1238件中 91 - 100件表示
  • 帝国以後

    帝国以後から見た中東中東

    この近代化の過程でトッドが強調するのが、移行期危機である。アンチル諸島を除き、世界のどこでも男性の識字化が先に起こり、女性の識字化が続く。従って、近代化は単調な前進ではなく、まず伝統社会との断絶によるイデオロギー的な混乱が起こり、次に受胎調整により安定化するのである。先に識字化したヨーロッパ、アメリカ、日本、ロシアが経験した戦争や革命、混乱は、この移行期危機である。イスラム圏に現在見られるイスラム原理主義の暴力もまた、移行期危機であり、イスラム教は本質から暴力的であるという近年の主張は人口学的には認められない。中東で最も近代化が進んでいるのはイランであり、移行期であるイラン革命の混乱を経て現在は民主化が進みつつある。一方、アメリカが同盟国と見なすサウジアラビアとパキスタンはこれから移行期の危機が激化するはずである。アルカーイダが両国と深い関係にあるのは偶然ではない。帝国以後 フレッシュアイペディアより)

  • アラブ系ベネズエラ人

    アラブ系ベネズエラ人から見た中東中東

    アラブ人のベネズエラへの移民は19世紀初頭から20世紀にかけて始まった。彼等の多くはレバノン、シリア、パレスチナ、イラクから到来し、現在は多くがカラカスに居住している。「アラブ系ベネズエラ人」の用語は中東全般からの民族集団を含み、実際にアラブ人のアイデンティティを持つことには直接繋がらない。例を挙げれば、エジプト人、ペルシア人、トルコ人もこの用語の中に包括される。アラブ系ベネズエラ人 フレッシュアイペディアより)

  • レナード・モズレー

    レナード・モズレーから見た中東中東

    オイル・パワー 中東の石油王国 高田正純訳 早川書房 1974/ハヤカワ文庫 1979レナード・モズレー フレッシュアイペディアより)

  • ユダヤ・ロマンス語群

    ユダヤ・ロマンス語群から見た中東中東

    ラディノ語はアフリカ大陸北部のマグリブに残るセファルディム社会と中東、特にトルコによって話され15万人を越す話者がいるが、その大半が少なくてもバイリンガルである。ユダヤ・ロマンス語群 フレッシュアイペディアより)

  • ラノーン港

    ラノーン港から見た中東中東

    2003年3月25日、閣議によりタイ港湾局のラノーン港の管理運営を承認し、南アジア、中東、ヨーロッパ、アフリカとの交易路をつなげるアンダマン海沿岸の主要海上輸送港として整備することを目指した。第1期ラノーン港整備によって総量500トン以下の貨物船2隻が停泊できる港湾が建設されていた。しかし、近年増加する西行き国際航路に対して明らかに港湾能力が不足していた。そのため、第2期ラノーン港湾整備において12000DWTの貨物船が接岸できる港が建設され、2006年7月に公式に開港した。.ラノーン港 フレッシュアイペディアより)

  • カンイ

    カンイから見た中東中東

    南インドで作出された古い犬種で、同じくインドを原産とするキャラバン・ハウンドとムドホル・ハウンドと、中東原産のサルーキなどのサイトハウンドタイプの犬種をかけ合わせて作出され、長い期間をかけて洗練した犬種である。カンイは他の犬種では類を見ない、とても珍しい仕事を任せられている。それは新婚の女性に送られる、花嫁道具となる事である。結婚直前、または直後の女性に親しい親せきからカンイの仔犬がプレゼントされ、夫婦に幸せと良縁を運んでくる、いわゆる「招き犬」として大切に飼われることがカンイの役目である。これはかつて新婚夫婦の共同作業として狩りをさせていた名残であるが、現在は行われず、招き犬としてのみ飼われている。カンイ フレッシュアイペディアより)

  • スリップウェア

    スリップウェアから見た中東中東

    多くの先史時代や産業革命前の時代の文化で、スリップウェアが作製されている。最古のものは紀元前5000年の古代中国や古代中東で作られたと考えられている。その後、アフリカの多くの地域、南北アメリカ大陸の先住民の間や、初期の朝鮮半島、ミケーネ文明、古代ギリシアの陶芸、イスラームの陶芸、そして17世紀から18世紀までのイギリスなどで重厚な陶器が作製され、鍋や皿をかねて使われていた。比較的進んだスリップウェア、例えばイギリスでのスリップウェアは釉薬と組み合わせて使われていた。スリップウェア フレッシュアイペディアより)

  • パンサー・6

    パンサー・6から見た中東中東

    エンジンはツインターボ付きのキャディラック製V型8気筒8.2Lエンジン(Cadillac V8 500ci)を、ミッドシップに搭載した。僅か2台(白と黒)が製造され、双方とも現存する。1台は中東にあり、もう1台は2008年のNECクラシックカー・ショーでパンサーカー・クラブ(Panther Car Club)により出展された。パンサー・6 フレッシュアイペディアより)

  • アーミン・マイヤー

    アーミン・マイヤーから見た中東中東

    1943年連邦政府政治情報局に入り、のち国務省に転じる。そのキャリアにおいて一貫して中東の専門家として働き、イラン、エジプト、レバノン、イラクなどに在勤したのちに国務省中近東局次長、中近東局長、国務次官補代理(近東・南アジア担当)などを歴任した。その後、レバノン、イランの大使を務めた。アーミン・マイヤー フレッシュアイペディアより)

  • 功刀達朗

    功刀達朗から見た中東中東

    1971年から1976年まで、中東PKO法律顧問。功刀達朗 フレッシュアイペディアより)

1238件中 91 - 100件表示

「中東」のニューストピックワード