1238件中 11 - 20件表示
  • 杉田英明

    杉田英明から見た中東中東

    杉田 英明(すぎた ひであき、1956年1月7日 - )は、日本の中東文化研究者、比較文化学者。杉田英明 フレッシュアイペディアより)

  • 日本の石油・天然ガス資源

    日本の石油・天然ガス資源から見た中東中東

    日本国内に油田やガス田が存在するが、大規模なガス田は南関東ガス田のみ、油田は小規模なもののみであり、生産量は多くない。2000年代においては、秋田県や新潟県を中心に生産が行なわれているが、国内消費量の1%未満であり、消費量のほとんどは中東などから輸入されている。オイルショックの教訓により、石油備蓄が開始され、各地に備蓄基地が建設・稼動している。日本の石油・天然ガス資源 フレッシュアイペディアより)

  • サラーラ

    サラーラから見た中東中東

    インド洋に面した港町で、中東、インド、アフリカへの入口となる戦略的重要性は古来より変わらず、古代の港町の遺跡スムハラムがあるほか、街の15km南西にあるサラーラ港はインド洋でも有数のコンテナ港として繁栄している。サラーラ フレッシュアイペディアより)

  • デザーテック

    デザーテックから見た中東中東

    デザーテック(DESERTEC)は、DESERTEC Foundation が提唱している地球規模で砂漠の太陽エネルギーや風力エネルギーを利用しようというコンセプトである。デゼルテックとも。そのコンセプトを DESERTEC Foundation とヨーロッパの企業群で結成したコンソーシアム DII GmbH が北アフリカと中東で実現しようとしている。デザーテックは、ローマクラブとドイツのTREC (Trans-Mediterranean Renewable Energy Cooperation) の後援の下で生まれた。デザーテック フレッシュアイペディアより)

  • 飯森嘉助

    飯森嘉助から見た中東中東

    飯森 嘉助(いいもり かすけ、1937年3月14日 - 2012年5月27日)は、日本の学者。専門はアラビア語、中東文化。拓殖大学名誉教授。飯森嘉助 フレッシュアイペディアより)

  • インディペンデンス (CV-62)

    インディペンデンス (CV-62)から見た中東中東

    1970年9月28日、エジプト大統領ガマール・アブドゥン=ナーセルが死去し、中東の緊張が高まる。インディペンデンスはジョン・F・ケネディ (USS John F. Kennedy, CV-67)、サラトガ (USS Saratoga, CV-60) および7隻の艦艇と共にアメリカ国民の撤退支援と、ソ連の地中海艦隊への対抗力として展開した。インディペンデンス (CV-62) フレッシュアイペディアより)

  • レバノン料理

    レバノン料理から見た中東中東

    レバノン料理(レバノンりょうり)とは中東のレバノン共和国で食べられている料理。中東諸国で広く見られるケバブのような肉料理もあるが、野菜を使用した料理が特に豊富である。レバノン料理 フレッシュアイペディアより)

  • チーズの歴史

    チーズの歴史から見た中東中東

    チーズは古くからある食べ物であり、加工食品としては最古の歴史を持つため、その起源は先史時代まで遡る。自然にレンネットの恩恵に与ることのできる、反芻動物の胃でつくった囊にいれて乳を運搬する習慣があるところには必ずついてまわるといってよい。チーズづくりの発祥の地がどこであるかを示す決定的な証拠はなく、ヨーロッパや中央アジアあるいは中東かは定まっていないが、紀元前3100年ごろ、サハラの牧草地帯では紀元前4千年紀のエジプト人とシュメール人によって酪農が営まれていたという有力な証拠が存在する。またチーズづくりがヨーロッパで広まったことはヘレニズム初期の神話からも読み取ることができる。大プリニウスによれば、ローマ帝国が成立する時代には経済活動としてすでに洗練されていて、高価なチーズは上流階級のローマ人の舌を満足させるために長い距離をものともせずに取引されていた。チーズの歴史 フレッシュアイペディアより)

  • アイラン

    アイランから見た中東中東

    アイラン(トルコ語:、ロシア語、キルギス語:、ウイグル語:)とはヨーグルトに水と塩を混ぜた飲料である。バルカン半島から中東や中央アジアまで広い地域で愛飲されている。アイラン フレッシュアイペディアより)

  • サンホアキン・バレー

    サンホアキン・バレーから見た中東中東

    歴史家のケビン・スターはサンホアキン・バレーのことを「地球上で最も生産的な人工の環境」と表現した。ある推計によれば、カリフォルニア州で生産される農業生産物は全米の12.8%に相当する(ドル換算)ものであり、その大半がサンホアキン・バレーで生産されているが、その肥沃さは連邦政府による浅い井戸の灌漑システムに対する制限により失われる恐れがある。ブドウやそれから生まれるレーズンと、程度は落ちるもののワインが恐らくこのバレーでも最も注目される産品であるが、それより大きくはないとしても同じくらい重要な産品は綿、堅果類(特にアーモンドとピスタチオ)、柑橘類、および野菜である。サンホアキン・バレーは「世界の食糧バスケット」と呼ばれてきたが、全国的にその産品の多様さを認められているわけではない。オレンジ、モモ、ニンニク、タンジェリン、トマト、キーウィ、干し草、アルファルファなど多くの産品が収穫され大きな成功を収めている。キングス郡にあるJ・G・ボスウェル社の農場は世界最大の単一綿花農場であり、面積は162 km?(40,000エーカー)ある。特定の産品に特化した土地もある。ストックトンはアメリカ合衆国内で消費されるアスパラガスの大半を産し、フレズノは元々中東が産地だったレーズンの最大生産地である。サンホアキン・バレー フレッシュアイペディアより)

1238件中 11 - 20件表示

「中東」のニューストピックワード