181件中 61 - 70件表示
  • 1996年の野球

    1996年の野球から見た中村紀洋中村紀洋

    5月25日 - 近鉄対オリックス戦でオリックスのイチローと、近鉄の中村紀洋と内匠政博がそれぞれ満塁ホームランを記録。日本プロ野球史上初の一試合3本の満塁ホームラン。1996年の野球 フレッシュアイペディアより)

  • ジェイソン・グラボースキー

    ジェイソン・グラボースキーから見た中村紀洋中村紀洋

    とは、ロサンゼルス・ドジャースに所属していた。2005年末にオリックス・バファローズへの入団が決まる。同じく2005年末にオリックスへの復帰が決まった中村紀洋とは、ドジャース傘下のラスベガス・フィフティワンズでクリーンナップを組んでいたチームメイトであり、中村を通してチームにオファーをかけていたという。ジェイソン・グラボースキー フレッシュアイペディアより)

  • ラリー・バーンズ

    ラリー・バーンズから見た中村紀洋中村紀洋

    開幕戦から3番を任された、開幕第2戦での対日本ハム戦では、3点を追う9回裏2死満塁の場面で、建山義紀から2点適時二塁打を放ち、続く中村紀洋の逆転サヨナラ打に繋げた。ところが、翌日の試合で故障に見舞われる。6月1日に復帰すると、6月8日の対西武戦で来日初本塁打を満塁本塁打で飾った。なお、同僚の大西宏明が同年に初本塁打を初回先頭打者本塁打で記録していたことで、先頭打者本塁打と満塁本塁打により初本塁打を記録した選手が同一年に揃ったのは、史上2例目となった。しかし、その後は勢いが持続せず、7月にマリオ・バルデス外野手の加入で二軍に降格。暫く活躍していたそのマリオが調子を落としてからは、8月28日に再登録。同日の対ロッテ戦で出場するが、1点リードの9回表2死2塁の場面でマット・フランコが放ったライナー性の打球を後逸(記録は三塁打)。同点になった後、チームは延長戦の末に敗れ、Bクラスが決定した。結局、一・二軍の往復に終始し、チームの消滅とともに自由契約となった。ラリー・バーンズ フレッシュアイペディアより)

  • ボク達同級生!プロ野球昭和40年会VS48年会

    ボク達同級生!プロ野球昭和40年会VS48年会から見た中村紀洋中村紀洋

    中村紀洋(元近鉄→ロサンゼルス・ドジャース→オリックス→中日→楽天→横浜DeNAベイスターズ)ボク達同級生!プロ野球昭和40年会VS48年会 フレッシュアイペディアより)

  • ウィリー・フレーザー

    ウィリー・フレーザーから見た中村紀洋中村紀洋

    1998年7月5日の対近鉄戦の7回表、1アウト1塁、12対3と近鉄リードの場面で、近鉄の大村直之が3塁線にバントし、フレーザーがバントされたことに激怒、その後中村紀洋に背中へ死球。中村は激昂しフレーザーに詰め寄り乱闘騒ぎになった。ウィリー・フレーザー フレッシュアイペディアより)

  • 三木仁

    三木仁から見た中村紀洋中村紀洋

    2002年、大阪近鉄バファローズにドラフト5巡目で入団。入団当初は三塁守備とパワーのある打撃で「ポスト中村紀洋」との声もあった。2003年には一軍に上がり、シーズン最終の2試合に三塁手として先発出場。しかしその後は出場機会に恵まれず、2005年、分配ドラフトによりオリックス・バファローズに移籍。2006年10月5日に戦力外通告を受け、同年限りで引退した。三木仁 フレッシュアイペディアより)

  • 左門豊作

    左門豊作から見た中村紀洋中村紀洋

    大洋在籍時の背番号は99。現実の大洋(→横浜→横浜DeNA)では高木由一コーチ(『新・巨人の星』時代は現役外野手として在籍し、当時の背番号は6番)が初めて使用、その後は主にコーチやチームスタッフの背番号として使われている。現役選手では、横山道哉(投手・2007年?2009年)・中村紀洋(内野手・2011年?2014年)が着けた。左門豊作 フレッシュアイペディアより)

  • 2001年の日本シリーズ

    2001年の日本シリーズから見た中村紀洋中村紀洋

    第1戦に続きヤクルトが小刻みに点を重ね、4回表までに4-0とリード。近鉄は4回裏中村紀洋の本塁打、5回裏タフィ・ローズの犠牲フライで1点ずつ返す。6回裏2死1、2塁から大村直之の適時打を放ち3点差。なお2人の走者という場面でヤクルトは藤井に代えて島田直也が登板するも、伏兵の水口栄二が3ラン本塁打を放ち同点。8回にはローズの3ラン本塁打で勝ち越した。6番手で登板した岡本晃は最少投球勝利投手のシリーズ記録となる2球で勝利投手となった。なお近鉄は2002年から2004年の3年間は優勝できず、2004年オフにオリックスブルーウェーブと合併したことから、岡本は近鉄の投手で日本シリーズで勝ち星を挙げた最後の投手となった。2001年の日本シリーズ フレッシュアイペディアより)

  • ガッツだ!ドラゴンズ

    ガッツだ!ドラゴンズから見た中村紀洋中村紀洋

    後半(時報後の交通情報の後)の井上選手が電話をかけて話をする企画では、中村紀洋(29日)・岩瀬仁紀(30日)・近藤真市(31日)・立浪和義(1日)・朝倉健太(2日)が出演した。ガッツだ!ドラゴンズ フレッシュアイペディアより)

  • 川崎祭

    川崎祭から見た中村紀洋中村紀洋

    2003年のその他の2ちゃんねるの投票運動として、セ・リーグのキャッチャーにカツノリ(父親が野村克也という親の七光りへの揶揄)や鈴衛佑規(2ちゃんねるで人気を博していた)、ファーストにトレイ・ムーア(本来のポジションは投手だが、打撃がよく打者としての出場を期待して)、パ・リーグのDHに松坂大輔(本来のポジションは投手だが、打撃力も高く、代打で登場して打点を挙げたこともある)、キャッチャーに福澤洋一(この年限りでの引退が濃厚であったため)、サードに小笠原道大(中村紀洋の1位阻止)、ショートにリック・ショート(名前とポジションの名が同じ事から駄洒落)などが呼びかけられていた。結果としてセ・リーグのファーストでムーアは3位になり、パ・リーグのサードには小笠原が2位の中村を抑えて1位となった。川崎祭 フレッシュアイペディアより)

181件中 61 - 70件表示

「中村紀洋」のニューストピックワード