1702件中 11 - 20件表示
  • インドネシア文化

    インドネシア文化から見た中東中東

    インドネシア文化は土着の習慣に外国からの影響を受けて長年の間に発展した。インドネシアは東アジアと中東を結ぶ古代通商航路の要衝であり、長い間の文化交流の結果、ヒンドゥー教、仏教、儒教、イスラーム教などの強い影響を受けた文化がうまれた。元々の土着文化とは全く異なる複雑な文化が生まれた。インドネシア文化 フレッシュアイペディアより)

  • ミナトカモジグサ

    ミナトカモジグサから見た中東中東

    ミナトカモジグサ(学名:Brachypodium distachyon )はヨーロッパや北アフリカ、中東が原産のイネ科の一年草。日本にも移入分布する。別名セイヨウヤマカモジ。そのゲノムサイズの小ささや栽培の容易さから、単子葉植物や穀類のモデル植物として様々な研究の対象とされている。ミナトカモジグサ フレッシュアイペディアより)

  • アイラン

    アイランから見た中東中東

    アイラン(トルコ語:、ロシア語、キルギス語:、ウイグル語:)とはヨーグルトに水と塩を混ぜた飲料である。バルカン半島から中東や中央アジアまで広い地域で愛飲されている。アイラン フレッシュアイペディアより)

  • VISTA

    VISTAから見た中東中東

    地理的にアジア・中東と欧州の中間の位置にあり、日本の自動車メーカーが欧州向けの生産拠点として注目している、また、石油は中東並みには採取できないが中東で取れた石油を欧州に輸出するためのパイプラインが建設されており、石油産業が発展している。VISTA フレッシュアイペディアより)

  • サンホアキン・バレー

    サンホアキン・バレーから見た中東中東

    歴史家のケビン・スターはサンホアキン・バレーのことを「地球上で最も生産的な人工の環境」と表現した。ある推計によれば、カリフォルニア州で生産される農業生産物は全米の12.8%に相当する(ドル換算)ものであり、その大半がサンホアキン・バレーで生産されているが、その肥沃さは連邦政府による浅い井戸の灌漑システムに対する制限により失われる恐れがある。ブドウやそれから生まれるレーズンと、程度は落ちるもののワインが恐らくこのバレーでも最も注目される産品であるが、それより大きくはないとしても同じくらい重要な産品は綿、堅果類(特にアーモンドとピスタチオ)、柑橘類、および野菜である。サンホアキン・バレーは「世界の食糧バスケット」と呼ばれてきたが、全国的にその産品の多様さを認められているわけではない。オレンジ、モモ、ニンニク、タンジェリン、トマト、キウイフルーツ、干し草、アルファルファなど多くの産品が収穫され大きな成功を収めている。キングス郡にあるJ・G・ボスウェル社の農場は世界最大の単一綿花農場であり、面積は162 km?(40,000エーカー)ある。特定の産品に特化した土地もある。ストックトンはアメリカ合衆国内で消費されるアスパラガスの大半を産し、フレズノは元々中東が産地だったレーズンの最大生産地である。サンホアキン・バレー フレッシュアイペディアより)

  • ベリーダンス

    ベリーダンスから見た中東中東

    ベリーダンス(Belly dance、あるいはbellydance)は中東およびその他のアラブ文化圏で発展したダンス・スタイルを指す言葉であり、これらを呼称するために造語された西洋の呼称である。ベリーダンス フレッシュアイペディアより)

  • 大戦略WEB

    大戦略WEBから見た中東中東

    プレイヤーはプレイ開始後に契約国を1つ決める。契約国にはJP国、US国、RS国、EU国、ME国、CN国、KR国があり、それぞれ開発できる兵器が異なる。大戦略WEB フレッシュアイペディアより)

  • ピタ

    ピタから見た中東中東

    ピタ(、、)、ピタパン()は直径20センチくらいの平たく円形のパン。地中海沿岸、中東、北アフリカで広く見られる食文化である。ピタ フレッシュアイペディアより)

  • VOBAVOBA

    VOBAVOBAから見た中東中東

    2012年の夏には橋場が唐突に中東へ旅立つという事があったが、長谷川、上岡の二人は今まで通りのストリートライブ、大会などの地道にひたむきな活動を続けた結果、橋場の帰国した秋に、代々木国立競技場にてストリートライブを行って居た所、FMラジオ出演依頼を受ける。ちなみに出演前日、興奮のあまり3人は1時間程しか寝られなかったという。収録当日は疲れと眠気が来ていたのか、聴こえてくる言葉を全て下ネタに言い換えるという遊びをしたが、三人曰く内容まではあまり覚えていないとのこと。VOBAVOBA フレッシュアイペディアより)

  • アクチェント

    アクチェントから見た中東中東

    2008年、ルーマニアのDJであるエドワード・マヤは、アクツェントのルーマニア語版のアルバム『Fara Lacrimi』、英語版としてはセカンドアルバムである『True Believers』をプロデュースした。シングルカットされた「Stay With Me」、「That's My Name」、「Lover's Cry」は、エドワード・マヤがテコ入れしたことによりその音響の影響を強く受けている。2009年、ルーマニア語版のアルバム『Fara Lacrimi』、英語版『True Believers』はリリースされた。同アルバムからシングル・カットされた2曲である「Stay With Me」、「That's My Name」は、大陸ヨーロッパ、旧ソ連圏、中東、南アジアでヒットするなど数多くの国々の音楽チャートに登場した。アクチェント フレッシュアイペディアより)

1702件中 11 - 20件表示

「中東」のニューストピックワード