181件中 81 - 90件表示
  • 鄭ミン台

    鄭ミン台から見た中村紀洋中村紀洋

    アマチュア時代は韓国代表チームのエースとして活躍したが、プロに入ってからは国際試合ではこれと言った活躍は見せなかった。2000年、韓国代表の先発としてシドニー五輪グループリーグの日本戦に登板し、沖原佳典に先頭打者本塁打を浴びた後、中村紀洋の打球を足に受け降板した。2003年のアテネ五輪予選では台湾戦に先発登板し、不安定な投球内容で4回2失点で降板しチームを勝利に導けなかった。鄭ミン台 フレッシュアイペディアより)

  • 礒部公一

    礒部公一から見た中村紀洋中村紀洋

    翌は梨田が現役時代に付けていた背番号8に変更し、春季キャンプで梨田自らキャッチングやスローイングの基礎から指導するなど正捕手としての期待が大きかったが、オープン戦で8回の盗塁機会を1回も刺せなかったなど守備面の向上が見られず、球団アドバイザーのトミー・ラソーダの進言もあって梨田は礒部の捕手起用を断念し、外野手に専念することとなった。しかし守備面での負担が軽減されたこともあって打撃面が一気に開花。主に5番として打率.320、17本塁打、95打点の成績を残し、中村紀洋、タフィ・ローズらと強力クリーンナップを組みチーム12年ぶりのパ・リーグ優勝に大きく貢献。リーグ1位の得点圏打率.417を記録して、この年「最強の5番打者」と言われた。また右投手より左投手からの方が打率が高かったが、日本シリーズ第1戦で左投手の石井一久に完全に抑え込まれ、結局このシリーズ無安打に終わり「逆シリーズ男」の烙印を押されてしまった。また、自身唯一のタイトルのベストナインの外野手部門にも輝いた。礒部公一 フレッシュアイペディアより)

  • ブレイン・ボイヤー

    ブレイン・ボイヤーから見た中村紀洋中村紀洋

    初奪三振:同上、7回裏に中村紀洋から空振り三振ブレイン・ボイヤー フレッシュアイペディアより)

  • キャットルーキー

    キャットルーキーから見た中村紀洋中村紀洋

    第2部から登場。モデルは中村紀洋。背番号66→6。実際の中村は三塁手であるが、この作中での仲村は主に外野を守っている。(第3部での紅白戦ではサードで出場もしている)キャットルーキー フレッシュアイペディアより)

  • 馬場豊

    馬場豊から見た中村紀洋中村紀洋

    大阪近鉄バファローズのファン。中でも中村紀洋は、近鉄が解体された後も活躍を追い続ける程のファンである。馬場豊 フレッシュアイペディアより)

  • ホセ・フェルナンデス (1974年生の内野手)

    ホセ・フェルナンデス (1974年生の内野手)から見た中村紀洋中村紀洋

    は7月に本塁打を1本も打てないなど、最終的には本塁打こそ18本にとどまったが、打率.301・99打点、OPS.843の成績を残した。しかしシーズン終了後、打撃はもちろん守備も定評のある中村紀洋のFAによる楽天入団が決定、自身の失策数が多くこれがネックとなり、12月1日に自由契約となった。オフにオリックス・バファローズや阪神タイガースが獲得に興味を示したが、年内は契約がまとまらなかった。ホセ・フェルナンデス (1974年生の内野手) フレッシュアイペディアより)

  • Mr.FULLSWING

    Mr.FULLSWINGから見た中村紀洋中村紀洋

    なお本作のタイトルは2001年連載開始当初、絶頂期を迎えていたミスターフルスイングことプロ野球選手の中村紀洋をモチーフとしており、主人公である猿野天国が通う十二支高校を20年前に夏の甲子園3連覇に導いた村中紀洋もまた中村がモデルとなっている。作中における愛称もミスターフルスイングとなっていて、更に本作の執筆を思いついたきっかけも「中村紀洋がホームランを打ってバットを高く放り投げる所にしびれて一目惚れしたから」とのことである。Mr.FULLSWING フレッシュアイペディアより)

  • 2002年の日本プロ野球

    2002年の日本プロ野球から見た中村紀洋中村紀洋

    11月5日 - 近鉄の中村紀洋がFA宣言2002年の日本プロ野球 フレッシュアイペディアより)

  • 1995年の日本シリーズ

    1995年の日本シリーズから見た中村紀洋中村紀洋

    毎日放送(NRN) 解説:佐々木恭介 ゲスト解説:中村紀洋(近鉄)1995年の日本シリーズ フレッシュアイペディアより)

  • 2007年の日本シリーズ

    2007年の日本シリーズから見た中村紀洋中村紀洋

    最高殊勲選手賞:中村紀洋(中日)2007年の日本シリーズ フレッシュアイペディアより)

181件中 81 - 90件表示

「中村紀洋」のニューストピックワード