204件中 71 - 80件表示
  • 中村紀洋

    中村紀洋から見た加地隆雄

    5月23日、横浜ベイスターズへの入団が発表された。翌24日に球団事務所で入団会見を行った。入団の話は、前日22日に加地隆雄球団社長より電話があったことが明らかにされた。背番号は中日、楽天時代と同じ「99」となった。中村紀洋 フレッシュアイペディアより)

  • 中村紀洋

    中村紀洋から見たケビン・ミラー

    7月14日にFA権を取得。右足首痛、持病の腰痛をこらえ、52打席ぶりの一発。11月5日にはFA宣言し、シーズン終了後から「中村紀洋というブランドをまず考えて、近鉄で終わっていいのか」と悩み抜いた末に、FA宣言することを決めたという。12月19日には700万ドルでの2年契約プラス3年目のオプション600万ドルでニューヨーク・メッツと契約合意したと報じられるが、12月20日にこれがメッツの公式HPに載ったことに「そんな球団は信用できない」と激怒し交渉を白紙に戻す。そのため、近鉄と再交渉を行い、監督の梨田昌孝らから慰留されると翻意し(この問題は、中日に決まりかけていたケビン・ミラーにも言及された)、12月21日には近鉄に残留を表明した(推定4年契約20億円プラス出来高払い)。この件について中村は「確かにメッツと契約寸前までいっていた。しかしマスコミ関係から合意のネタが飛んできた。ルール違反する球団とは契約できない」とコメントし、代理人を務めた音楽プロデューサーの茂田雅美も当初は「守秘義務に違反したメッツの勇み足だった」とメッツの姿勢を批判したが、後にMLB機構とメッツから「中村側が違約の根拠としている公式ホームページの文書はMLB機構や球団の認可を受けたものではない上に、問題の記事はメッツと無関係の人物の情報に基づいている。今回の交渉に関し、メッツのルール破りは一切ない。また中村と彼のアドバイザーの茂田氏は各球団が選手との契約に先立ち契約内容をMLBに報告する必要があることを知らないと思われる。健康診断にパスした時点で拘束力のある合意が成立する」との声明が出され、茂田氏はこれを受けて「メッツが言うように、合意していたということに関して異論はない」と認め、中村の「メッツのルール違反」というコメントについて「あれは彼の言葉が足らなかった」と語った(音楽プロデューサーを本職とする茂田氏が代理人を務めたのは、中村が節税を目的に設立した会社の監査役を務めた縁から)。中村紀洋 フレッシュアイペディアより)

  • 中村紀洋

    中村紀洋から見た河野博文

    初安打・初本塁打・初打点・初得点:1992年6月18日、対日本ハムファイターズ15回戦(藤井寺球場)、5回裏に河野博文から左越3ラン中村紀洋 フレッシュアイペディアより)

  • 中村紀洋

    中村紀洋から見た佐藤誠 (野球)佐藤 誠

    4月5日、札幌ドームでの対北海道日本ハムファイターズ戦でブライアン・スウィーニーから移籍後初本塁打。この日は4安打5打点と大当たりだった。その後は本塁打も全く出ず打率も低調、また持病の腰痛も悪化したこともあり、6月9日から6月25日まで登録を抹消された。一軍復帰後、7月11日の対ソフトバンク戦で佐藤誠から71試合ぶりとなる本塁打を放った。シーズンの前半戦終了時、監督の野村克也は打率2割前後、わずか2本塁打という不調に低迷した中村に対し、「ノリは誤算。もう少し打つと思ったが…」と語った。その後も調子は戻らず8月3日に一軍登録を抹消されると、再登録されることなくシーズンを終えた。結局加入1年目は打率.221、本塁打2本、26打点と、期待とは大きくかけ離れた成績となってしまった。中村紀洋 フレッシュアイペディアより)

  • 中村紀洋

    中村紀洋から見たジャレッド・フェルナンデス

    1000打点:2007年7月5日、対広島東洋カープ10回戦(ナゴヤドーム)、4回裏にジャレッド・フェルナンデスから左翼フェンス直撃2点適時二塁打 ※史上29人目中村紀洋 フレッシュアイペディアより)

  • 中村紀洋

    中村紀洋から見た真喜志康永

    真喜志康永(現:オリックス・バファローズ一軍内野守備コーチ)は『ベースボールクリニック』誌のインタビューにおいて、「中村は守備練習が好きで率先してやっている」と語った。本人曰く、「昔から走り込みが嫌いで、ノックで足腰をつくっていた」とのこと。中村紀洋 フレッシュアイペディアより)

  • 中村紀洋

    中村紀洋から見たネイサン・ミンチー

    1000本安打:2002年5月29日、対千葉ロッテマリーンズ10回戦(大阪ドーム)、5回裏にネイサン・ミンチーから左中間へ3ラン ※史上209人目中村紀洋 フレッシュアイペディアより)

  • 中村紀洋

    中村紀洋から見たジェシー・リード

    初出場:1992年6月12日、対福岡ダイエーホークス8回戦(平和台野球場)、8回表にジェシー・リードの代打で出場中村紀洋 フレッシュアイペディアより)

  • 中村紀洋

    中村紀洋から見た高木大成

    初盗塁:1996年5月17日、対西武ライオンズ5回戦(西京極野球場)、4回裏に二盗(投手:新谷博、捕手:高木大成中村紀洋 フレッシュアイペディアより)

  • 中村紀洋

    中村紀洋から見た田中幸雄 (内野手)

    、高卒新人ながら公式戦に出場しシーズン2本塁打を記録(パ・リーグ高卒新人で本塁打2本以上は清原和博・田中幸雄以来6年ぶり)。には故障した金村義明の代役として台頭。9月18日の日本ハム戦(藤井寺)でサイクル安打を記録した。プロ入り後初の三塁打がこの記録に結び付いた。中村紀洋 フレッシュアイペディアより)

204件中 71 - 80件表示

「中村紀洋」のニューストピックワード