204件中 41 - 50件表示
  • 中村紀洋

    中村紀洋から見たランディ・バース

    、開幕前に背番号を、西武ライオンズに移籍した義兄・村上嵩幸の着けていた5に変更。4番打者として活躍し、打点王を獲得した。3・4番合計101本塁打(タフィ・ローズ55本、中村46本)は、での阪神(ランディ・バース54本、掛布雅之40本)を上回る最多記録を更新。翌シーズンにFA権の取得が予想される中、近鉄から複数年契約(推定6年契約35億円)を提示される。しかし、12月26日に「1か月で判断するのは難しかった」と複数年契約を拒否し、推定年俸5億円プラス出来高払い1億円の単年契約を結ぶ。大阪教育大附属池田小学校の慰問活動が評価され第3回ゴールデンスピリット賞を受賞している。中村紀洋 フレッシュアイペディアより)

  • 中村紀洋

    中村紀洋から見た尾花高夫

    横浜移籍後は打撃よりもこちらの守備の器用さを期待されてユーティリティプレーヤーとしての扱いとなっており、2011年10月13日には日本では初めて二塁手でスタメン出場している。さらに横浜は打力に乏しい捕手が多く頻繁に代打を送られるチーム事情もあり、入団当時の監督の尾花高夫は緊急時に備えて、中学時代までは捕手経験のあった中村に捕手の練習をさせていることを明らかにしていた。後任の中畑清がその構想を受け継ぐかどうかは不明である。中村紀洋 フレッシュアイペディアより)

  • 中村紀洋

    中村紀洋から見た落合博満

    自身と同じくオープンスタンスの神主打法を採用していた落合博満を打撃の「師」と仰いでおり、近鉄時代から度々助言を求めている。中村紀洋 フレッシュアイペディアより)

  • 中村紀洋

    中村紀洋から見た中畑清

    横浜移籍後は打撃よりもこちらの守備の器用さを期待されてユーティリティプレーヤーとしての扱いとなっており、2011年10月13日には日本では初めて二塁手でスタメン出場している。さらに横浜は打力に乏しい捕手が多く頻繁に代打を送られるチーム事情もあり、入団当時の監督の尾花高夫は緊急時に備えて、中学時代までは捕手経験のあった中村に捕手の練習をさせていることを明らかにしていた。後任の中畑清がその構想を受け継ぐかどうかは不明である。中村紀洋 フレッシュアイペディアより)

  • 中村紀洋

    中村紀洋から見た石川雄洋

    6月8日に一軍登録され、同日の楽天戦(Kスタ)に「7番・一塁手」でスタメン出場した。6月18日、横浜スタジアムでの福岡ソフトバンクホークス戦で代打で出場し、杉内俊哉から移籍後初本塁打。この本塁打で同点に追いつき、ターメル・スレッジの本塁打でチームは勝利した。この年は当初は代打要員がメインだったが、正一塁手のブレット・ハーパーが左投手相手に弱く、守備面でも不安があるため、対左投手時のスタメンや守備固めでの起用も増えた。10月13日の阪神戦(横浜スタジアム)では正遊撃手の石川雄洋及び二遊間両方を守れる藤田一也が負傷し、正二塁手の渡辺直人が遊撃手に回る状況の中、その代役で二塁手として起用されていた山崎憲晴が失策を連発したため、急遽プロ入り初めて二塁手でスタメン出場した。最後まで一軍登録を抹消されることは無く、62試合に出場したものの、打率.209、1本塁打、14打点と物足りない成績に終わった。中村紀洋 フレッシュアイペディアより)

  • 中村紀洋

    中村紀洋から見たブライアン・スウィーニー

    4月5日、札幌ドームでの対北海道日本ハムファイターズ戦でブライアン・スウィーニーから移籍後初本塁打。この日は4安打5打点と大当たりだった。その後は本塁打も全く出ず打率も低調、また持病の腰痛も悪化したこともあり、6月9日から6月25日まで登録を抹消された。一軍復帰後、7月11日の対ソフトバンク戦で佐藤誠から71試合ぶりとなる本塁打を放った。シーズンの前半戦終了時、監督の野村克也は打率2割前後、わずか2本塁打という不調に低迷した中村に対し、「ノリは誤算。もう少し打つと思ったが…」と語った。その後も調子は戻らず8月3日に一軍登録を抹消されると、再登録されることなくシーズンを終えた。結局加入1年目は打率.221、本塁打2本、26打点と、期待とは大きくかけ離れた成績となってしまった。中村紀洋 フレッシュアイペディアより)

  • 中村紀洋

    中村紀洋から見た渡辺直人

    6月8日に一軍登録され、同日の楽天戦(Kスタ)に「7番・一塁手」でスタメン出場した。6月18日、横浜スタジアムでの福岡ソフトバンクホークス戦で代打で出場し、杉内俊哉から移籍後初本塁打。この本塁打で同点に追いつき、ターメル・スレッジの本塁打でチームは勝利した。この年は当初は代打要員がメインだったが、正一塁手のブレット・ハーパーが左投手相手に弱く、守備面でも不安があるため、対左投手時のスタメンや守備固めでの起用も増えた。10月13日の阪神戦(横浜スタジアム)では正遊撃手の石川雄洋及び二遊間両方を守れる藤田一也が負傷し、正二塁手の渡辺直人が遊撃手に回る状況の中、その代役で二塁手として起用されていた山崎憲晴が失策を連発したため、急遽プロ入り初めて二塁手でスタメン出場した。最後まで一軍登録を抹消されることは無く、62試合に出場したものの、打率.209、1本塁打、14打点と物足りない成績に終わった。中村紀洋 フレッシュアイペディアより)

  • 中村紀洋

    中村紀洋から見た唐川侑己

    1000得点:2012年5月20日、対千葉ロッテマリーンズ2回戦(横浜スタジアム)、1回裏に唐川侑己から左越2ラン ※史上38人目中村紀洋 フレッシュアイペディアより)

  • 中村紀洋

    中村紀洋から見た新庄剛志新庄 剛志

    両リーグでの年間連続受賞は平野謙、新庄剛志に次いで史上3人目中村紀洋 フレッシュアイペディアより)

  • 中村紀洋

    中村紀洋から見た星野八千穂

    350本塁打:2008年6月7日、対北海道日本ハムファイターズ4回戦(ナゴヤドーム)、8回裏に星野八千穂から左越2ラン ※史上22人目中村紀洋 フレッシュアイペディアより)

204件中 41 - 50件表示

「中村紀洋」のニューストピックワード