204件中 51 - 60件表示
  • 中村紀洋

    中村紀洋から見た松中信彦

    1991年のドラフト4位で近鉄バファローズから投手として指名を受け、入団。背番号は66。同じ73年生まれのプロ野球選手は「第2次ベビーブーマー」と呼ばれた世代であり、イチロー、松中信彦、小笠原道大、石井一久、三浦大輔、黒木知宏、小坂誠、薮田安彦など一時代を築いたスター選手が数多く存在する。中村紀洋 フレッシュアイペディアより)

  • 中村紀洋

    中村紀洋から見た小坂誠

    1991年のドラフト4位で近鉄バファローズから投手として指名を受け、入団。背番号は66。同じ73年生まれのプロ野球選手は「第2次ベビーブーマー」と呼ばれた世代であり、イチロー、松中信彦、小笠原道大、石井一久、三浦大輔、黒木知宏、小坂誠、薮田安彦など一時代を築いたスター選手が数多く存在する。中村紀洋 フレッシュアイペディアより)

  • 中村紀洋

    中村紀洋から見た石井浩郎

    から左手首の故障に悩まされる(これまでに左手首の手術を3回受けている)。には、背番号を石井浩郎の着けていた3に変更。には、リーグ2位の32本塁打を放ち、自身初のシーズン30本塁打達成。左手首の故障から完全復活を果たした。中村紀洋 フレッシュアイペディアより)

  • 中村紀洋

    中村紀洋から見たゴールデングラブ賞

    は初の全試合出場を達成し、ゴールデングラブ賞を獲得。にはシドニー五輪の野球競技に日本代表として参加も4位に終わる。4位が決まった直後に涙した全日本のメンバーは多かったが、中村はインタビューでテレビカメラの前でも人目を憚らず号泣した。シーズンでは二冠王(本塁打王、打点王)を獲得するが、近鉄は2年連続のパ・リーグ最下位。シーズン終了後、推定年俸3億円(1億6,000万円増)プラス出来高払い5,000万円で契約更改。シアトル・マリナーズに移籍したイチローに代わり、パ・リーグの日本人最高年俸選手になる。中村紀洋 フレッシュアイペディアより)

  • 中村紀洋

    中村紀洋から見たオリックス・バファローズ

    欠場中、団野村を代理人として、ポスティングシステム(入札移籍制度)によるメジャーリーグ入りを企図していることが報じられる。11月3日にメジャーリーグ入りの意思を表明。近鉄と2年前に結んだ契約にポスティングシステムによるメジャーリーグ移籍を容認する内容が含まれていたと説明する。11月8日の選手分配ドラフトの結果、合併球団オリックス・バファローズに振り分けられた。12月1日に合併球団が発足、4年契約の2年目を終えた時点で球団が消滅してしまったため、残りの契約期間の年俸(2年分10億円)に相当する保証金を近鉄に要望、うち3億円が功労金として支払われた。近鉄在籍時代に記録した307本塁打は球団記録となった。中村紀洋 フレッシュアイペディアより)

  • 中村紀洋

    中村紀洋から見た読売ジャイアンツ

    大阪府大阪市出身。1985年4月17日の阪神タイガース対読売ジャイアンツの試合を観に行き、バックスクリーン3連発を観客席で見ていた。中村紀洋 フレッシュアイペディアより)

  • 中村紀洋

    中村紀洋から見た北海道日本ハムファイターズ

    、高卒新人ながら公式戦に出場しシーズン2本塁打を記録(パ・リーグ高卒新人で本塁打2本以上は清原和博・田中幸雄以来6年ぶり)。には故障した金村義明の代役として台頭。9月18日の日本ハム戦(藤井寺)でサイクル安打を記録した。プロ入り後初の三塁打がこの記録に結び付いた。中村紀洋 フレッシュアイペディアより)

  • 中村紀洋

    中村紀洋から見た村上隆行村上 隆行

    愛称は「ノリ」。家族は妻の浩子(元実業団バレーボール・日立の選手)と3女。元プロ野球選手の村上隆行は義兄(妻の兄)。中村紀洋 フレッシュアイペディアより)

  • 中村紀洋

    中村紀洋から見た埼玉西武ライオンズ

    、開幕前に背番号を、西武ライオンズに移籍した義兄・村上嵩幸の着けていた5に変更。4番打者として活躍し、打点王を獲得した。3・4番合計101本塁打(タフィ・ローズ55本、中村46本)は、での阪神(ランディ・バース54本、掛布雅之40本)を上回る最多記録を更新。翌シーズンにFA権の取得が予想される中、近鉄から複数年契約(推定6年契約35億円)を提示される。しかし、12月26日に「1か月で判断するのは難しかった」と複数年契約を拒否し、推定年俸5億円プラス出来高払い1億円の単年契約を結ぶ。大阪教育大附属池田小学校の慰問活動が評価され第3回ゴールデンスピリット賞を受賞している。中村紀洋 フレッシュアイペディアより)

  • 中村紀洋

    中村紀洋から見た戦力外通告

    1月12日までに6回の契約交渉が行われるが合意に達せず、球団側は契約更改を断念。中村の退団が決定する。その後、トレードを試みるも獲得球団はなく、1月17日に正式に自由契約選手となった。中村はオリックスを除く11球団からの連絡を待ちながら、各球団の春季キャンプが始まった2月1日以降も「架空のキャンプイン」と称して自主トレーニングを続ける。なお、この一件がきっかけとなり、2008年9月19日に日本プロフェッショナル野球組織と日本プロ野球選手会との間で戦力外通告ならびに野球協約を超える大幅な年俸ダウンに関するルールが取り決められた。中村紀洋 フレッシュアイペディアより)

204件中 51 - 60件表示

「中村紀洋」のニューストピックワード