199件中 41 - 50件表示
  • 中村紀洋

    中村紀洋から見た高橋尚成

    1500本安打:2007年9月26日、対読売ジャイアンツ24回戦(東京ドーム)、1回表に高橋尚成から左前安打 ※史上95人目中村紀洋 フレッシュアイペディアより)

  • 中村紀洋

    中村紀洋から見たランディ・バース

    、開幕前に背番号を西武ライオンズへ移籍した義兄・村上嵩幸の着けていた5へ変更。4番打者として活躍し、打点王を獲得した。3・4番合計101本塁打(タフィ・ローズ55本、中村46本)は、での阪神(ランディ・バース54本、掛布雅之40本)を上回る最多記録を更新。さらに全試合出場を果たし、打率では.320と自己最高で初めての打率3割となった。また、打点132で打点王を獲得した。翌シーズンにFA権の取得が予想される中、近鉄から複数年契約(推定6年契約35億円)を提示される。しかし、12月26日に「1か月で判断するのは難しかった」と複数年契約を拒否し、推定年俸5億円プラス出来高払い1億円の単年契約を結ぶ。大阪教育大附属池田小学校の慰問活動が評価され第3回ゴールデンスピリット賞を受賞している。中村紀洋 フレッシュアイペディアより)

  • 中村紀洋

    中村紀洋から見た新庄剛志

    両リーグでの年間連続受賞は平野謙、新庄剛志に次いで史上3人目中村紀洋 フレッシュアイペディアより)

  • 中村紀洋

    中村紀洋から見たナイジャー・モーガン

    はアーロム・バルディリスが一軍確約契約で加入し、一塁手にはトニ・ブランコがいたため、開幕当初は1軍メンバーから外れたが、トニ・ブランコの故障もあり、戦力不足に喘いだ中畑監督自身が本人に懇願する形で直接電話で連絡して1軍昇格させた。沈んでいたチームにナイジャー・モーガンのTポーズを復活させ、チームを軌道にのせた。しかし5月6日の対巨人戦で「チーム方針に従わない言動があった」として登録抹消される。コーチに「自分の打席では、場面によっては走者を動かさず、打席に集中させてほしい」と相談したことが、中畑監督から采配批判とみなされた。これ以降は一度も1軍に昇格することはなかった。10月3日に球団から戦力外通告を受けた。DeNA球団は球界での実績や在籍時の貢献度が特に高かったことを改めて認め本拠地最終戦にあたる対ドラゴンズ戦で引退セレモニーを提案したが、中村は現役続行への強い意思があるとしてこれを拒否。最終的に同年は13試合の出場で打率.245、打席ではケースバッティングを心がけたため打点王ペースで打点を刻む10打点ながらも、2005年のドジャース時代を除けば1993年以来21年ぶりとなる本塁打0を記録。12月2日に自由契約公示された。中村紀洋 フレッシュアイペディアより)

  • 中村紀洋

    中村紀洋から見た星野八千穂

    350本塁打:2008年6月7日、対北海道日本ハムファイターズ4回戦(ナゴヤドーム)、8回裏に星野八千穂から左越2ラン ※史上22人目中村紀洋 フレッシュアイペディアより)

  • 中村紀洋

    中村紀洋から見た石井浩郎

    には、背番号を石井浩郎の着けていた3へ変更。同年は不調で三振数も100を超えた。中村紀洋 フレッシュアイペディアより)

  • 中村紀洋

    中村紀洋から見た中日ドラゴンズ

    2月12日、中日ドラゴンズからテスト生としてのキャンプ参加を呼び掛けられ、同15日から同チームのキャンプに参加し、ここで入団テストを行った。中村紀洋 フレッシュアイペディアより)

  • 中村紀洋

    中村紀洋から見た読売ジャイアンツ

    大阪府大阪市出身。1985年4月17日の阪神タイガース対読売ジャイアンツの試合を観に行き、バックスクリーン3連発を観客席で見ていた。中村紀洋 フレッシュアイペディアより)

  • 中村紀洋

    中村紀洋から見たゴールデングラブ賞

    は初の全試合出場を達成し、ゴールデングラブ賞を獲得。にはシドニー五輪の野球競技に日本代表として参加も4位に終わる。4位が決まった直後に涙した全日本のメンバーは多かったが、中村はインタビューでテレビカメラの前でも人目を憚らず号泣した。シーズンでは二冠王(本塁打王、打点王)を獲得するが、近鉄は2年連続のパ・リーグ最下位。シーズン終了後、推定年俸3億円(1億6,000万円増)プラス出来高払い5,000万円で契約更改。シアトル・マリナーズに移籍したイチローに代わり、パ・リーグの日本人最高年俸選手になる。中村紀洋 フレッシュアイペディアより)

  • 中村紀洋

    中村紀洋から見たオリックス・バファローズ

    右膝のリハビリを兼ねてロサンゼルス・ドジャースのスプリングトレーニングに招待選手として参加した。渡米前に歯並びの治療を受けていたが、キャンプで守備練習中にノックの打球を歯に受け、帰国後にオープン戦を欠場し、治療を受けた。アテネ五輪の野球競技には日本代表として参加して銅メダルを獲得した。しかし、試合後の宴会で右足裏を負傷し、9月10日まで欠場した。オリンピック招集とオリンピック終了後の負傷の影響もあり、105試合の出場に終わったものの、打率.274と前年ほど悪くはなかったが、本塁打は19本にとどまり、7年ぶりに20発に届かなかった。打点も前年の67から一つ下回り66だった。そして、この年限りで近鉄はオリックス・ブルーウェーブへの吸収合併により55年の歴史に幕を閉じた。中村紀洋 フレッシュアイペディアより)

199件中 41 - 50件表示

「中村紀洋」のニューストピックワード