204件中 91 - 100件表示
  • 中村紀洋

    中村紀洋から見たポスティングシステム

    欠場中、団野村を代理人として、ポスティングシステム(入札移籍制度)によるメジャーリーグ入りを企図していることが報じられる。11月3日にメジャーリーグ入りの意思を表明。近鉄と2年前に結んだ契約にポスティングシステムによるメジャーリーグ移籍を容認する内容が含まれていたと説明する。11月8日の選手分配ドラフトの結果、合併球団オリックス・バファローズに振り分けられた。12月1日に合併球団が発足、4年契約の2年目を終えた時点で球団が消滅してしまったため、残りの契約期間の年俸(2年分10億円)に相当する保証金を近鉄に要望、うち3億円が功労金として支払われた。近鉄在籍時代に記録した307本塁打は球団記録となった。中村紀洋 フレッシュアイペディアより)

  • 中村紀洋

    中村紀洋から見た大阪市

    大阪府大阪市出身。1985年4月17日の阪神タイガース対読売ジャイアンツの試合を観に行き、バックスクリーン3連発を観客席で見ていた。中村紀洋 フレッシュアイペディアより)

  • 中村紀洋

    中村紀洋から見たドアラ

    中日時代の「同僚」だったドアラは、「自身のパフォーマンスはノリさんには通用しないのでは?」と一抹の不安を感じていたが、試合前の練習中だった中村の方から「赤いリストバンドしているんだね。俺と一緒やな。友達がおった!!」と気さくに声を掛けてくれたのが嬉しかったと言う。しかし、ホームランを打った時の中村からのハイタッチは力が強いのでタイロン・ウッズの次に痛いとコメントしていた。中村紀洋 フレッシュアイペディアより)

  • 中村紀洋

    中村紀洋から見た東京ヤクルトスワローズ

    代打満塁本塁打:1回=2007年10月6日、対東京ヤクルトスワローズ24回戦(明治神宮野球場)、6回表に花田真人から中村紀洋 フレッシュアイペディアより)

  • 中村紀洋

    中村紀洋から見たニューヨーク・メッツ

    7月14日にFA権を取得。右足首痛、持病の腰痛をこらえ、52打席ぶりの一発。11月5日にはFA宣言し、シーズン終了後から「中村紀洋というブランドをまず考えて、近鉄で終わっていいのか」と悩み抜いた末に、FA宣言することを決めたという。12月19日には700万ドルでの2年契約プラス3年目のオプション600万ドルでニューヨーク・メッツと契約合意したと報じられるが、12月20日にこれがメッツの公式HPに載ったことに「そんな球団は信用できない」と激怒し交渉を白紙に戻す。そのため、近鉄と再交渉を行い、監督の梨田昌孝らから慰留されると翻意し(この問題は、中日に決まりかけていたケビン・ミラーにも言及された)、12月21日には近鉄に残留を表明した(推定4年契約20億円プラス出来高払い)。この件について中村は「確かにメッツと契約寸前までいっていた。しかしマスコミ関係から合意のネタが飛んできた。ルール違反する球団とは契約できない」とコメントし、代理人を務めた音楽プロデューサーの茂田雅美も当初は「守秘義務に違反したメッツの勇み足だった」とメッツの姿勢を批判したが、後にMLB機構とメッツから「中村側が違約の根拠としている公式ホームページの文書はMLB機構や球団の認可を受けたものではない上に、問題の記事はメッツと無関係の人物の情報に基づいている。今回の交渉に関し、メッツのルール破りは一切ない。また中村と彼のアドバイザーの茂田氏は各球団が選手との契約に先立ち契約内容をMLBに報告する必要があることを知らないと思われる。健康診断にパスした時点で拘束力のある合意が成立する」との声明が出され、茂田氏はこれを受けて「メッツが言うように、合意していたということに関して異論はない」と認め、中村の「メッツのルール違反」というコメントについて「あれは彼の言葉が足らなかった」と語った(音楽プロデューサーを本職とする茂田氏が代理人を務めたのは、中村が節税を目的に設立した会社の監査役を務めた縁から)。中村紀洋 フレッシュアイペディアより)

