1702件中 41 - 50件表示
  • 日産・パトロール

    日産・パトロールから見た中東中東

    2010年(平成22年)に後継車Y62型系が登場したが、こちらはV型8気筒・ガソリンエンジンのみで、独立懸架サスペンションを持つ高級大型SUVとなったため、ディーゼルエンジンで車軸懸架サスペンションを持ち、簡素でよりヘビーデューティな用途向けとしてオーストラリア、アフリカ、中東市場などではこのY61型系が継続販売されている。日産・パトロール フレッシュアイペディアより)

  • 東洋

    東洋から見た中東中東

    東洋は、西洋(the West, Occident)の対立概念であり、トルコから東のアジア全域を指す場合もあれば、イスラム社会である中東を除いた東南アジアから極東を漠然と指す場合もある。これらの概念は近東、中東、極東という言葉にも表れている。東洋 フレッシュアイペディアより)

  • エジプトの法

    エジプトの法から見た中東中東

    エジプトは、19世紀中にオスマン帝国からの独立性を次第に高める一方、1882年以降、事実上イギリスの支配下に入った後、第一次大戦後の1922年にイギリスから独立するという歴史をたどる。その中で、エジプトは、フランス民法典(ナポレオン法典)をモデルとした民法典に代表されるように、中東において最初に民法、刑法、商法、訴訟法などの基本的な近代法制を整備した国であり、その法制及び法律家は、他の中東諸国の法整備などにも大きな影響を及ぼしてきた。エジプトの法 フレッシュアイペディアより)

  • イタリア軍

    イタリア軍から見た中東中東

    第二次世界大戦以後、各国軍が国際貢献活動を重要な目的とする中、パリ講和条約によって軍備と対外活動に制限が加えられていたイタリア軍も1951年のインド・パキスタン紛争以来、多くの国際貢献活動に参加している。冷戦中期から現在に至るまで、国連・NATO・アメリカ主導の有志連合を通じて旧ソ連領(ロシア及びCIS)やアフリカ情勢での紛争・虐殺の停止、中東和平プロセス、対テロ戦争、幼児・女性への人権侵害の防止などに協力している。イタリア軍 フレッシュアイペディアより)

  • ペルシア人

    ペルシア人から見た中東中東

    ペルシア人(ペルシアじん、、)は、中東のイランを中心に住み、ペルシア語を話す人々。イラン系民族の一。ペルシア人 フレッシュアイペディアより)

  • サベナ・ベルギー航空

    サベナ・ベルギー航空から見た中東中東

    第二次世界大戦でベルギーがドイツに占領されたために壊滅的な打撃を受けるが、戦後には復活。首都ブリュッセルを中心に路線網を拡げ、ヨーロッパ、アフリカのみならず、ニューヨーク、中東、アジアや極東にも進出した。サベナ・ベルギー航空 フレッシュアイペディアより)

  • ブラジルの歴史

    ブラジルの歴史から見た中東中東

    1902年にはサンパウロ州出身のロドリゲス・アルヴェスが、1906年にはミナス・ジェライス州出身のアフォンソ・ペナが大統領に就任した。以降、産業の中心だったサンパウロ州(コーヒー)と、ミナス・ジェライス州(牛乳)出身者の間で交互に大統領を出す体制が生まれ、両州の主産業からこの体制はカフェ・コン・レイテ(ポルトガル語でカフェオレの意)と呼ばれるようになった。この時期に首都リオデジャネイロの改造が行われ、またサンパウロ州で発展を続けるコーヒー産業のために、奴隷制廃止後の代替労働力として南欧を中心とするヨーロッパからイタリア人、ポルトガル人、スペイン人、ドイツ人、ポーランド人、ウクライナ人、フランス人、ユダヤ人などが、中東から歴史的シリア出身のアラブ人(レバノン人、パレスチナ人など)が、さらに1908年には日本からも日本人移民が導入された。1820年から1930年までにヨーロッパや日本から約500万人の移民が流入したが、定着した約350万人の移民のうち、約200万人がサンパウロに定住した。1900年代から工業化がリオデジャネイロとサンパウロで進んでいたが、これらの諸事情よりサンパウロ市の経済の中心としての地位は不動のものになった。ブラジルの歴史 フレッシュアイペディアより)

  • 中世盛期

    中世盛期から見た中東中東

    1291 — 中東のヨーロッパ最後の植民地アッコ、アシュラフ・ハリールのマムルークに占領される。中世盛期 フレッシュアイペディアより)

  • 冷戦

    冷戦から見た中東中東

    ヨーロッパのみならず、アジア、中東、南アメリカなどでも、それぞれの支援する機構や同盟が生まれ、世界を二分した。この二つの陣営の間は、制限されているがために経済的、人的な情報の交流が少なく、冷戦勃発当時のイギリス首相ウィンストン・チャーチルは、「鉄のカーテン」と表現した。冷戦 フレッシュアイペディアより)

  • 石炭

    石炭から見た中東中東

    石炭は古くから、産業革命以後20世紀初頭まで最重要の燃料として、また化学工業や都市ガスの原料として使われてきた。第一次世界大戦前後から、艦船の燃料が石炭の2倍のエネルギーを持つ石油に切り替わり始めた。戦間期から中東での油田開発が進み、第二次世界大戦後に大量の石油が採掘されて1バレル1ドルの時代を迎えると産業分野でも石油の導入が進み(エネルギー革命)、西側先進国で採掘条件の悪い坑内掘り炭鉱は廃れた。石炭 フレッシュアイペディアより)

1702件中 41 - 50件表示

「中東」のニューストピックワード