149件中 11 - 20件表示
  • 中村勝広

    中村勝広から見た中村紀洋中村紀洋

    は、清原和博と中村紀洋の怪我による不振、更には先発投手陣の不振もあり、シーズン5位という成績に終わった。同年、不振の責任を取る形で1年で辞任。中村勝広 フレッシュアイペディアより)

  • 森野将彦

    森野将彦から見た中村紀洋中村紀洋

    は三塁手中村紀洋の加入に伴い、主に左翼手として出場。その後は荒木の戦線離脱もあり、前半戦は二塁手としても出場。オールスターゲームに初出場を果たし優秀選手賞に選ばれた。後半戦以降は福留孝介の離脱もあり、中堅手や右翼手としての出場も増え、打順は5番や3番を任された。この年バッテリー以外の全ポジションを経験。2年連続で規定打席に到達し、更に自己最高の打率.294、18本塁打を記録。本塁打と打点は前年よりほぼ倍増し、打線の中軸としての役割に応えた。日本シリーズでも4打点を挙げて優秀選手賞に選ばれた。森野将彦 フレッシュアイペディアより)

  • 2007年の日本シリーズ

    2007年の日本シリーズから見た中村紀洋中村紀洋

    中日は2回、平田の犠牲フライで1点を先制すると、先発・山井大介が8回を荒木雅博・中村紀洋らの好守,井端弘和の徹底した対セギノールシフトもあり、一人の走者も許さないパーフェクトペース。最後は守護神・岩瀬に交代して3人で締めて、継投による完全試合(NPBでは参考記録扱い)を達成。山井から岩瀬への継投を行った落合監督の采配については、スポーツマスコミ、野球評論家などを中心に賛否両論が巻き起った。2007年の日本シリーズ フレッシュアイペディアより)

  • 博士と助手〜細かすぎて伝わらないモノマネ選手権〜

    博士と助手〜細かすぎて伝わらないモノマネ選手権〜から見た中村紀洋中村紀洋

    「ANN NEWS&SPORTS」より、プロ野球選手(中村紀洋)の入団会見を紹介する長嶋三奈博士と助手〜細かすぎて伝わらないモノマネ選手権〜 フレッシュアイペディアより)

  • 2008年の日本プロ野球

    2008年の日本プロ野球から見た中村紀洋中村紀洋

    6月7日 - 中日・中村紀洋内野手がナゴヤドームで行われた対日本ハム第4回戦の8回裏、星野八千穂投手から今季第11号2ランホームランを放ち、史上22人目となる通算350号本塁打を達成。2008年の日本プロ野球 フレッシュアイペディアより)

  • 和田一浩

    和田一浩から見た中村紀洋中村紀洋

    東尾修監督に「次世代を担うバッテリー」として松坂大輔と開幕戦でスタメン起用され、その後も松坂と7回にわたってバッテリーを組んだ。打撃も好調で一気に16本塁打、規定打席未満ながら打率.306を打って注目を集めた。守備位置はまだ捕手と外野手で一定せず、打順も2番と4番以外全てに起用され、本格的にレギュラー獲得とはいかなかった。9月24日の対近鉄最終戦で松坂大輔がタフィ・ローズに55号本塁打を打たれ、中村紀洋に逆転サヨナラ2点本塁打を打たれた試合で捕手としてフル出場していた。和田一浩 フレッシュアイペディアより)

  • はねるのトびらの企画

    はねるのトびらの企画から見た中村紀洋中村紀洋

    中村紀洋(2005年11月23日放送の2時間SP内にて)【ABUCHANS勝利。「泣きの4球目」もABUCHANSが勝ち、罰として近鉄バファローズ入団当時のユニフォームを没収】はねるのトびらの企画 フレッシュアイペディアより)

  • 吉田剛

    吉田剛から見た中村紀洋中村紀洋

    1984年秋のドラフト2位で近鉄バファローズが指名。しかし明治大学に進学予定だったため事態は長期化。翌年、キャンプインしてから入団発表するという異例の事態に発展した。1988年から1995年にかけて大いに活躍したが、中村紀洋、水口栄二、武藤孝司ら若手の台頭で出場機会が激減し、主に代打、代走、守備固めで起用されることとなる。吉田剛 フレッシュアイペディアより)

  • 中村ノリ

    中村ノリから見た中村紀洋中村紀洋

    中村ノリ フレッシュアイペディアより)

  • プロ野球チームをつくろう!&あそぼう!

    プロ野球チームをつくろう!&あそぼう!から見た中村紀洋中村紀洋

    高年俸の中村紀洋を獲得するのか、放出するのかそこに悩むプレイヤーは多いだろう。もしも中村がホークスやファイターズに移籍してしまった場合戦いは非常に厳しくなる。投手陣にはゲーム中最強クラスとの呼び声が高い山村宏樹がいる。プロ野球チームをつくろう!&あそぼう! フレッシュアイペディアより)

149件中 11 - 20件表示

「中村紀洋」のニューストピックワード