1238件中 81 - 90件表示
  • アル=マジャッラ

    アル=マジャッラから見た中東中東

    1980年に第1号発行。2009年に紙媒体での記事提供を止め、オンラインマガジンになった。内容はアラブ内外の政治・経済が主だが、アラビア語媒体であることから、いわゆる中東圏の時事が多い。アル=マジャッラ フレッシュアイペディアより)

  • フォード・フリースター

    フォード・フリースターから見た中東中東

    2003年まで製造されていたミニバンであるフォード・ウィンドスターの後継車種として登場した。搭載されるエンジンは3900ccV6OHV及び4200ccV6OHV。但し3900cc版はアメリカ仕様のみで、カナダ仕様には用意されなかった。駆動方式はFFでトランスミッションは4速ATのみ。2代目ウィンドスターと同じフォード・Vプラットフォームを元に開発され、事実上ウィンドスターのマイナーチェンジ版であり、そのためボディやドアは2代目ウィンドスターと同じものが使用されている。主に北米市場をターゲットとしていたが、中東地域や台湾、オランダなどでも販売されていた。姉妹車としてマーキュリー・モンテレーがある。フォード・フリースター フレッシュアイペディアより)

  • 中近東

    中近東から見た中東中東

    中近東(ちゅうきんとう)は、中東と近東の総称。主に便宜上の理由から使われる用語であり、その範囲は時と場合によって異なる。中近東 フレッシュアイペディアより)

  • 申善浩

    申善浩から見た中東中東

    1975年6月、27歳のときに、大学時代の同窓生とともに貿易商社・栗山実業を資本金100万ウォンで設立。中東に向けての建築資材の輸出で急成長を遂げた。朴正熙政権の輸出産業育成政策に乗り、わずか4年のうちに栗山建設・栗山重工業・栗山海運などの企業を設立した。若く野心的な実業家の成功は韓国の高度経済成長の象徴とも「栗山神話」とも称されたが、無理な事業拡張などから1979年に巨額の不渡りを出して会社は倒産、グループは解体した。栗山グループの短い光芒を描いた朱致鎬の実録風小説『ソウルはいま何時か』(1983年)は韓国でベストセラーとなった。申善浩 フレッシュアイペディアより)

  • トリイステーション

    トリイステーションから見た中東中東

    またトリイステーションには、アメリカ陸軍特殊作戦コマンド第1特殊部隊群(グリーンベレー、英:1st Special Forces Group / 1st SFG) の第1大隊390人が、基地の護衛を名目として駐留している。同部隊はアメリカ本国以外で唯一駐留するグリーンベレーとして知られている。この部隊はアジア・中東にかけてのありとあらゆる地域に出動し、内戦への介入や破壊工作、特殊潜入及び偵察、テロ及びテロへの対処を任務とする。普段は、主に沖縄本島の演習場を使い、特殊部隊としてのありとあらゆる厳しい訓練を行っている。トリイステーション フレッシュアイペディアより)

  • ヴァルター・フォン・ビューロウ=ボートカンプ

    ヴァルター・フォン・ビューロウ=ボートカンプから見た中東中東

    第300飛行分遣隊(FA 300)に異動すると中東地域に於いてドイツ帝国の同盟国のオスマン帝国支援のために偵察任務を続けた。ヴァルターはパレスチナ戦線で飛行し、1916年6月13日に負傷した。エルサレムの病院から家に届いた手紙の中で肩の怪我について大学時代の決闘で負った傷程度の取るに足らないものであると冗談めかしていた。ヴァルター・フォン・ビューロウ=ボートカンプ フレッシュアイペディアより)

  • クリストファー・ドウソン

    クリストファー・ドウソンから見た中東中東

    欧州各国、中東、東南アジアへの輸出にも取り組んでいる。また、日本への食品について紹介する書籍の発行や、ウェブサイトにおいて日本食に関する豊富な情報を提供する等、日本料理の普及に貢献。クリストファー・ドウソン フレッシュアイペディアより)

  • 中東欧

    中東欧から見た中東中東

    中東欧(ちゅうとうおう)は、ヨーロッパの区分で、日本においては中欧(中央ヨーロッパ)と東欧(東ヨーロッパ)を合わせた地域と解釈される。この場合中・東欧とも書く。他のヨーロッパの区分と違い、中東ヨーロッパとはほとんど言わない(「中東とヨーロッパ」と取られる可能性もある)。中東欧 フレッシュアイペディアより)

  • 黒檀の王国の血族

    黒檀の王国の血族から見た中東中東

    イシュタリ(Ishtarri):トレアドールの裔であるイシュタリは、誰よりも強い感情を抱くものであり、彼らは最近になって中東を通って黒檀の王国へと参入した。美食家で贅沢を好み、芸術の守護者を自ら任じている。しかし他の者たちは単なる欲深だと見ている。黒檀の王国の血族 フレッシュアイペディアより)

  • ヴェンデリン・ヴィーデキング

    ヴェンデリン・ヴィーデキングから見た中東中東

    多くの日本人を、主としてトヨタ自動車から管理者として招き入れることでポルシェ社員に効率性を学ばせ、在庫とコストの低減を達成、1995年までには経営状態を好転させた。さらに比較的廉価なスポーツカー「ボクスター」と、新型「911」の成功により、ブランド・イメージを刷新した。2002年に発売された同社初のSUV「カイエン」は、「911」に次ぐ量販車種となり、ロシアや中国、インド、中東といった新興市場では最も人気のあるモデルである。これらの結果、現在のポルシェは世界で最も利益率の高い自動車会社となっている。自身はドイツの経営者としては最高額の報酬を得ており、2007年の報酬は8,500万-1億米ドル程度に達したと見られている。ヴェンデリン・ヴィーデキング フレッシュアイペディアより)

1238件中 81 - 90件表示

「中東」のニューストピックワード