181件中 31 - 40件表示
  • うねり打法

    うねり打法から見た中村紀洋中村紀洋

    手塚の著書『バッティングの極意』では、うねり打法をおおまかにシングルスピン打法、ダブルスピン打法に分類できるとし、濱中治や小笠原道大をシングルスピン系に、タフィー・ローズや中村紀洋をダブルスピン系の打者としていた。うねり打法 フレッシュアイペディアより)

  • 堺浜野球場

    堺浜野球場から見た中村紀洋中村紀洋

    2007年1月、当時オリックス・バファローズに在籍していた中村紀洋は球団との契約更改交渉がこじれ、移籍先も見つからなかったため自由契約となった。中村は移籍先が見つかるまでの間、義兄の村上嵩幸(野球解説者、元大阪近鉄バファローズ他)らと共に自主トレーニングを続けたが、その間はこの堺浜をはじめとする大阪市周辺の野球場を転々としていた。中村は2月15日に中日ドラゴンズの入団テストに参加、同25日に育成選手枠で正式に入団した。堺浜野球場 フレッシュアイペディアより)

  • ラスベガス・フィフティワンズ

    ラスベガス・フィフティワンズから見た中村紀洋中村紀洋

    には中村紀洋が在籍。101試合に出場した。また、元日本ハムで、から親球団の打撃コーチに就任したマイク・イースラーがまで打撃コーチを務めていた。ラスベガス・フィフティワンズ フレッシュアイペディアより)

  • ラファエル・ディアス

    ラファエル・ディアスから見た中村紀洋中村紀洋

    初奪三振:同上、9回裏に中村紀洋からラファエル・ディアス フレッシュアイペディアより)

  • 大鳥れい

    大鳥れいから見た中村紀洋中村紀洋

    プロ野球選手の中村紀洋とは高校の同級生。大鳥れい フレッシュアイペディアより)

  • 2013年の横浜DeNAベイスターズ

    2013年の横浜DeNAベイスターズから見た中村紀洋中村紀洋

    4月27日 -対ヤクルト戦(横浜スタジアム)で藤井秀悟の完投で9対1で勝利し、藤井は6安打1失点の内容で、ヤクルト時代の2002年5月29日の対巨人戦以来11年(3986日)ぶりの完投勝利で、NPB記録を更新中だった先発完投なしを107でストップ。また中村紀洋がプロ野球史上14人目のNPB通算1000四球2013年の横浜DeNAベイスターズ フレッシュアイペディアより)

  • 河西俊雄

    河西俊雄から見た中村紀洋中村紀洋

    から近鉄バファローズのスカウト部長に就任し、大石大二郎・金村義明・小野和義・阿波野秀幸・赤堀元之・野茂英雄・中村紀洋・高村祐・吉井理人らを担当した。1995年に福留孝介を入団させることができなかったことからスカウトを引退した。自宅が阪神甲子園球場から徒歩5分程度の位置にあり、スカウト引退後も高校野球(春の甲子園・夏の甲子園)観戦に足しげく通っていた。また、サンケイスポーツで、『河西俊雄のええ子おるで』を連載していた。河西俊雄 フレッシュアイペディアより)

  • マエルス・ロドリゲス

    マエルス・ロドリゲスから見た中村紀洋中村紀洋

    2000年のシドニーオリンピックでは予選ラウンドの日本戦で抑え投手として登板、日本代表のクリーンナップトリオ、3番田口壮・4番中村紀洋・5番松中信彦を三者連続三振に斬って取る等、2イニングを完璧に抑える。決勝戦でもアメリカ代表相手に4.2イニングで7奪三振・無失点の好投をするが、キューバ代表チームはベン・シーツに完封されて敗北して銀メダルに終わる。しかし大会を通して12.1イニングで4与四球・22奪三振・1自責点の好成績だった。マエルス・ロドリゲス フレッシュアイペディアより)

  • 水田章雄

    水田章雄から見た中村紀洋中村紀洋

    清教学園高校3年時の夏の大阪府大会では、4回戦で中村紀洋のいる渋谷高に敗れている。立命館大学では38回連続無失点を記録。リーグ戦通算5勝2敗。社会人野球の大和銀行を経て1998年のドラフト5位指名を受け福岡ダイエーホークスに入団した。水田章雄 フレッシュアイペディアより)

  • 鷹野史寿

    鷹野史寿から見た中村紀洋中村紀洋

    中村紀洋がシドニーオリンピックに出場した際は、中村の抜けた3番を務めた。鷹野史寿 フレッシュアイペディアより)

181件中 31 - 40件表示

「中村紀洋」のニューストピックワード