149件中 21 - 30件表示
  • うねり打法

    うねり打法から見た中村紀洋中村紀洋

    手塚の著書『バッティングの極意』では、うねり打法をおおまかにシングルスピン打法、ダブルスピン打法に分類できるとし、濱中治や小笠原道大をシングルスピン系に、タフィー・ローズや中村紀洋をダブルスピン系の打者としていた。うねり打法 フレッシュアイペディアより)

  • ミックスモダン打線

    ミックスモダン打線から見た中村紀洋中村紀洋

    名前の由来は関西地方のお好み焼きである「ミックスモダン焼き」から。清原和博がオリックスに入団した時、自身と中村紀洋をマヨネーズとソースに喩えた発言をした(ちなみにこのとき北川博敏は「じゃあ僕は紅生姜ですね」と発言している)ことから、当時オリックス監督の中村勝広などが命名した。清原・中村紀の新加入の長距離砲と既存の戦力を融合させ、長打と機動力を組み合わせた、ミックスモダン焼きのような盛り沢山な打線になってほしいという意味合いが込められている。ミックスモダン打線 フレッシュアイペディアより)

  • 神野信也

    神野信也から見た中村紀洋中村紀洋

    新居浜商高時代は、四国屈指の好投手として注目されていた。同期の選手には石井一久、イチロー、中村紀洋などがいる。社会人のNTT四国入りも噂されたが、1991年のドラフト5位で西武ライオンズから指名され入団。神野信也 フレッシュアイペディアより)

  • ラファエル・クルス

    ラファエル・クルスから見た中村紀洋中村紀洋

    シーズン開幕前、中村紀洋と支配下登録を争う存在として注目を集めていた。ファームのクローザーとしてチームの躍進に貢献。1勝10セーブ、防御率0.75の成績を上げている。ラファエル・クルス フレッシュアイペディアより)

  • ガッツだ!ドラゴンズ

    ガッツだ!ドラゴンズから見た中村紀洋中村紀洋

    後半(時報後の交通情報の後)の井上選手が電話をかけて話をする企画では、中村紀洋(29日)・岩瀬仁紀(30日)・近藤真市(31日)・立浪和義(1日)・朝倉健太(2日)が出演した。ガッツだ!ドラゴンズ フレッシュアイペディアより)

  • 河西俊雄

    河西俊雄から見た中村紀洋中村紀洋

    1977年から近鉄バファローズのスカウト部長に就任し、大石大二郎・金村義明・野茂英雄・阿波野秀幸・中村紀洋・吉井理人を担当した。1995年に福留孝介を入団させることができなかったことからスカウトを引退した。河西俊雄 フレッシュアイペディアより)

  • ナルシソ・エルビラ

    ナルシソ・エルビラから見た中村紀洋中村紀洋

    しかし、なんとエルビラにノーヒットノーランを達成されてしまい、赤っ恥をかいた。なお、この試合ではサード後方に上がったフライを中村紀洋が背面ジャンピングキャッチするなどのナイスプレーを見せ、大記録達成に貢献した(このプレーには思わずエルビラもグラブを叩いて喜んだ)。ナルシソ・エルビラ フレッシュアイペディアより)

  • 三木仁

    三木仁から見た中村紀洋中村紀洋

    2006年10月5日、戦力外通告を受け、引退。入団当初は三塁守備とパワーのある打撃で「ポスト中村紀洋」との声もあったが、結局活躍できなかった。三木仁 フレッシュアイペディアより)

  • 青木勇人 (野球)

    青木勇人 (野球)から見た中村紀洋中村紀洋

    2002年シーズン中に肩を故障。に復帰するも、対大阪近鉄バファローズ戦にて中村紀洋に死球を与えた時、青木が帽子に手をやることもなかったため、そのことに激高したタフィ・ローズに突き飛ばされ、外傷性頸部症候群(むち打ち症)になってしまう。それによる降格以降は思い切りの良さが消え、故障も重なって低迷が続いた。これ以降3年連続防御率10点台と大不振に陥った。青木勇人 (野球) フレッシュアイペディアより)

  • 全国竜心連合

    全国竜心連合から見た中村紀洋中村紀洋

    中村紀洋(近鉄?オリックス時代から同じものが使用されている)全国竜心連合 フレッシュアイペディアより)

149件中 21 - 30件表示

「中村紀洋」のニューストピックワード