前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
204件中 1 - 10件表示
  • 中村紀洋

    中村紀洋から見たタイロン・ウッズ

    育成枠で中日入団を果たすとオープン戦で結果を残し、リーグ戦開幕直前の3月22日、年俸600万円で支配下選手契約を結び、背番号も99に変更された。開幕戦から公式戦に出場し、序盤は5番や7番を、シーズン後半は故障で離脱した福留孝介の代役で3番を任された。広角に打ち分けるバッティングで打率.293(チーム3位)、2年ぶりの20本塁打(同2位)、79打点(同3位)で日本一に貢献した。9月10日には北京オリンピックアジア予選決勝リーグ日本代表候補に選出された。 日本シリーズでは持病の腰痛が悪化していたため鎮痛剤を射ちながら強行出場し、打率.444(18打数8安打)、4打点と活躍。11月1日の第5戦にて日本一を決め、日本シリーズMVPを獲得した。日本一決定後のヒーローインタビューでは男泣きを見せた。アジアシリーズでは帰国したタイロン・ウッズの代役として4番に起用された。中村紀洋 フレッシュアイペディアより)

  • 中村紀洋

    中村紀洋から見たイチロー

    1991年のドラフト4位で近鉄バファローズから投手として指名を受け、入団。背番号は66。同じ73年生まれのプロ野球選手は「第2次ベビーブーマー」と呼ばれた世代であり、イチロー、松中信彦、小笠原道大、石井一久、三浦大輔、黒木知宏、小坂誠、薮田安彦など一時代を築いたスター選手が数多く存在する。中村紀洋 フレッシュアイペディアより)

  • 中村紀洋

    中村紀洋から見たタフィ・ローズ

    、開幕前に背番号を、西武ライオンズに移籍した義兄・村上嵩幸の着けていた5に変更。4番打者として活躍し、打点王を獲得した。3・4番合計101本塁打(タフィ・ローズ55本、中村46本)は、での阪神(ランディ・バース54本、掛布雅之40本)を上回る最多記録を更新。翌シーズンにFA権の取得が予想される中、近鉄から複数年契約(推定6年契約35億円)を提示される。しかし、12月26日に「1か月で判断するのは難しかった」と複数年契約を拒否し、推定年俸5億円プラス出来高払い1億円の単年契約を結ぶ。大阪教育大附属池田小学校の慰問活動が評価され第3回ゴールデンスピリット賞を受賞している。中村紀洋 フレッシュアイペディアより)

  • 中村紀洋

    中村紀洋から見た小笠原道大

    1991年のドラフト4位で近鉄バファローズから投手として指名を受け、入団。背番号は66。同じ73年生まれのプロ野球選手は「第2次ベビーブーマー」と呼ばれた世代であり、イチロー、松中信彦、小笠原道大、石井一久、三浦大輔、黒木知宏、小坂誠、薮田安彦など一時代を築いたスター選手が数多く存在する。中村紀洋 フレッシュアイペディアより)

  • 中村紀洋

    中村紀洋から見た清原和博

    、高卒新人ながら公式戦に出場しシーズン2本塁打を記録(パ・リーグ高卒新人で本塁打2本以上は清原和博・田中幸雄以来6年ぶり)。には故障した金村義明の代役として台頭。9月18日の日本ハム戦(藤井寺)でサイクル安打を記録した。プロ入り後初の三塁打がこの記録に結び付いた。中村紀洋 フレッシュアイペディアより)

  • 中村紀洋

    中村紀洋から見た岩瀬仁紀

    は新加入のアレックス・ラミレスの故障により、4番サードで開幕スタメン出場。その後も主に三塁手で、5月に筒香嘉智が昇格してからは一塁手でスタメン出場。開幕直後から非常に高い得点圏打率を維持し、4月15日の読売ジャイアンツ戦で、延長11回、球団名が横浜DeNAベイスターズに変わってから初となるサヨナラ本塁打を放つ(同時に球団初のサヨナラ勝利)。5月4日の中日戦で岩瀬仁紀から同点本塁打を打ち、史上22人目の全球団から本塁打を達成した。前半戦の活躍を受け、2004年以来8年ぶりのオールスター選出。7月20日のオールスターゲーム第1戦では逆転決勝2ラン本塁打を放ち、5人目となる両リーグでのMVP獲得。8月18日に車のイグニッション・キーを回した際、右肘に違和感を覚え、登録抹消。9月4日に一軍復帰。チームは最下位を独走する中、ラミレスや三浦と共にチームを引っ張り、ファンサービスにも熱心に取り組む。後半戦は数字を落とすも、チームの主軸として全盛期を彷彿とさせる活躍を見せた。ゴールデングラブ賞の投票では一塁手として2票差の2位であった。中村紀洋 フレッシュアイペディアより)

