海ラジオ ガッツナイターから見た中村紀洋中村紀洋

    2000年代以降はガッツナイター限定の中日選手が出演するCMが放送されており、アーレックスに出演していたアレックス・オチョア(発音が同じ)・福留孝介(アレックスが退団した2007年はアレックスのモノマネを披露。メナード青山リゾートにも出演)などや、2008年に放送された浜乙女のお茶漬けの中村紀洋(海苔=ノリつながり)、JAあいち豊田の山崎武司、荒木雅博(2008年はアントキの猪木が出演していた)があった。東海ラジオ ガッツナイター フレッシュアイペディアより)

149件中 91 - 100件表示

「中村紀洋」のニューストピックワード