149件中 41 - 50件表示
  • 金子洋平

    金子洋平から見た中村紀洋中村紀洋

    社会人時代に中村紀洋を参考にフォームを改造し、広角に打てる長打力には他球団からも定評があった。入団会見では「本塁打を(背番号の)40本打てる選手」を目標として掲げている。それに対し、50メートル8.1秒、遠投96メートルと守備能力は高くない。金子洋平 フレッシュアイペディアより)

  • 澤井道久

    澤井道久から見た中村紀洋中村紀洋

    2007年はオープン戦から好調を維持し、開幕一軍メンバー入りを果たす。ただしルーキーの年と違うのは走力のみならず打撃力にも期待されての抜擢である。その期待に応えるように3月30日のヤクルトとの開幕戦ではプロ入り初打点を挙げ、荒木や中村紀洋が故障した際は代わってスタメンに名を連ねることもあった。澤井道久 フレッシュアイペディアより)

  • 吉川勝成

    吉川勝成から見た中村紀洋中村紀洋

    入団から4年間はほとんど2軍暮らしだったが、入団5年目の2004年にオープン戦で結果を残し、開幕1軍入り。開幕第2戦の北海道日本ハムファイターズ戦で、9回表に吉田豊彦からSHINJOが勝ち越し3ラン本塁打を放った後に登板し、エンジェル・エチェバリアを3球三振で抑えると、その裏に相手失策などでの二死満塁からラリー・バーンズ・中村紀洋の連打でチームは逆転サヨナラ勝ちを収め、幸運なプロ初勝利を挙げた。夏場は疲労で調子を落としたが、1年を通じてリリーフとして活躍し50試合4勝4敗、防御率2.82の好成績を挙げた。吉川勝成 フレッシュアイペディアより)

  • 森山一人

    森山一人から見た中村紀洋中村紀洋

    1991年、島根県立邇摩高等学校からドラフト6位で近鉄へ入団。高卒の同期入団に中村紀洋がおり、自主トレも共に行ったことがある。俊足強肩の選手だったが、打撃が弱く1軍出場は8試合に終わる。森山一人 フレッシュアイペディアより)

  • ラリー・バーンズ

    ラリー・バーンズから見た中村紀洋中村紀洋

    開幕戦から3番を任された、開幕第2戦での対日本ハム戦では、3点を追う9回裏2死満塁の場面で、建山義紀から2点適時二塁打を放ち、続く中村紀洋の逆転サヨナラ打に繋げた。ところが、翌日の試合で故障に見舞われる。6月1日に復帰すると、6月8日の対西武戦で来日初本塁打を満塁本塁打で飾った。なお、同僚の大西宏明が同年に初本塁打を初回先頭打者本塁打で記録していたことで、先頭打者本塁打と満塁本塁打により初本塁打を記録した選手が同一年に揃ったのは、史上2例目となった。しかし、その後は勢いが持続せず、7月にマリオ・バルデス外野手の加入で二軍に降格。暫く活躍していたそのマリオが調子を落としてからは、8月28日に再登録。同日の対ロッテ戦で出場するが、1点リードの9回表2死2塁の場面でマット・フランコが放ったライナー性の打球を後逸(記録は三塁打)。同点になった後、チームは延長戦の末に敗れ、Bクラスが決定した。結局、一・二軍の往復に終始し、チームの消滅とともに自由契約となった。ラリー・バーンズ フレッシュアイペディアより)

  • Love BayStars

    Love BayStarsから見た中村紀洋中村紀洋

    第12回 2011年6月26日 - 中村紀洋Love BayStars フレッシュアイペディアより)

  • 堺浜野球場

    堺浜野球場から見た中村紀洋中村紀洋

    2007年1月、当時オリックス・バファローズに在籍していた中村紀洋は球団との契約更改交渉がこじれ、移籍先も見つからなかったため自由契約となった。中村は移籍先が見つかるまでの間、義兄の村上嵩幸(野球解説者、元大阪近鉄バファローズ他)らと共に自主トレーニングを続けたが、その間はこの堺浜をはじめとする大阪市周辺の野球場を転々としていた。中村は2月15日に中日ドラゴンズの入団テストに参加、同25日に育成選手枠で正式に入団した。堺浜野球場 フレッシュアイペディアより)

  • 宮本勝浩

    宮本勝浩から見た中村紀洋中村紀洋

    2006年 「阪神優勝の経済効果」、「清原、中村選手のオリックス入団の経済効果」、「2008年大阪サミット誘致の経済効果」、「ディープインパクトの経済効果」宮本勝浩 フレッシュアイペディアより)

  • いてまえ打線

    いてまえ打線から見た中村紀洋中村紀洋

    ただし、1992年〜1994年頃のいてまえ打線はラルフ・ブライアント、石井浩郎らの長打力に、大石大二郎を中心とした機動力をミックスして得点を挙げていたが、2001年〜2002年には、ほとんど機動力に頼らず、タフィ・ローズ、中村紀洋らを中心とした長打力で得点を挙げることが多く、時代によって多少毛色が異なっている。いてまえ打線 フレッシュアイペディアより)

  • ニック・マーケイキス

    ニック・マーケイキスから見た中村紀洋中村紀洋

    同年にはマイナーリーグのSS-A級アバディーンで59試合に出場。地元を離れたことによるホームシックや投手への未練、さらには金属バットから木製バットへの対応など様々な要因に苦しむが、打率.283を記録した。翌には、ギリシャ系とドイツ系のハーフであることから、8月のアテネ五輪にギリシャ代表の一員として出場。チームが大会唯一の勝利を挙げた21日のイタリア戦では、3打数2安打4打点と活躍した。22日の日本戦では5番・指名打者として先発出場した後に9回表には投手としても登板。高橋由伸に死球を与えたが、続く城島健司を一邪飛に、中村紀洋を内野ゴロ併殺打に打ち取った。本人は「あの大会に出場したので一皮むけた」と振り返っている。ニック・マーケイキス フレッシュアイペディアより)

149件中 41 - 50件表示

「中村紀洋」のニューストピックワード