  • 中村紀洋

    中村紀洋から見た若松勉

    6月15日、父の日に日本メンズファッション協会・日本ファーザーズ・デイ委員会が主催する「2008年度ベスト・ファーザー イエローリボン賞」を、同年から12球団から1人ずつ選定することを受けて、中日から選出された。京セラドーム大阪でのオリックス対中日戦の試合前に行われた授賞式では、「芸能人がもらう賞だと思っていた。縁がないと思っていたので嬉しい」と大いに照れながら、近鉄・オリックス時代の元同僚・北川博敏と共に表彰された。試合直前には娘3人と記念撮影。4月14日に自身2回目のFA権を取得するが、当初FA宣言には否定的な姿勢で「そんなことより来季契約してくれるだろうか、そのことが心配です」と語っていた。FA権を再取得したことも記者に尋ねられるまではその時期にきたことを知らなかったと言っていた。5月7日から自身が出演する浜乙女のラジオCM(東海ラジオ ガッツナイターのみ)が放送開始。6月17日、石川県立野球場での対西武戦で大沼幸二から2ラン本塁打を放ち、通算100猛打賞を達成。また次の打席で、元同僚の岡本真也からサヨナラソロ本塁打を放ち、通算サヨナラ本塁打記録が9本となり、王貞治・若松勉を抜き歴代3位となった。11月、中日残留も視野に入れつつ、「他球団からの評価も聞いてみたい」と2度目のFA権行使。11月25日に東北楽天ゴールデンイーグルスと1回目の入団交渉を行い、11月29日に正式に楽天への移籍を表明。楽天球団初のFA加入選手となった。中村紀洋 フレッシュアイペディアより)

  • 中村紀洋

    中村紀洋から見た木田優夫

    、「帰ってきたで」というキャッチコピーのポスターが製作され、ドラフトによる西武入団から20年ぶりに出身地である関西地方へ戻ってきた清原和博との共演が話題となるが、開幕前に右足に肉離れを起こし、4月28日に左手親指を捻挫。更に5月13日の対ヤクルト戦で木田優夫からの死球を左手首に受けて負傷。負傷した箇所をかばいながら出場している間に右手首も痛めるという故障続きのシーズンとなる。8月11日に左肘に死球を受け途中交代するとその後は試合出場がなく、日本球界復帰1年目は85試合出場、328打数、76安打、打率.238でシーズンを終える。二塁打22、本塁打12はチーム2位を記録した。9月に左手首を手術。中村紀洋 フレッシュアイペディアより)

  • 中村紀洋

    中村紀洋から見たダルビッシュ有ダルビッシュ 有

    300二塁打:2010年5月8日、対北海道日本ハムファイターズ7回戦(函館オーシャンスタジアム)、5回表にダルビッシュ有から右翼線二塁打 ※史上55人目中村紀洋 フレッシュアイペディアより)

  • 中村紀洋

    中村紀洋から見たアレックス・ラミレス

    は新加入のアレックス・ラミレスの故障により、4番サードで開幕スタメン出場。その後も主に三塁手で、5月に筒香嘉智が昇格してからは一塁手でスタメン出場。開幕直後から非常に高い得点圏打率を維持し、4月15日の読売ジャイアンツ戦で、延長11回、球団名が横浜DeNAベイスターズに変わってから初となるサヨナラ本塁打を放つ(同時に球団初のサヨナラ勝利)。5月4日の中日戦で岩瀬仁紀から同点本塁打を打ち、史上22人目の全球団から本塁打を達成した。前半戦の活躍を受け、2004年以来8年ぶりのオールスター選出。7月20日のオールスターゲーム第1戦では逆転決勝2ラン本塁打を放ち、5人目となる両リーグでのMVP獲得。8月18日に車のイグニッション・キーを回した際、右肘に違和感を覚え、登録抹消。9月4日に一軍復帰。チームは最下位を独走する中、ラミレスや三浦と共にチームを引っ張り、ファンサービスにも熱心に取り組む。後半戦は数字を落とすも、チームの主軸として全盛期を彷彿とさせる活躍を見せた。ゴールデングラブ賞の投票では一塁手として2票差の2位であった。中村紀洋 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
204件中 1 - 10件表示

「中村紀洋」のニューストピックワード