  • 中村紀洋

    中村紀洋から見た花組 (宝塚歌劇)

    高校時代の同級生に大鳥れい(元宝塚歌劇団花組トップ娘役)がいる。中村紀洋 フレッシュアイペディアより)

  • 中村紀洋

    中村紀洋から見たマイナーリーグ

    4月2日にAAA級パシフィック・コーストリーグのラスベガス・フィフティワンズへ合流するように通告されたが、4月10日には故障者リスト入りしたアントニオ・ペレスに代わって、念願のメジャー昇格を果たした。しかし、5月8日の試合後、メキシカンリーグでプレーしていたオスカー・ロブレスが40人枠入りしたのに伴い、40人枠から外される。ウェーバー公示にかけられたが獲得を希望する球団が現れなかったためAAA級への降格を了承、再びラスベガスでプレーする。中村紀洋 フレッシュアイペディアより)

  • 中村紀洋

    中村紀洋から見た日本プロフェッショナル野球組織

    1月12日までに6回の契約交渉が行われるが合意に達せず、球団側は契約更改を断念。中村の退団が決定する。その後、トレードを試みるも獲得球団はなく、1月17日に正式に自由契約選手となった。中村はオリックスを除く11球団からの連絡を待ちながら、各球団の春季キャンプが始まった2月1日以降も「架空のキャンプイン」と称して自主トレーニングを続ける。なお、この一件がきっかけとなり、2008年9月19日に日本プロフェッショナル野球組織と日本プロ野球選手会との間で戦力外通告ならびに野球協約を超える大幅な年俸ダウンに関するルールが取り決められた。中村紀洋 フレッシュアイペディアより)

  • 中村紀洋

    中村紀洋から見た日本プロ野球選手会

    1月12日までに6回の契約交渉が行われるが合意に達せず、球団側は契約更改を断念。中村の退団が決定する。その後、トレードを試みるも獲得球団はなく、1月17日に正式に自由契約選手となった。中村はオリックスを除く11球団からの連絡を待ちながら、各球団の春季キャンプが始まった2月1日以降も「架空のキャンプイン」と称して自主トレーニングを続ける。なお、この一件がきっかけとなり、2008年9月19日に日本プロフェッショナル野球組織と日本プロ野球選手会との間で戦力外通告ならびに野球協約を超える大幅な年俸ダウンに関するルールが取り決められた。中村紀洋 フレッシュアイペディアより)

  • 中村紀洋

    中村紀洋から見た父の日

    6月15日、父の日に日本メンズファッション協会・日本ファーザーズ・デイ委員会が主催する「2008年度ベスト・ファーザー イエローリボン賞」を、同年から12球団から1人ずつ選定することを受けて、中日から選出された。京セラドーム大阪でのオリックス対中日戦の試合前に行われた授賞式では、「芸能人がもらう賞だと思っていた。縁がないと思っていたので嬉しい」と大いに照れながら、近鉄・オリックス時代の元同僚・北川博敏と共に表彰された。試合直前には娘3人と記念撮影。4月14日に自身2回目のFA権を取得するが、当初FA宣言には否定的な姿勢で「そんなことより来季契約してくれるだろうか、そのことが心配です」と語っていた。FA権を再取得したことも記者に尋ねられるまではその時期にきたことを知らなかったと言っていた。5月7日から自身が出演する浜乙女のラジオCM(東海ラジオ ガッツナイターのみ)が放送開始。6月17日、石川県立野球場での対西武戦で大沼幸二から2ラン本塁打を放ち、通算100猛打賞を達成。また次の打席で、元同僚の岡本真也からサヨナラソロ本塁打を放ち、通算サヨナラ本塁打記録が9本となり、王貞治・若松勉を抜き歴代3位となった。11月、中日残留も視野に入れつつ、「他球団からの評価も聞いてみたい」と2度目のFA権行使。11月25日に東北楽天ゴールデンイーグルスと1回目の入団交渉を行い、11月29日に正式に楽天への移籍を表明。楽天球団初のFA加入選手となった。中村紀洋 フレッシュアイペディアより)

204件中 91 - 100件表示

「中村紀洋」のニューストピックワード