1702件中 21 - 30件表示
  • デザーテック

    デザーテックから見た中東中東

    デザーテック(DESERTEC)は、DESERTEC Foundation が提唱している地球規模で砂漠の太陽エネルギーや風力エネルギーを利用しようというコンセプトである。デゼルテックとも。そのコンセプトを DESERTEC Foundation とヨーロッパの企業群で結成したコンソーシアム DII GmbH が北アフリカと中東で実現しようとしている。デザーテックは、ローマクラブとドイツのTREC (Trans-Mediterranean Renewable Energy Cooperation) の後援の下で生まれた。デザーテック フレッシュアイペディアより)

  • 不安定の弧

    不安定の弧から見た中東中東

    不安定の弧(ふあんていのこ、arc of instability)とは、アフリカやバルカン半島から中東を通って、東南アジア、朝鮮半島に至る、帯状の紛争多発地域のこと。不安定の弧 フレッシュアイペディアより)

  • 野田淳

    野田淳から見た中東中東

    1995年2月?2004年7月 中東及び中南米向けに水処理関連機器を多数輸出し地球環境改善に貢献する。野田淳 フレッシュアイペディアより)

  • SD2

    SD2から見た中東中東

    SD2小型爆弾は長さ8 cmの鋳鉄製の円筒であり、展開する前の状態では直径がそれよりもやや小さかった。長さ15 cmの鋼製ケーブルが小型爆弾本体横の信管収納部にネジ留めされている信管(FUZE)に起爆心棒(ARMING SPINDLE)を通じて取り付けられていた。投下されると外殻がヒンジを支点に2つに割れ、両端のバネで留められている円形カバー(END WINGS)が飛び出して開き小型爆弾が落下するに連れこれら外殻各部が起爆心棒を回転させ信管を作動状態に入れた。SD2小型爆弾は225グラムのTNTを内蔵しており、これは一般的に半径25 m以内の人間に致命傷を、100 m以内であれば榴散弾による重大な怪我(例えば、目への怪我)を与えた。SD2小型爆弾は通常緑色に塗られていたが、中東地域での使用や農民を殺傷するための収穫時期での穀物畑への投下には鈍い黄色に塗られた物もあった。SD2 フレッシュアイペディアより)

  • ショット (戦車)

    ショット (戦車)から見た中東中東

    ショット( (Sho't))とは、イスラエルが改造したイギリス製センチュリオンに対してつけられる戦車の名称である。中東の砂漠地帯における円滑な運用と戦闘能力の強化を目的に大幅な改修が行われている。ショット (戦車) フレッシュアイペディアより)

  • コトカケヤナギ

    コトカケヤナギから見た中東中東

    コトカケヤナギ(琴掛け柳、学名:Populus euphratica)は、キントラノオ目ヤナギ科ヤマナラシ属またはハコヤナギ属 の「ポプラ」の一種で、中央アジアから中東や北アフリカまでの乾燥地帯でよく見られる。沙漠などの乾燥に強く、タマリスクとスナナツメと共に「沙漠の3英雄(植物)」とも呼ばれ、特に長寿で、秋にはきれいに紅葉する。コトカケヤナギ フレッシュアイペディアより)

  • 砂漠化

    砂漠化から見た中東中東

    有機物などの養分を含み農作物が育つことのできる土壌が雨や洪水などにより流出すること。風化が進んでいない基盤が露出し保水性も失われる。インドや中東、黄土高原などで見られる。また、雨量が多い地域での焼畑農業なども、保水植生が失われるために同様の過程を経る。砂漠化 フレッシュアイペディアより)

  • サラーラ

    サラーラから見た中東中東

    インド洋に面した港町で、中東、インド、アフリカへの入口となる戦略的重要性は古来より変わらず、古代の港町の遺跡スムハラムがあるほか、街の15km南西にあるサラーラ港はインド洋でも有数のコンテナ港として繁栄している。サラーラ フレッシュアイペディアより)

  • 先史時代

    先史時代から見た中東中東

    中東の肥沃な三日月地帯が重視されがちだが、複数の作物や家畜を育成する農耕システムは考古学的分析からアメリカ州や東アジア・東南アジアでもほぼ同時期か若干早く発生していた。シュメールでは紀元前5500年頃には組織化された灌漑や専従労働(en)も始まっていた。それまで集落が依存していた岩石を用いた石器は青銅器や鉄器に取って代わられ、これら新しい道具は農作業のみならず戦争にも使われるようになった。ユーラシア大陸では銅や青銅の道具が発達し、紀元前3000年頃に地中海沿岸東部で発明された製鉄技術は中東を経由して中国まで伝わり、農具や武器へ利用された。先史時代 フレッシュアイペディアより)

  • サイクロン作戦

    サイクロン作戦から見た中東中東

    当時ソビエトが中東に足場を築くため、南方へと領土を広げようとしたと考えていた者が一部に存在。ソ連は長らく不凍港の不足に喘いでおり、南進により東部でパキスタンと、西部ではイランと対峙するように思えたためである。アメリカの政治家は共和党も民主党も、ソビエトが中東の石油の掌握を目論んでいることに危機感を表明。ソ連がイラン革命やアフガニスタンのイスラム化が国内の数100万人ものムスリムにも及ぶことを懸念していたとする者もいた。サイクロン作戦 フレッシュアイペディアより)

1702件中 21 - 30件表示

「中東」のニューストピックワード