181件中 71 - 80件表示
  • 1996年のオリックス・ブルーウェーブ

    1996年のオリックス・ブルーウェーブから見た中村紀洋中村紀洋

    5月25日 - 近鉄対オリックス戦でイチローと、近鉄の中村紀洋と内匠政博がそれぞれ満塁ホームランを記録。日本プロ野球史上初の一試合3本の満塁ホームラン。1996年のオリックス・ブルーウェーブ フレッシュアイペディアより)

  • ナルシソ・エルビラ

    ナルシソ・エルビラから見た中村紀洋中村紀洋

    2000年6月20日の試合前、西武の東尾修監督は、それまでエルビラをカモにしていた余裕から、森進一の曲とかけて「冬のリビエラならぬ夏のエルビラだよ」と報道陣の前でエルビラをからかう発言をしていた。しかし、その日の試合ではエルビラは、ノーヒットノーランを達成した。なお、この試合ではサード後方に上がったフライを中村紀洋が背面ジャンピングキャッチするなどのプレーを見せ、記録達成に貢献した(このプレーには思わずエルビラもグラブを叩いて喜んだ)。ナルシソ・エルビラ フレッシュアイペディアより)

  • 攝津正

    攝津正から見た中村紀洋中村紀洋

    初奪三振:2009年4月9日、対東北楽天ゴールデンイーグルス3回戦(クリネックススタジアム宮城)、8回裏に中村紀洋から空振り三振攝津正 フレッシュアイペディアより)

  • 浜乙女

    浜乙女から見た中村紀洋中村紀洋

    2008年(平成20年)は東海地区限定で当時中日ドラゴンズに所属していた中村紀洋が東海ラジオ ガッツナイター限定の海苔茶漬けのラジオCMに出演している(愛称が「ノリ」であることに由来)。浜乙女 フレッシュアイペディアより)

  • 2007年の野球

    2007年の野球から見た中村紀洋中村紀洋

    【五輪】全日本野球会議は、第24回アジア野球選手権大会兼北京オリンピック野球日本代表の1次選考候補の追加10選手を発表した。唯一、プレオリンピック大会で好投した愛工大の長谷部康平投手がアマチュアから選出された。残る9選手は次のとおり。投手(5人)?武田勝(北海道日本ハム)、成瀬善久(千葉ロッテ)、加藤大輔(オリックス)、朝倉健太(中日)、渡辺亮(阪神)。内野手(3人)?川崎宗則(福岡ソフトバンク)、高須洋介(東北楽天)、中村紀洋(中日)。外野手(1人)?サブロー(千葉ロッテ)。最終候補選手30人は10月に発表される見通し。(5月7日のできごと参照。)2007年の野球 フレッシュアイペディアより)

  • 2014年の日本プロ野球

    2014年の日本プロ野球から見た中村紀洋中村紀洋

    10月3日 - DeNAは中村紀洋、藤井秀悟、小林太志、藤江均、北方悠誠、菊地和正、神内靖、眞下貴之、伊藤拓郎、冨田康祐、と育成選手の古村徹、佐村・トラヴィス・幹久に戦力外通告したことと、投手コーチの岡本克道と?浦己佐緒と来季の契約を結ばないことを発表2014年の日本プロ野球 フレッシュアイペディアより)

  • 草野大輔

    草野大輔から見た中村紀洋中村紀洋

    のオープン戦時に右ふくらはぎの肉離れによって登録抹消、開幕一軍入りはならなかった。4月12日の西武戦で一軍復帰し、「6番・三塁手」で先発出場するといきなり4安打を放つ活躍を見せた。その後も中村紀洋の加入で空いた守備位置がなくなったため、野村の苦肉の策として19日にプロ入り後、全く経験のないレフトの守備に就かせ、4月22日には初めて左翼手でのスタメン出場を果たした。4・5月は5割弱の高打率を維持、球団新記録となる21試合連続安打を記録した(後に鉄平が更新)。シーズン途中に外野手のトッド・リンデンを獲得してからは攻撃的なオーダーを組むためにセカンドに回るものの、5月25日に不足打席分が解消され規定打席に到達。打率.402で首位打者に躍り出た。7月にはオールスターゲームファン投票で外野手部門3位に輝き、初のオールスター出場を果たす。川井雄太から初安打を放ち、1戦目でレフト、2戦目でセカンド・サードを守ってユーティリティーぶりを発揮した。8月4日、サードゴロを捌く際に右足のスパイクで自らの左足のズボンの裾を踏んで転倒してしまい、ぎっくり腰で一軍登録を外れたが、半月で再登録された。中村紀の二軍落ち後は三塁手のレギュラーに固定され、自身初の規定打席に到達し打率.305、54打点(自己最高)の成績を残した。一方、前半の活躍の警戒からか両リーグ最多の17死球を記録した。草野大輔 フレッシュアイペディアより)

  • 朝井秀樹

    朝井秀樹から見た中村紀洋中村紀洋

    そのものまねや、人懐っこい性格が功を奏し、中村紀洋・小笠原道大・岩隈久志・阿部慎之助など大物選手に可愛がられている。朝井秀樹 フレッシュアイペディアより)

  • 大村直之

    大村直之から見た中村紀洋中村紀洋

    の開幕前に、それまで拳一個分以上短く持っていたバットをグリップ部分から握る通常の形にしたところ、前年は3本だった本塁打が大幅に増加し、打率.271・16本塁打・53打点の成績を残す。チームはタフィ・ローズ・中村紀洋らの活躍で12年ぶりのリーグ優勝を果たした。大村直之 フレッシュアイペディアより)

  • 内村賢介

    内村賢介から見た中村紀洋中村紀洋

    2012年6月24日に横浜DeNAベイスターズの藤田一也とのトレードが発表された。背番号は藤田が着用していた「23」に決定。移籍後は正二塁手の石川雄洋が怪我をしたことも重なり、二塁手のレギュラーを獲得。また、途中加入にもかかわらず、チーム2位となる18盗塁を記録した。一方で、打撃面ではシーズンを通しての打率が.215、移籍後のみでも.237と精彩を欠いた。この年の8月15日の阪神タイガース戦では盗塁を決めたが、その打席に立っていた中村紀洋から盗塁したことを非難される出来事があった。首脳陣がサインを出さなくても自分の判断で盗塁ができる「グリーンライト」の権利を内村が持っていることから中村の叱責は采配批判にあたるとされ、中畑清監督によって中村は登録抹消された。内村賢介 フレッシュアイペディアより)

181件中 71 - 80件表示

「中村紀洋」のニューストピックワード